So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
中学生・高校生礼拝 ブログトップ

「三位一体を信じることは、インマヌエルの神さまを喜ぶこと」 [中学生・高校生礼拝]

「三位一体を信じることは、インマヌエルの神さまを喜ぶこと」

 わたしたちが毎週礼拝で信仰を告白する際に唱える使徒信条にも、三位一体が現われています。まず、「我は天地の創り主、全能の父なる神を信ず」と言います。これは、わたしたちとわたしたちが生きるこの世界を創ってくださった神さまのことですね。それから、「我はその独り子、我らの主イエス・キリストを信ず」と言います。これは、父なる神の独り子であり、わたしたちの主、わたしたちを守り、導いてくださる主であるイエス・キリストのことです。そして、「我は聖霊を信ず」と言います。
 
 ここで、注意したいことは、「父なる神を信ず」「イエス・キリストを信ず」「聖霊を信ず」とあるように、これは、わたしたちの信じること、わたしたちの信仰だという点です。三位一体と言います。三位は、父なる神、御子イエス・キリスト、そして、聖霊。この三つですが、一体とはどういうことでしょうか。
 
 使徒信条では、「信ず」と言います。つまり、わたしたちの信仰において、「父なる神」「御子イエス・キリスト」、そして、聖霊は一体である、というのです。三位一体というのは、なかなか説明が難しいです。神さまが存在し、わたしたちを愛してくださっておられるのを説明するくらいに難しいことです。
 
 でも、信じることにおいては、神さまの存在も、神さまの愛も、三位一体も、難しいことではありません。
 
 三位一体とは、父、御子、御霊という三人の神さまたちがいて、その神さまたちが一体となっているということではありません。また、神さまが、三分の一にわけられ、最初の三分の一は父、つぎの三分の一は御子、最後の三分の一は聖霊ということでもありません。あるいは、神さまがあるときは、父、またあるときは、御子、またあるときは、聖霊になるというのでもありません。
 
 そうではなく、わたしたちは父なる神、創造主の中にも、また、その独り子であり、わたしたちの主であるイエス・キリストの中にも、そして、聖霊の中にも、神さまという一つの働き、神さまの愛という一つの働き、インマヌエル、神さまがともにおられるという一つの働きがあることを信じるのです。
 
 信じるとは、自分に言い聞かせるとか、思い込むとかいうことではなくて、むしろ、感じられるということでしょう。神さまはわたしたちとこの世界を創ってくださったのだなあ、神さまは御子イエス・キリストを送り、わたしたちとともにいてくださるのだなあ、神さまは聖霊を送ってくださり、わたしたちと一緒にいてくださるのだなあ、と感じられる、そのことをうれしく感じられることでしょう。喜ばしく感じられることでしょう。
 
 わたしたちは、神さまが天地とわたしたちを創ってくださったことを感じ、それを何よりも喜んでいます。わたしたちは、神さまが独り子イエス・キリストをわたしたちのところにお送りくださり、わたしたちとともにいてくださることを感じ、それを何よりも喜んでいます。わたしたちは、神さまが聖霊をわたしたちひとりひとりのところにお送りくださり、わたしたちといっしょにいてくださることを感じ、それを何よりも喜んでいます。そのことにおいて、神さまは三位一体なのです。
nice!(0) 

『黙れ、静まれ』という声が聞こえる奇跡 [中学生・高校生礼拝]

「『黙れ、静まれ』という声が聞こえる奇跡」

マルコによる福音書 4:35-40

 皆さん、おはようございます。皆さんは、奇跡を信じるでしょうか。わたしは、オカルトや超自然現象などは、あまり信じないたちです。

 けれども、いま読んだ聖書の箇所には、たしかに、超自然現象が書かれています。大きな湖を、イエスが弟子たちと小さな舟で渡っていると、嵐に見舞われたとありました。舟は今にも沈みそうだし、そうなれば、皆、溺れて死んでしまいそうです。ところが、イエスが、湖に向かって、「黙れ、静まれ」と言ったら、嵐は治まったというのです。そんなことがありえるでしょうか。そんな奇跡が起こるでしょうか。
 
 けれども、この聖書の箇所を、別の角度から読み直してみますと、こんな奇跡はありえない、つまらない作り話だ、ということとは違う感想を持つことが出来るかも知れません。
それは、湖を小さな舟でわたることを、わたしたちの人生の比喩だとする読み方です。じっさい、わたしたちの人生はよく船旅にたとえられます。そして、船旅には嵐がつきものです。人生には嵐のような困難がつきものです。

 37節をもう一度見てください。「激しい突風が起こり、舟は波をかぶって、水浸しになるほどであった」。皆さんの、十何年かの人生にも、激しい突風が吹いたような、大事件が起こったこと、苦しいこと、乗り越えるのが難しそうなことが起こったことがなかったでしょうか。そのような中で、心の中が、水浸しになってしまったように感じたことはなかったでしょうか。

 中学入試や高校入試に失敗したり、大けがや大きな病気をしたり、勉強や部活でいくらがんばっても目に見える結果がでなかったり、人に傷つけられたり、人間関係で苦しんだり、そんな、嵐を経験し、心が水浸しになったことはなかったでしょうか。
 
 聖書に戻りますと、38節をご覧ください。4:38 しかし、イエスは艫(とも)の方で枕をして眠っておられた。弟子たちはイエスを起こして、「先生、わたしたちがおぼれてもかまわないのですか」と言った。
 
 弟子たちは、嵐で死にそうだと苦しんでいるのに、イエスはぐうぐう寝ていたというのです。弟子たちは、これを見て、なんと呑気な、なんと無責任な、と思ったかも知れませんね。

 けれども、考えてみてください。わたしたちが苦しんでいるとき、わたしたちがもう駄目だと大慌てしているとき、そのなかに、ひとり、騒がず、静かにしている人、寝続けるくらいに緊張感のないリラックスした人がいた方が、その場が落ち着くことがないでしょうか。
 
 つづいて、39節です。4:39 イエスは起き上がって、風を叱り、湖に、「黙れ。静まれ」と言われた。すると、風はやみ、すっかり凪になった。

 わたしは、聖書のこの部分を読むたびに、こう思います。つまり、わたしの人生が嵐に見舞われて、苦しんで、心を乱し、心も大嵐になったときに、イエスはわたしの心の嵐を静めようとしていてくれているように思うのです。あるいは、心の大嵐に見舞われたときは、この聖書の箇所を思い出そう、イエスの「黙れ、静まれ」という声を思い出そう、イエスがわたしの心の嵐を静めようとしているのだと信じようと思うのです。

 40節です。4:40 イエスは言われた。「なぜ怖がるのか。まだ信じないのか。」

 わたしたちは、ときどき、自分の人生を怖がります。人生の中で大きな不安や恐れを感じます。心の中に嵐が起こります。それでも、静かに耳を澄ませば、その嵐を静めようとする「黙れ、静まれ」という声がどこかから聞こえてくるのではないでしょうか。

 「怖がらなくても良い、心配しなくても良い、あなたの道を、あなたの人生を信じなさい」という声がどこからか聞こえてくるのではないでしょうか。

 湖の嵐がイエスの声によって突如静まったという超自然現象、そのような奇跡は、わたしたちは、なかなか信じられません。

 けれども、わたしたちが嵐に見舞われ、心が水浸しになっても、その嵐を静めようとする「黙れ、静まれ」という声がどこからか聞こえてくるという奇跡は信じられるのではないでしょうか。

 その声は、皆さんの親かも知れないし、友達かも知れないし、先生かも知れません。二千年前に新約聖書を記した人びとは、その声は、イエスからの声だと信じたのです。そして、わたしたちはその聖書を今こうして読んでいるのですから、わたしたちも、その声をイエスの声だと思ってもおかしくはないのではないでしょうか。
nice!(0) 

「すがることなく、信頼する」 [中学生・高校生礼拝]

中高生礼拝 20180408 ヨハネ20:11-18 p.209 
 
「すがることなく、信頼する」

 皆さん、おはようございます。イエスさまが十字架につけられ、お墓に葬られた翌々日の朝、マグダラのマリアと呼ばれる女性がイエスさまのお墓に行ってみました。すると、お墓の入口においてあった大きな石が横に動いていました。
 
 それで、マグダラのマリアは、イエスさまの弟子たちのところに行って「イエスさまが墓から取り去られてしまいました。どこに持って行かれたのか、わかりません」と伝えました。
 
 弟子の二人がお墓に行って、中に入りました。けれども、マリアはお墓の外に立って、泣いていました。泣きながらお墓の中を外からのぞくと、白い衣を着たふたりの天使が見えました。天使がマリアに「なぜ泣いているのか」と尋ねたので、マリアは「わたしの主であるイエスさまが取り去られました。いまどこにいるのかわかりません」と答えました。

 そう言って、ふとうしろをふりむくと、イエスさまが立っておられました。けれども、マリアはそれがイエスさまだとすぐにはわかりませんでした。

 「どうして泣いているのか、誰を探しているのか」とイエスさまがマリアに尋ねました。マリアは「もしあなたがイエスさまを取り去ったのなら、イエスさまがいまどこにいるのか教えてください」と言いました。

 すると、イエスさまはマリアに「マリア」と呼びかけました。マリアは、このときはじめて、イエスさまだとわかりました。マリアは、イエスさまに「マリア」と呼びかけられて、「ラボニ」と答えました。ラボニとは先生という意味です。
 
 マリアは、死んでしまってもう生き返らないし、遺体もどこかに持ち去られてしまってもう会えないと思っていたイエスさまに、こうしてもういちど会うことができ、イエスさまに飛びつきたかったことでしょう。
 
 けれども、イエスさまはマリアに言いました。「わたしにすがりつくのはよしなさい」。これは、どういう意味でしょうか。いろいろな意味が考えられます。
 
 イエスさまに導かれたり、支えられたりするのはよいのだけれども、甘えて、なにもかもイエスさま頼みにしてはいけない、という意味かも知れません。
 
 あるいは、イエスさまは、このときは復活して目に見えるお姿だったかも知れませんが、やがて天に帰って行って見えなくなります。わたしたちも、イエスさまの姿を見ることはできません。けれども、目に見えないにもかかわらず、イエスさまが一緒にいて、支えてくださることを信じます。
 
 ですから、神さまもイエスさまも目に見えた方が信じやすいような気がしてしまうのですが、じつは、神さまやイエスさまが見えたら信じるというような信じ方ではなく、むしろ、目に見えないイエスさまを信じなさい、ということかもしれません。
 
 イエスさまや神さまの目に見える姿を求め、それにすがりつこうとするのではなく、目に見えないイエスさまに支えられ、導かれ、イエスさまを信頼する、そのような生き方をわたしたちはしたいと思います。
nice!(0) 

2018年2月18日 [中学生・高校生礼拝]

2018年2月18日   受難節第1主日              No.47

前   奏   
招きの言葉
讃 美 歌  こども34
主の祈り    (お手元のクリアファイルをごらんください)
聖   書   マルコによる福音書1:12-15 (新約p.61)
子ども説教   
捧げもの(こどもたち)
讃 美 歌  こども24-1「いまそなえる」
祝   福
詩編交読   詩編64編
讃 美 歌   21-8
信仰告白   (お手元のクリアファイルをごらんください)
祈   祷
説   教   「試練の時」 林巌雄牧師
今週の祈り
讃 美 歌   21-284
献   金
祈   祷
讃 美 歌   21-289
頌   詠   一編 541
祝   祷
後   奏
報   告      
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本日の集会: 7:00am 開堂 7:30am 朝礼拝 9:30am 聖書の学び 
10:00am 中高生礼拝 礼拝後:愛餐会、マリアの会、キリスト教を学ぶ会

今週の集会 聖書と祈りの会 水曜日 7:00pm  土曜夕礼拝 7:00pm 


来週の主日礼拝 2月25日(日)  受難節第2主日  
☆ 聖書 マルコ3:20-27 詩編65 編1-9節
☆ 説教 「神の愛で毒を征す」 林巌雄牧師
☆ 讃美歌 こども79、21-377、21-288、21-287、一編541
☆ 9:30am 聖書の学び 10:00am 中高生礼拝
☆ 教会協議会(おにぎりで昼食)

報   告
☆本日から受難節に入ります。イースター(主の復活日)までの約四十日間、イエス・キリストの苦難の歩みと十字架を想い、祈りながら過ごします。
☆本日の礼拝後12時45分から13時30分まで「キリスト教を学ぶ会」を行います。キリスト教や聖書についてのやさしい学びの会です。どなたもご参加ください。
☆次週、2月25日の礼拝後、教会協議会をします。テーマは「教会」で、聖書は教会を「キリストの体」と示していること、また、人間のなす組織としての教会について学び、皆で教会を支える思いをわかちあいたいと思います。正午~13時まで、おにぎりを食べながら進めます。ぜひご参加ください。

これからの主な予定    3月4日   聖餐式、役員会(教会運営委員会)
3月11日  祈祷会・キリスト教を学ぶ会 3月18日  マリアの会・オリーブの会 
3月25日  受難週

先週集会報告 礼拝(11日)39名   中高生礼拝(11日)3名 
聖書の学び(11日)5名  聖書と祈りの会(14日)5名  土曜夕礼拝(10日)8名

nice!(0) 

中学生・高校生礼拝 [中学生・高校生礼拝]

中学生・高校生向けの礼拝   

2009年4月12日(日)より開始します。

毎週日曜日、午前10:00~10:20

ミッションスクールの生徒も、そうでない中学生高校生も、ぜひお越しください。

お問い合わせは 03-3732-1796 蒲田教会 林巌雄(はやしいわお)牧師まで

蒲田小学校前の教会です。

JR蒲田駅、京急蒲田駅から徒歩5分くらいのところにあります。
nice!(0)  コメント(0) 
中学生・高校生礼拝 ブログトップ