So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「イエスは誰をも追い出しません」 [聖書の話を身近な経験に置き替えてみた]

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(97)

「イエスは誰をも追い出しません」

 かつて女性には参政権がありませんでした。政治から締め出されていたのです。(日本では今も女性の政治家は少ないですが・・・)。それだけではありません。それ以外にも女性が「入ってはならない」とされる場がたくさんありました。いまもあります。

 ひじょうに申し訳なく、残念なことに、東アジアのいくつかの国の人々に向かって「ここから出て行け」という罵声をぶつける日本人がいます。そして、それをそうさせたままでいる日本人もいます。

 さいきん「LGBTは生産性が云々」と発言した国会議員がいますが、これも、その人びとを社会から締め出す行為ではないでしょうか。言うまでもなく、この暴言は氷山の一角で、性的少数者を排除しようとする言動はさまざまな場に根深く存在しています。

 新約聖書によりますと、子どもたちがイエスのところに来ようとすると弟子たちはそれを妨げました。けれども、イエスは子どもたちを迎え入れました。

 二千年前の子どもたちも、労働力になりませんから、それこそ、生産性が低いと見なされ、おとなからは、軽んじられたり、追いやられたりしていました。けれども、イエスは、そのような社会の暴虐に抗い、子どもたちを抱き上げました。

 この話からふたつのことを教えられます。ひとつは、イエスの弟子たちが子どもたちを斥けたように、上で述べたとおり、わたしたちもさまざまな人びとを排除しています。弟子の姿はわたしたちの姿です。けれども、わたしたちは、弟子たちのような者から、イエスのような者へと、変わって行くように促されているのではないでしょうか。

 もうひとつは、イエスは、わたしをも受け入れてくれるということです。わたしたちも、また、上述のような理由で、あるいは、社会的な枠組みには数えられないようなことで、たとえば、いじめのような形で、あるいは、「変な人」とか、「問題のある人」「怖い人」「暴力的な人」とか言われて、人から疎んじられ、蔑まれ、距離を置かれたり、仕事や人間関係の面で、不利益や苦悩を負わされていないでしょうか。

 わたしたちもまた、ある「場」から、「ここには入れませんよ」と宣告されていないでしょうか。けれども、イエスだけは、そういうわたしたちを迎えてくれる、容れてくれる、そのようなメッセージをも、この話から受け取るのです。

(マルコ10:13-16)

nice!(1) 

《創造者に導かれる旅》その88 「わたしたちは、わたしたちの源や歴史を想うとき、神さまを否定することはできません」 [希望と慰めの言葉]

《創造者に導かれる旅》その88 「わたしたちは、わたしたちの源や歴史を想うとき、神さまを否定することはできません」

申命記4:32 あなたに先立つ遠い昔、神が地上に人間を創造された最初の時代にさかのぼり、また天の果てから果てまで尋ねてみるがよい。これほど大いなることがかつて起こったであろうか。あるいは、そのようなことを聞いたことがあろうか。

※わたしたちが今ここにいるのは、偶然なのでしょうか。わたしたちが生きる世界がここにあり、わたしたちにいたるまでの生命の歴史があるのは、偶然なのでしょうか。それとも、わたしたちにも、世界にも、歴史にも、源があり、創造し導いて来られたお方がおられ、そのお方の意志、愛があるのでしょうか。太古の創造の場に居合わせなくても、たとえば、今日、一輪の花を見るとき、わたしたちは、それを偶然と思うでしょうか。それとも、花を咲かそうとする意志、花の源にある愛を想わないでしょうか。だとすれば、その意志、その愛ほど大いなるもの、その意志、その愛による創造、導きほど大いなる出来事が他に存在するでしょうか。

今週の祈り「神さま、猛暑の中、祈りの木陰に招き入れてくださり、こころより感謝申し上げます。神さま、高齢の方々、若い方々、屋内の方々、屋外の方々を、どうぞ、この酷暑からお守りください。とくに、豪雨により大きな被害に遭った方々、その方々を支えようとする方々を、そうぞ、あなたがお守りください。神さま、目標に向かって歩んでいる方々の前に、あなたが広い道を切り開いてください。神さま、どんなときでも、あなたを信頼して生きていく信仰をわたしたちにお与えください。主イエス・キリストのお名前によってお祈りいたします。アーメン」
nice!(1) 

イエスさまは子どもも誰も追い出しません [こども説教]

子ども説教20180805 マルコ10:13-16

「イエスさまは子どもも誰も追い出しません」

 皆さん、おはようございます。皆さんは、まだ子どもなのですが、ときどき、大人の人から、「子どもは向こうに行っていなさい」とか、「子どもは邪魔だからあっちで遊んでいなさい」とか、言われたことがないでしょうか。

 もしかしたら、そんなことがあるかも知れませんね。でも、イエスさまは、そういうことは言わないのです。あるとき、イエスさまのところに子どもたちが来たのですが、弟子たちは、「向こうに行っていなさい」と追い払おうとしました。しかし、イエスさまは、「よく来たね」と迎え入れて、抱き上げて、神さまが愛をくださいますように、とお祈りしてくださったのです。

 イエスさまは誰でも迎え入れます。けれども、わたしたちは、ときどき、誰々さんは仲間に入れるのをやめようとか、どこの国の人は帰ってもらおうとか、女の人は来てはいけないとか、体に障がいがある人は来てもらわないようにしようとか、そういうおかしいことをしてしまいます。どこの国の人だとか、女の人だとか、体に障害があるとか、そういう理由をつけて、来られないようにするのは、ほんとうは、とてもおかしいことでしょう。

 けれども、イエスさまは、誰も追い出しません。わたしたちもイエスさまのようになりたいと思います。
nice!(0) 

2018年7月29日 [説教動画]

2018年7月29日 主日礼拝 説教「塩を持て」

https://www.youtube.com/watch?v=jPdjf2-iBzY
nice!(1) 

「ひどい言葉も行動も人を苦しめてしまいます」 [中高生向けのお話]

中高生礼拝 20180729 マタイ5:21-24 p.7
 
「ひどい言葉も行動も人を苦しめてしまいます」

 皆さん、おはようございます。わたしたちは、人にひどいことをしたり言ったりして、それを注意されても、「べつに殺したわけではないのだから」などと言い訳をしてしまうことがないでしょうか。

 しかし、イエスさまはこのように言われました。今日の聖書の21節です。5:21 「あなたがたも聞いているとおり、昔の人は『殺すな。人を殺した者は裁きを受ける』と命じられている。5:22 しかし、わたしは言っておく。兄弟に腹を立てる者はだれでも裁きを受ける。兄弟に『ばか』と言う者は、最高法院に引き渡され、『愚か者』と言う者は、火の地獄に投げ込まれる。

 イエスさまは、つまり、人にバカとか愚か者とか言ったりするのは、その人を殺すことと同じだ、と言っておられるのです。人にひどいことを言ったり傷つけるようなことをしたりすることは、ほんとうに、人を殺すことと同じことでしょうか。

 はっきり違う点もありますが、同じ点もあります。人にひどいことを言ったり傷つけるようなことをしても、相手は立ち直ったり、相手と仲直りしたりする可能性がありますが、相手を殺してしまえば、相手は二度と立ち上がれませんし、相手と仲直りすることもできません。そのいのちは二度と帰って来ません。これは、はっきり違う点です。

 けれども、同じ点もあります。殺すということは、人をもっとも傷つけ、もっとも苦しめることですが、悪口を言ったりひどいことをしたりしても、わたしたちは人を傷つけてしまいます。人を苦しめてしまいます。殺しはしなくても、わたしたちは、その人がそこに存在しないと同じことにしてしまうことがあります。

 わたしたちは、人を絶対に殺してはなりませんが、同じように、人にひどいことを言ったり、ひどいことをしたりしてもなりません。しかし、残念ながら、わたしたちは、人にひどいことを言い、ひどいことをしてしまいます。そうしないように気をつけても、もうそうしないと反省しても、そうしてしまいます。

 けれども、わたしたちはここで考え直したいと思います。たしかに、わたしたちは人は殺してはいけないと知っていて、人を殺しません。ならば、イエスさまが教えてくださったように、人にひどいことを言ったりしたりすることもいけない、とあらためて自分の心に教えなければならないと思います。

 ひどい言葉も、ひどい行動も、殺すことと同じように、相手を深く傷つけ、苦しめることだということを肝に銘じたいと思います。
nice!(0) 

「子に塩を持たせる」 [聖書の話を身近な経験に置き替えてみた]

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(96)

「子に塩を持たせる」

 災害級と呼ばれる猛暑が続きますが、子どもたちの運動部活動もまた続きます。親としては熱中症が心配です。本当は、35度を超える日は練習を中止にして欲しいし、二日練習したら一日休ませるぐらいの体調配慮を指導者に望みたいのですが、なかなかそうはいきません。親にできることは、せいぜい、水分と塩分の補給をさせるために、塩タブレットや塩分を含む飲料水を持たせるくらいのことです。

 「敵に塩を送る」ならぬ「子に塩を持たせる」です。ところで、子どもたちに持たせたいものは、塩だけではありません。子どもたちには、他の人に対してやさしい心を持たせたいです。また、目標を目指して、自分で方法を考え、計画し、実行し、身につけていく、そういう自立心を持たせたいです。あるいは、人と出会い、人に愛され、人を愛する、それを喜ぶ精神を持たせたいです。それには、親自身が子どもたちに、いたわりと敬意と愛を送らなければならないことでしょう。

 新約聖書によりますと、イエスは弟子たちに言いました。「自分自身の内に塩を持ちなさい」。これはどういう意味でしょうか。イエスは続けて言いました。「そして、互いに平和に過ごしなさい。」

 つまり、自分の中に塩を持つことは、他の人と平和に過ごすことにつながる、というのです。ならば、自分の中にある塩とは、他の人と平和に過ごすことを促す何かのことになるでしょう。

 塩は食べ物に味をつけます。わたしたちは、誰かの人生が、誰かの今が「おいし」くなるような、味わい深いものになるような生き方をしたいと思います。それが、その人と平和に過ごすことではないでしょうか。

 塩は食べ物が腐るのを防ぎます。食べ物のいのちを守ります。わたしたちは、誰かのいのちを守るような、誰かの生を大切にするような生き方をしたいと思います。それが、誰かと平和に過ごすことではないでしょうか。

 そのような塩をわたしたちは心に持ち続けたいと思います。

(マルコ9:42-50)

nice!(0) 

《使徒書の御言葉》その88「『肉の人』から『霊の人』になれるように祈り求めましょう」 [希望と慰めの言葉]

《使徒書の御言葉》その88「『肉の人』から『霊の人』になれるように祈り求めましょう」

コリントの信徒への手紙一3:3お互いの間にねたみや争いが絶えない以上、あなたがたは肉の人であり、ただの人として歩んでいる、ということになりはしませんか。3:4 ある人が「わたしはパウロにつく」と言い、他の人が「わたしはアポロに」などと言っているとすれば、あなたがたは、ただの人にすぎないではありませんか。

※パウロが言う「肉の人」「ただの人」とは、神さまや他の人のことを想わないで、ただ自分の頭の中に浮かんでくるままに話したり、動いたりする人のことでしょう。祈りや相手への配慮によって吟味することなく、自分の思いつきをそのままで正しいとしてしまうような人のことでしょう。じつは、わたしたちの多くは、そのような側面を持ち合わせているのではないでしょうか。そして、そうすることで、わたしたちの間には「ねたみや争い」が絶えないのです。これを克服するには、霊の助けが必要だとパウロは知っています。自分の思いのままにではなく、神さまに祈りつつ、他者を愛しつつ、話したり行動したりする人を、パウロは「霊の人」と呼びます。わたしたちは皆、神さまの霊、神さまの愛を受けているのですから、それを思い出して、「霊の人」として生きられるように祈り求めようではありませんか。

今週の祈り「神さま、苦しむわたしたちに、祈りというやすらぎをお与えくださり、まことにありがとうございます。神さま、猛暑に晒されている人びとに、木陰と涼風と湧き出る水をもたらしてください。神さま、人の言葉や仕打ちによって傷んでいる人びとに、あなたの慰めと希望の言葉をもたらしてください。神さま、誠実や真実、正義と公正、愛と思慮を失いつつあるわたしたちに、あなたのシャロームを取り戻してください。肉の人にとどまろうとするわたしたちを霊の人へと造り替えてください。主イエス・キリストのお名前によってお祈りいたします。アーメン」

nice!(0) 

2018-07-27

2018年7月29日    聖霊降臨節第11主日           No.18

前   奏   
招きの言葉
讃 美 歌  こども124
主の祈り    (お手元のクリアファイルをごらんください)
聖   書   マルコによる福音書9:42-50(新p.80)
子ども説教   
捧げもの(こどもたち)
讃 美 歌  こども24-1「いまそなえる」
祝   福
詩編交読   詩編96編
讃 美 歌   21-2
信仰告白   (お手元のクリアファイルをごらんください)
祈   祷
説   教   「塩を持て」 林巌雄牧師
今週の祈り
讃 美 歌   21-394
献   金
祈   祷
讃 美 歌   21-532
頌   詠   一編 539
祝   祷
後   奏
報   告       
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本日の集会: 7:00am 開堂 7:30am 朝礼拝 9:30am 聖書の学び 
10:00am 中高生礼拝 礼拝後: 教会協議会(おにぎりを食べながら)

今週の集会 聖書と祈りの会 水曜日 7:00pm  土曜夕礼拝 7:00pm 


来週の主日礼拝 8月5日(日)  聖霊降臨節第12主日  
☆ 聖書 マルコ10:13-16 詩編97編
☆ 説教 「子どものように神を」 林巌雄牧師
☆ 讃美歌 こども129、21-18、21-72、21-536、一編541
☆ 9:30am 聖書の学び 10:00am 中高生礼拝
☆ 礼拝後:役員会(教会運営委員会)

報   告
☆本日の礼拝後、「再建70周年に向けて 齋藤牧師の時代」というテーマで教会協議会を開きます。発題は〇〇さんです。先輩クリスチャンから信仰を学び、受け継ぐために、ぜひご参加ください。
☆西日本豪雨緊急支援募金にご協力ください。受付に箱があります。先週は先々週につづき一万円になり、四国教区に送金しました。引き続きお願いいたします。
☆8月12日の礼拝で、〇〇さんに証しをお願いします。ぜひ、ご出席ください。
☆教会の三つの部屋の名前を募集しています。受付にある所定の用紙で、応募してください。29日の教会協議会で決定したいと思います。
☆「牧師カフェ」のご案内。礼拝後、初めて来られた方や、牧師と話をしたい方は、廊下奥から二番目の小部屋にお越しください。礼拝終了5分後くらいから20分間くらいの予定です。当番になってくださる方を募集します。お話しに加わっていただいたり、牧師が来る前から部屋で待機したりしていただけたらと思います。
☆「ペンテコステ・夏期献金」をお願いいたします。ペンテコステの恵みに感謝しつつ、また、夏期手当に感謝しつつ、教会の働きを覚え、ささげましょう。それぞれのご用意、ご準備において、八月末くらいまでを目処にお考えください。
☆8月19日の「キリスト教を学ぶ会」では、この回から旧約聖書の学びを始めます。高校生、大学生、その他の方々、ぜひご参加ください。ちなみに「マンガ旧約聖書 創世記」(里中満智子)を教会においておきますので、時間のある方は、読んでおいてください。

これからの主な予定 8月12日 祈祷会 19日 マリアの会、キリスト教を学ぶ会

nice!(0) 

「心に塩を、相手に平和を」 [こども説教]

子ども説教20180729 マルコ9:42-50

「心に塩を、相手に平和を」

 皆さん、おはようございます。この夏はとても暑くて、熱中症にならないように気をつけなければなりませんが、それには、水と塩をとることが大切です。塩はそのままなめるよりも、スポーツドリンクや食べ物の中に含まれている塩、塩分をとることが多いと思います。

 塩はわたしたちのいのちにとってとても大切なものです。昔、隣の国ととても仲が悪い国がありました。ところがその国は、隣の国に塩が足りなくなって、住んでいる人のいのちが危なくなっていると知ると、敵であるにもかかわらず、塩をたくさん送って、人びとを救おうとしたと言います。

 このような場合、塩は、人のいのちを守るだけでなく、国と国、人と人との間を平和にする役目を果たすことができるのではないでしょうか。

 今日の聖書でイエスさまは「自分の心に塩を持ちなさい」と教えてくださいました。そして、他の人びとと平和に暮らしなさい、とも教えてくださいました。イエスさまは、なめるとしょっぱい白い粒のことではなく、わたしたちが平和な心を持つように、相手を大切に思う心を持つように教えてくださったのではないでしょうか。


nice!(0) 

2018年7月22日 [説教動画]

2018年7月22日 主日礼拝 説教「仕える者になりなさい」 日本キリスト教団蒲田教会

https://www.youtube.com/watch?v=6ydUu6KHhgo
nice!(1)