So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018年3月11日  [週報]

2018年3月11日   受難節第4主日              No.50

前   奏   
招きの言葉
讃 美 歌  こども85(1,2,6節)
主の祈り    (お手元のクリアファイルをごらんください)
聖   書   マルコによる福音書9:2-13 (新約p.78)
子ども説教   
捧げもの(こどもたち)
讃 美 歌  こども24-1「いまそなえる」
祝   福
詩編交読   詩編68編1-11節
讃 美 歌   21-299
信仰告白   (お手元のクリアファイルをごらんください)
祈   祷
説   教   「苦しみから復活へ」 林巌雄牧師
今週の祈り
讃 美 歌   21-509
献   金
祈   祷
讃 美 歌   21-300
頌   詠   一編 539
祝   祷
後   奏
報   告       
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本日の集会: 7:00am 開堂 7:30am 朝礼拝 9:30am 聖書の学び 
10:00am 中高生礼拝 礼拝後:祈祷会、キリスト教を学ぶ会

今週の集会 聖書と祈りの会 水曜日 7:00pm  土曜夕礼拝 7:00pm 


来週の主日礼拝 3月18日(日)  受難節第5主日  
☆ 聖書 マルコ10:32-45 詩編69編1-13節
☆ 説教 「僕になった主人」 林巌雄牧師
☆ 讃美歌 こども83、21-298、21-299、21-510、一編539
☆ 9:30am 聖書の学び 10:00am 中高生礼拝
☆ 礼拝後:愛餐会、マリアの会、オリーブの会

報   告
☆受難節に入りました。イースター(主の復活日)までの約四十日間、イエス・キリストの苦難の歩みと十字架を想い、祈りながら過ごします。
☆本日の礼拝後、12時15分から13時まで、「キリスト教を学ぶ会」を開きます。年代を問わず、ともに学び、信仰をわかちあいます。ぜひ、ご参加ください。
☆本日の礼拝後、12時ぐらいから13時くらいまで、祈祷会が開かれます。年代を問わず、ともに学び、祈ります。ぜひ、ご参加ください。
☆4月1日のイースター(主の復活日)礼拝で、さんの転入式が行われます。お祈りのうちにお覚え下さい。なお、この日に洗礼をご希望の方は牧師にご相談ください。

これからの主な予定 3月25日  棕櫚の主日、受難週開始、イースター讃美歌練習
4月1日   聖餐式、役員会(教会運営委員会)、イースター、
4月8日   祈祷会、 4月15日  マリアの会・キリスト教を学ぶ会
4月22日  蒲田教会総会   4月29日  役員就任式

先週集会報告 礼拝(4日)35名   中高生礼拝(4日)2名 
聖書の学び(4日)5名  聖書と祈りの会(7日)5名  土曜夕礼拝(3日)6名

nice!(0) 

《使徒書の御言葉》その78「神さまとイエスさまから、恵みと平和があなたにありますように」 [希望と慰めの言葉]

《使徒書の御言葉》その78「神さまとイエスさまから、恵みと平和があなたにありますように」

コリントの信徒への手紙一1:3 わたしたちの父である神と主イエス・キリストからの恵みと平和が、あなたがたにあるように。

※神さまからの恵みと平和とはどのようなものでしょうか。ある人は、このようなことを思い浮かべるかも知れません。生かされていること、生活ができていること、健康であること、幸せを感じていること、心穏やかであること、戦争が起こっていないこと、苦しみがあまりないこと。またある人は、神さまがともにいてくださること、神さまから無償の愛を受けていること、神さまがわたしと平和な関係でいてくださることを思うかもしれません。これらのものは、ひとつは、父なる神さまとイエスさまがわたしたちにあたえてくださったものだ、と手紙の主であるパウロは述べています。パウロは、さらに、それが自分だけでなく、手紙の読者である「あなたがたにあるように」と祈ります。神さまとイエスさまからの恵みと平和があなたにありますように。わたしたちは、まわりの人びとに向けてつねにこの思いを持ちたいと思います。

今週の祈り「神さま、心を乱し、疲れてしまったわたしたちを、あなたに祈る平安へとお招きくださり、まことにありがとうございます。神さま、心や体に苦しみを抱えている友を、どうぞ、あなたがお癒しください。誰かの痛みに寄り添おうとしている友に、まず、あなたが寄り添ってください。神さま、若い方々の前に、あなたが道を切り開き、お導きください。神さま、苦しい道を歩いている方々が、それを乗り越えることができますように、あなたがともにお歩きください。主イエス・キリストのお名前によって、この祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(0) 

「イエスさまも苦しかった」 [こども説教]

子ども説教20180311 

「イエスさまも苦しかった」 マルコ9:2‐13

 皆さん、おはようございます。皆さんは、サッカーや野球のスポーツ選手になりたい、テレビに出るような、上手な選手になりたい、そうなれたら、すばらしいなと思ったことがないでしょうか。けれども、何もしないでいきなり、そんな選手にはなれません。それには、努力が必要です。苦しいけれども、努力が必要です。

 勉強も同じかもしれませんね。計算や漢字のテストでいつも100点をとっている人を見て、あんなふうになれたらいいな、と思いますが、それには、計算や漢字を家でよく練習する必要があります。勉強は楽しいという人もいるかもしれませんが、多くの人は勉強はすこし苦しい、早く勉強を終わりにしたいと思っているのではないでしょうか。

 イエスさまは、十字架につけられますが、復活なさいます。それなら、十字架なんかにつかないで、最初から復活したらいいのに、と思ってしまいますが、イエスさまが十字架で苦しむことがなければ、イエスさまが復活することもなかったのです。

 わたしたちは、ときどき、苦しいなと思うことがあるかも知れませんが、イエスさまも、十字架という苦しいことを乗り越えたことを思い出したいと思います。わたしたちが苦しい時でも、イエスさまが一緒に歩いてくださいます。
nice!(0)