So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
聖書の話を身近な経験に置き替えてみた ブログトップ
前の10件 | -

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(98) 「人を通して、自分のlifeを神さまにささげる、お返しする」 [聖書の話を身近な経験に置き替えてみた]

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(98) 「人を通して、自分のlifeを神さまにささげる、お返しする」

 翁長雄志さんは人生の最後の四年間を沖縄の人びとにささげました。もともと自民党員で保守政治家でしたが、米軍基地の存在によって沖縄の人びとが苦しめられていることをこれ以上放置できず、辺野古新基地建設を阻止するために、県知事となり、強行する国に全身全霊で抵抗したのでした。知事の任期の最後の年に67歳の若さで亡くなったことは、翁長さんがまさにそのいのちを沖縄の人びとを守るためにささげたことを、悲しくも痛ましくも、たしかに物語っています。

 尾畠春夫さんは66歳で鮮魚店を畳む前後から、新潟県中越地震、東日本大震災、熊本大地震などの被災者支援のボランティアに手弁当等で駆けつけていたそうです。そして、2018年の猛暑の中でも西日本豪雨の被災者支援活動に携わっておられました。この間、行方不明者の捜索活動にも参加しておられたそうですが、この8月、山口県で祖父母の家の近くで三日間迷子になっていた二歳児の救援にも加わり、30分も経たないうちに見つけ出し、話題になりました。その後も中国地方の豪雨被災者支援に参加するそうです。日本の各地に軽自動車で駆けつけ、自給自足で活動するそうです。

 新約聖書の中に、イエスのこのようなたとえ話があります。ある人がぶどう園を作り、農夫に貸し出し、時が来ると、収穫のために僕を派遣する、というのです。「ある人」は神、「ぶどう園」はこの世界、「農夫」はわたしたち人間のたとえだと考えられます。

 では、「収穫」は何を意味するのでしょうか。これは、自分の人生、自分自身を神にささげる、あるいは、返すことではないか、とわたしは考えます。

 わたしたちは、わたしの人生はわたしのもの、わたしのいのちもわたしのもの、わたし自身もわたしのもの、と考えています。けれども、聖書は、わたしたちは神によって創られたものだ、と語っています。たしかに、わたしたちを創ったのはわたしたちではありませんね。わたしたちはわたし以外の力によって創られたのです。他の宗教と同じように、聖書も、いのちは与えられたもの、と教えます。

 わたしたちのいのち、人生(どちらも英語ではlife)は、与えられたもの、あるいは、神から借りているものなのではないでしょうか。ですから、それは、神にお返しするものなのです。

 地上の旅を終えるときは、もちろん、神にいのちをお返しするのですが、生きているうちからも、翁長さんや尾畠さんのような、他者に自分の時間をささげる生き方で、神にお返しすることができるのではないでしょうか。

 何も政治家や精力的なボランティアでなくても、誰かに話をしたい人がいたら、わたしたちは自分の30分をその人にささげることができるのではないでしょうか。ささげるという言い方がおこがましいなら、わかちあう、と言ってもよいのです。誰かの話に耳を傾けるということは、自分が話す時間をその人にささげることなのです。

(マルコ12:1-12)
nice!(0) 

「イエスは誰をも追い出しません」 [聖書の話を身近な経験に置き替えてみた]

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(97)

「イエスは誰をも追い出しません」

 かつて女性には参政権がありませんでした。政治から締め出されていたのです。(日本では今も女性の政治家は少ないですが・・・)。それだけではありません。それ以外にも女性が「入ってはならない」とされる場がたくさんありました。いまもあります。

 ひじょうに申し訳なく、残念なことに、東アジアのいくつかの国の人々に向かって「ここから出て行け」という罵声をぶつける日本人がいます。そして、それをそうさせたままでいる日本人もいます。

 さいきん「LGBTは生産性が云々」と発言した国会議員がいますが、これも、その人びとを社会から締め出す行為ではないでしょうか。言うまでもなく、この暴言は氷山の一角で、性的少数者を排除しようとする言動はさまざまな場に根深く存在しています。

 新約聖書によりますと、子どもたちがイエスのところに来ようとすると弟子たちはそれを妨げました。けれども、イエスは子どもたちを迎え入れました。

 二千年前の子どもたちも、労働力になりませんから、それこそ、生産性が低いと見なされ、おとなからは、軽んじられたり、追いやられたりしていました。けれども、イエスは、そのような社会の暴虐に抗い、子どもたちを抱き上げました。

 この話からふたつのことを教えられます。ひとつは、イエスの弟子たちが子どもたちを斥けたように、上で述べたとおり、わたしたちもさまざまな人びとを排除しています。弟子の姿はわたしたちの姿です。けれども、わたしたちは、弟子たちのような者から、イエスのような者へと、変わって行くように促されているのではないでしょうか。

 もうひとつは、イエスは、わたしをも受け入れてくれるということです。わたしたちも、また、上述のような理由で、あるいは、社会的な枠組みには数えられないようなことで、たとえば、いじめのような形で、あるいは、「変な人」とか、「問題のある人」「怖い人」「暴力的な人」とか言われて、人から疎んじられ、蔑まれ、距離を置かれたり、仕事や人間関係の面で、不利益や苦悩を負わされていないでしょうか。

 わたしたちもまた、ある「場」から、「ここには入れませんよ」と宣告されていないでしょうか。けれども、イエスだけは、そういうわたしたちを迎えてくれる、容れてくれる、そのようなメッセージをも、この話から受け取るのです。

(マルコ10:13-16)

nice!(1) 

「子に塩を持たせる」 [聖書の話を身近な経験に置き替えてみた]

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(96)

「子に塩を持たせる」

 災害級と呼ばれる猛暑が続きますが、子どもたちの運動部活動もまた続きます。親としては熱中症が心配です。本当は、35度を超える日は練習を中止にして欲しいし、二日練習したら一日休ませるぐらいの体調配慮を指導者に望みたいのですが、なかなかそうはいきません。親にできることは、せいぜい、水分と塩分の補給をさせるために、塩タブレットや塩分を含む飲料水を持たせるくらいのことです。

 「敵に塩を送る」ならぬ「子に塩を持たせる」です。ところで、子どもたちに持たせたいものは、塩だけではありません。子どもたちには、他の人に対してやさしい心を持たせたいです。また、目標を目指して、自分で方法を考え、計画し、実行し、身につけていく、そういう自立心を持たせたいです。あるいは、人と出会い、人に愛され、人を愛する、それを喜ぶ精神を持たせたいです。それには、親自身が子どもたちに、いたわりと敬意と愛を送らなければならないことでしょう。

 新約聖書によりますと、イエスは弟子たちに言いました。「自分自身の内に塩を持ちなさい」。これはどういう意味でしょうか。イエスは続けて言いました。「そして、互いに平和に過ごしなさい。」

 つまり、自分の中に塩を持つことは、他の人と平和に過ごすことにつながる、というのです。ならば、自分の中にある塩とは、他の人と平和に過ごすことを促す何かのことになるでしょう。

 塩は食べ物に味をつけます。わたしたちは、誰かの人生が、誰かの今が「おいし」くなるような、味わい深いものになるような生き方をしたいと思います。それが、その人と平和に過ごすことではないでしょうか。

 塩は食べ物が腐るのを防ぎます。食べ物のいのちを守ります。わたしたちは、誰かのいのちを守るような、誰かの生を大切にするような生き方をしたいと思います。それが、誰かと平和に過ごすことではないでしょうか。

 そのような塩をわたしたちは心に持ち続けたいと思います。

(マルコ9:42-50)

nice!(0) 

「リーダーではなくサーバントに」 [聖書の話を身近な経験に置き替えてみた]

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(95)

「リーダーではなくサーバントに」

 サーバントは「召使い」の意味ですから、サーバント・リーダー・シップという言葉は、「リーダーは、まず相手に奉仕し、その後、相手を導くものである」という考え方を表わす、とネットにありました。
 
 ようするに、社長は上から威張り散らすよりも従業員に奉仕するような態度の方が会社をうまく導ける、部長も部下に謙虚にサービスする方が良い上司になれる、ということでしょう。
 
 けれども、ここには、大きな問題があります。それは、サーバントになることはリーダーとして君臨することの手段に過ぎない、社長が従業員に奉仕するのも社長の座を確かにするため、部長が部下にサービスするのも同じ目的に過ぎない、という点です。ほんとうはサーバントではなくリーダーになりたいのです。
 
 新約聖書を見ますと、イエスは、似たようなことを言っています。「いちばん先になりたい者は、すべての人の後になり、すべての人に仕える者になりなさい」。
 
 この言葉を文字通りに解すれば、サーバントリーダーシップと同じことで、「すべての人に仕える者になる」ことは「いちばん先になる」ための手段ということになります。
 
 けれども、キリスト教ではそうは考えません。イエスはのちに十字架で処刑されます。つまり、社会の最底辺に落とされる、死刑囚という召使いや奴隷以下の位置に落とされますが、それは、イエスがリーダーとして君臨するためだとはキリスト教では言いません。リーダーになるとかならないとかではなく、ただ、イエスがわたしたちの一番下に置かれたと受け止めるのです。
 
 西日本の豪雨による過酷な被害。そこには、多くのボランティアが駆け付けています。クリスチャンたちもそうしています。ただひたすら被災者に仕えようとしています。仕えることでリーダーになろう、サーバントリーダーシップを発揮しよう、などとは考えていないのです。リーダーになるのではなく、ただサーバントになろうとしているのです。イエスがそこに置かれたように。
nice!(0) 

「信じられなくても、願い求めつづけることが大切です」 [聖書の話を身近な経験に置き替えてみた]

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(94)

「信じられなくても、願い求めつづけることが大切です」

 子どもが、保育園の時、リレーの最終走者に選ばれました。「おまえが一番足が速いのか」と訊いたら、「先生は、最後まであきらめない人、最後まで走り続ける人にアンカーを任せた、と言っていたよ」という返事でした。

 ある人は高校生の時から自分の部屋に引きこもるようになりました。本人も親も、どうにかしたい、状況を打破したいと、思い悩み、いろいろ努力し、うまくいかなかったり、少しうまく行ったりで、二十年が過ぎました。いつか、いつか、と願いつつ、二十年。これがいつまで続くのか、途方に暮れてしまいました。けれども、今少しずつ、外に出たり、働いたり、人と交わったりするようになり始めたのです。

 病気、仕事、自分の人生。何年も何十年も良くならないように、いや、悪くなっているようにさえ思えることもありますが、きっとどうにかなる、と人生を、いや、自分という存在の宇宙的な土台のようなものを、信頼することが大事なのではないでしょうか。

 聖書によれば、ある少年が、口が利けない、倒れてしまう、口から泡を出す、歯ぎしりをする、体をこわばらせる、という症状に、子どもの時からずっと悩まされてきました。

 父親はイエスに頼みました。「できれば、わたしたちを助けてください」。イエスは答えました。「できれば、などと言ってはならない。かならずできる、と信じるのだ」。

 父親は答えました。「信じます。正直、信じられませんが、助けてください」。

 きっとこうなると信じられれば、それはとてもすばらしいことですが、そんなふうには信じられない場合はどうしたらよいのでしょうか。

 そのときは、「信じられませんが、助けてください」と祈るのです。信じられなくても、願い求め続けることが大切です。

 人生を信頼できる人間にわたしを造り替えてください、また、わたしは人生を十分には信頼していませんが、わたしを支えてください、と祈り求めるように、イエスは促しているのではないでしょうか。

(マルコ9:14-27)
nice!(0) 

「新しいことを知ったら、それにふさわしい新しい人生が始まります」 [聖書の話を身近な経験に置き替えてみた]

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(93)

「新しいことを知ったら、それにふさわしい新しい人生が始まります」

 演劇のおもしろさに気付いたなら、わたしたちは、自分の小さな部屋を出て、劇場に行かずにはおられません。シネマの味わいに触れたなら、家を出て、映画館に行かないわけには行きません。

 山の魅力を覚えたなら、わたしたちは、町を出て、登山口へ向かいます。水平線上の夕陽を美しむようになったなら、午後は海沿いの道を辿ります。

 新しい世界を知ったなら、わたしたちはもはや今まで生きてきた古い世界に留まることはできず、その外に出て、新地を歩み始めます。新しい精神には、新しい場所がふさわしいのです。

 新約聖書によりますと、イエスは目の見えなかった人を見えるように癒しました。そして、その村を出て行くようにと促したのです。

 見えるようになることは、目に見えない神を感じる、知ることにつながります。そして、神を知ったなら、これまでの古い生活から新しい生活に歩み出すようにと、イエスは押し出すのです。

 神を知ってからの、いや、神と出会ってからの、あるいは、おぼろげながら神を感じるようになってからの新しい生活とはどのような生活のことでしょうか。

 それは、不安な自分の人生の根本の支えを、神にするということです。不確かな人生を、神を信頼しながら生きて行こうとすることです。

 わたしたちは、お金、人間関係、立場、健康、計画など、目に見える確かなものに頼りがちです。けれども、裏返せば、それらの欠乏で、いつも心を煩わせているのです。

 けれども、そのような古い生き方から脱出して、神を信頼して生きる新しい生き方、どうなるかはわからないけれども神がきっと何とかしてくれる、道を切り開いてくれると信頼して生きる新しい生き方に入るように、イエスは人びとを導いています。

 見えるようになって、これまでの村を出る。それは、わたしたちが神を感じるようになって、目に見える安心を何とか手に入れようとしながらもそうできない古い生活から脱出することの比喩でもあるのではないでしょうか。

(マルコ8:22-26)

nice!(0) 

「悪いものも良いものも膨らみますが、良いものが悪いものを覆い尽くします」 [聖書の話を身近な経験に置き替えてみた]

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(92)

「悪いものも良いものも膨らみますが、良いものが悪いものを覆い尽くします」

 6月23日。沖縄戦没者追悼式で、少女が祈るように読み上げた詩には、「戦力という愚かな力を持つことで、得られる平和など、本当は無い」という一節が刻み込まれていました。他方、その式に参列していた安倍首相とその政権は、沖縄・辺野古に米軍基地を新設し、あらたな戦力配備を許そうとしています。

 少女の言葉は、日本の戦争によって四分の一の住民が殺された沖縄の人びとの祈りが終戦後連綿とつづいてきたこと、そして、地下茎のように深く広がってきたことの証しではないでしょうか。73年前に島を包んだ祈りは、今日に至るまで、その土に浸み込み、その空気を染めつづけてきたのです。

 他方、安倍政権への支持も、拡大してきました。ヤマトでは、沖縄の米軍基地反対の声は高まるどころか、反対の声への反対が、誹謗中傷、ヘイトスピーチレベルに達しています。選挙でも、安倍政権に加担する議席数の大幅増大を許してしまっています。沖縄でも、辺野古新基地絶対反対を訴える政治家が落選しています。すくなくとも、表面的には、「あきらめ」が拡大しているように見えないことはありません。

 戦力放棄の声も、戦力拡大のスローガンも、どちらも、広がっているように思われます。

 新約聖書によりますと、イエスは、偽善者や暴君の「パン種」に気をつけろ、と弟子たちに訴えました。イースト菌があれば、偽善や暴力、暴政は膨らんでしまう、という意味でしょう。

 他方、イエス自身は、数個のパンを数千人の人びととわかちあった、という伝説も記されています。イエスから、偽善や暴力、暴政と正反対のもの、つまり、誠実と非暴力、平和、愛が、人びとの間に広まっていったことを象徴する話のように思えます。

 悪いものも良いものも増殖します。地表では争いや憎しみが広がっていますが、地下では、そして、宙では、目には見えないけれども、平和と愛も、膨らんでいます。後者が前者にまさり、覆い尽くすことを信じたいと思います。

(マルコ8:14-21)

nice!(1) 

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(91) 「向き直らなければならないことがあります」 [聖書の話を身近な経験に置き替えてみた]

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(91)

「向き直らなければならないことがあります」

 小学校低学年だったでしょうか。子どものころ、小倉で原爆展が開催されました。親に連れて行かれたのだと思います。親との外出ということで、最初は浮かれていましたが、すぐに、見続けるのが恐くなりました。焼けた街、建物、そして、人。高熱のせいで、靴が足に焼き付いてしまった子ども。最後まで見つづけた記憶はありません。けれども、あとから教えられたことかも知れませんが、見なければならない、という思いが刻み込まれています。

 戦争、虐殺、テロ。暴力で殺された人びと。地震、津波、洪水、土砂、激流。自然災害で死んだ人々。そうした人びとの存在をわたしたちはメディアから知らされ、しばらくは、神妙な面持ちになりますが、それはいつまで続くでしょうか。遠い地域での出来事に、本当に痛みを感じているでしょうか。人びとの死、殺戮が数字にされ、それが並んで慣れっこになり、もういいやと心を向けなくなっていないでしょうか。

 新約聖書によりますと、イエスの同時代、ヨハネという人がいました。彼は、人びとの心が神から離れていることを憂い、神へと向き直ることを訴えました。同時に、持てるものを貧しい人とわかちあうこと、不正に金をとりたてないこと、人を脅したりゆすったりしないことも求めましたが、これら対人関係についての教えは、神への回心と不可分のものでした。

 ヨハネは、やがて、王の不正な結婚を批判します。その結果、牢に入れられます。王の誕生日の宴において、その妻の娘が王の前で舞い、褒美に欲しいものを何でも与えると言われます。娘は「ヨハネの首を」と求めます。ヨハネの首は獄中ではねられ、盆に載せて、宴の場に運ばれます。

 聞くだけで怖くなります。場面を想像するだけで恐ろしくなります。

 けれども、わたしたちはここから逃げてはならないのではないでしょうか。聖書はそのことを教えているのではないでしょうか。

 この世界は、神に造られた美しい場所であるのに、わたしたち人間はこのような残酷なことを繰り返しているのです。そのことを知りたくなくても、考えたくなくても、そこから逃げないことによってしか、その痛みを体に刻み込むことによってしか、わたしたちはこれを克服することができないのではないでしょうか。

 いやもしかしたら、他にも道があるかも知れません。これほど苦しくない道があるかも知れません。けれども、それは、すくなくとも、残酷な出来事をまったくなかったことにしてしまうことではないでしょう。

 (マルコ6:14-29)

nice!(0) 

「たいしたことがないと思えば、たいしたことは学べません。何かあると思えば、何かが変わります」 [聖書の話を身近な経験に置き替えてみた]

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(90)

「たいしたことがないと思えば、たいしたことは学べません。何かあると思えば、何かが変わります」

 いつも同じことの繰り返しのように思える高齢者の話でも、良く聞いてみると、じつは、毎回違うことを言っているはずだ、とカウンセリングの講習会で習いました。たしかに、同じ話だからつまらないと決め込まないで、あらたな気持ちで聞いてみると、いままで気づかなかったメッセージを受け取ることができるかも知れません。

 子どもたちの話も、子どもの言うことだからとか、たいしたことないだろうとかいった先入観を横に置いて聞こうとするなら、聞くべきことがあるのではないでしょうか。慣れ親しんで来たパートナーについても同様のことが言えると思います。

 どんなにつまらないと思える人の話でも、寛い心で聞いてみれば、これはよいなと思うことがあるのではないでしょうか。ある友人は、本を読んだ後の感想文を五百以上、インターネットに記していますが、けなすことはほとんどなく、どんな本にも良い点、学ぶべき点を見つけようと心掛けているそうです。

 新約聖書によれば、イエスはあちこちの村や町で人びとに話をしたり病人を癒したりして、評判をとっていたようです。ところが、故郷の町では、ほんのわずかの人しか癒すことができませんでした。

 どうしてでしょうか。たいていの人は、イエスのことを、たいした人物、耳を傾けるべき人物とは思いませんでした。なぜなら、子どものときから本人のことも家族のこともよく知っていたからです。いや、良く知っている、たいしたことはない、と思い込んでいたからです。

 病気が癒されるとはどういうことでしょうか。変化が起こることです。けれども、つまらない相手だと思っていたら、その人の言葉や行動によって変えられることはないでしょう。

 ぎゃくに、人びとがつまらないものと見なしたにも拘わらず、イエスの言動に、新鮮な思いで臨んだ、少数の人には、大きな変化が起こったのです。

 知っていると思ってしまえば、学ぶことはできません。知らないと思えば、たくさん学べます。たいしたことないと思えば、たいしたことは学べません。この人の言葉には何かあると敬意を払えば、何かを得ることができるのです。

(マタイ6:1-6)

nice!(0) 

「体の中に溜まっていた重い澱みが、イエスの言葉で、ざあーっと流れ出て行きました」 [聖書の話を身近な経験に置き替えてみた]

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(89)

「体の中に溜まっていた重い澱みが、イエスの言葉で、ざあーっと流れ出て行きました」

 いつも子どもに抑え付けるような言い方をする親がいます。部下に有無を言わせない上司、妻に逆らわせない夫もいます。相手の言うことを聞かず、手も足も顎も縛り、身動きをさせず、何も言わせず、ただ自分の言いたいことだけを言い、したいことだけをするような人がいます。その人の前では、こちらは、まるで鋼鉄の鎖を巻きつけられているかのようです。

 そんな目に遭えば、骨や筋を砕いてでも鎖を引きちぎりたくなりますし、ギャーと叫びたくなりますし、あるいは、自分で自分をぼこぼこ殴りつけたくもなります。まわりの人は、乱暴な人間だと思いますが、本人は苦しくて仕方がないのです。本人が一番苦しいのです。

 外から受けた暴力や暴言は過ぎ去れば終わりかと言うと、そうではありません。その暴虐は、受けた人の、今度は、内側に深く入り込みます。心や頭、感情や記憶を乗っ取り、内部からぎしぎしと重圧を加え、その人を苦しめます。

 ところが、ある時、あることによって、あるいは、あることをきっかけにして、その人の内圧を異常に高めていた、苦しい何ものかが、すーっと出て行くことがないでしょうか。人からやさしい言葉をかけられたとか、自分の発したものが誰かに届いていたとか、自分が無条件に生かされていることを教えてくれる美しい言葉に出会ったとか。何か良いものに出会うことで、苦しい何かがさっと出て行ってくれることがないでしょうか。

 聖書によれば、ある人が、悪霊に取りつかれているとされ、町から追い出され、墓場に住まわされていました。人びとはその人を足枷や鎖で縛りましたが、その人は手足の筋肉に怒りを漲らせ、それを引きちぎりました。その手足は、さらには自らの心身を激しく打ちのめしました。自分で自分を傷つけながら、胃袋の底から絶叫し続けました。

 イエスはその人を見て、「汚れた霊よ、この人から出て行け」と言いました。すると、まあ、なんてことでしょう。その人の体中に溜まっていたものが、どどどどっと流れ出て行ったのです。

 その人は、いまや、鎖ではなく服を着て、吼え猛るのではなく静かにすわっています。

 じっさいには、このようにドラマチックなものではなかったとしても、イエスとの出会いにより、自分の中から重苦しい澱みが出て行ってくれ、心にあたらしい清流を迎えることができたと感じた人は少なくなったのではないでしょうか。

 そして、それは、聖書の言葉や物語に触れる人にも、いちどならず、繰り返されていることなのです。 

(マルコ5:1-20)

nice!(0) 
前の10件 | - 聖書の話を身近な経験に置き替えてみた ブログトップ