So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2017年12月31日 [説教動画]

2017年12月31日 降誕節第一主日礼拝 説教「すべての人の救い主」

https://www.youtube.com/watch?v=ssTzfWtApUM
nice!(1) 

「わたしは救い主ではありません」 [中高生向けのお話]

中高生礼拝 20171231 ヨハネ1:19-28 p.163  
「わたしは救い主ではありません」

 おはようございます。ときどき、あの人は神さまのような人だ、などと呼ばれる人がいます。なかには、自分から、わたしは神だ、などと言う人もいます。けれども、どんな人間であっても、神さまではありません。

 わたしはこうして牧師をしていますが、皆さん、よくご存知のように、神さまではありません。神さまのような人でもありません。ただの人間です。

 これは、あたりまえのようなことですが、とても大切です。たしかに、「わたしは神だ」などとは言っていませんが、まるで、自分が神であるかのように、自分が言うことはすべて正しい、すべて自分の考えるようにさせたい、自分ならすべて解決できる、と思っている人がいます。わたしたちも、ときどき、そういうモードになってしまうことがあります。けれども、わたしたちは、どの人のことも神さまのように見なしてはならないし、自分が神さまのように発言したり行動してもならないのです。

 ヨハネという人がいました。イエスさまと同じ時代の人です。人びとはヨハネのことをイエスさまのような救い主、メシアだと勘違いをしましたが、ヨハネは、はっきりと「わたしはメシアではない」と言いました。
 
 さらには、わたしは、救い主であるイエスさまの道を準備する者だ、と言いました。そして、「救い主はわたしの後から来られる。わたしはその方の履物のひもを解く資格もない」と言いました。ヨハネは、自分を救い主と同じにしてはならない、と人びとに強く訴えたのです。
 
 これをわたしたちにあてはめてみたら、どうでしょうか。わたしたちも、ときどき、すべてを自分の力で解決しようとしてしまいます。自分には、自分の問題も、他の人の問題も解決できる力があると思ってしまうことがあります。自分は、自分も、他の人も助けることができる、自分は、自分や他の人の救い主になることができる、と思ってしまうことがあります。
 
 けれども、わたしたちは、自分のことについても、自分以外の人の力を頼りにすることは大切ですし、神さまにお祈りすることも大切です。

 もちろん、自分で精一杯やらなければならないこと、ならないときがありますが、自分以外の人、今日の聖書の言葉で言えば、「自分の後から来る方」の力を借りることも大切です。

 わたしたちは、まわりの人の助けも信頼し、神さまにもお祈りすることで、わたしたち自身が神さまやメシアになろうとする傲慢を避けることができるのではないでしょうか。

 わたしたちを本当に支えてくださるお方は、神さまなのです。わたしたちは、自分だけを信じるのではなく、根本では、神さまを信頼して生きていきたいと思います。
nice!(1) 

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(78)「ついにこの目で見ました」 [聖書の話を身近な経験に置き替えてみた]

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(78)「ついにこの目で見ました」

 大学生のころ、初めて行った海外。着陸間近の飛行機の窓からハワイの土と緑を目にしたとき、「ああ、ついに外国を、この目で見たぞ」と感動したものでした。

 12月15日のシネコンのスクリーン。スター・ウォーズ・エピソード8。待ちに待った大スペクタクルを目の前にしているのだなとわくわくしました。

 そして、あの日、あの場所で、あった、あの人。あなたですか。誰かはわからないけれども、ずっと前から、ずっと会いたかった、あの人に、ついに巡り逢えた喜びは、何よりものプレゼントでした。

 新約聖書によりますと、生後何日か経って、両親はイエスを神殿に連れて行きました。そこにシメオンという老人がいて、イエスを見て、抱きかかえ、こう言います。「わたしは、いま、この目で、神の救いを見た」。

 わたしたちは、赤ちゃんを見ると、心が和みます。平安な気持ちになります。この子らには、これからすばらしい未来が待っている、とうれしい気持ちになります。さらには、この子らは世界を救ってくれるのではないか、という希望さえ抱くことがあります。

 旧約聖書の時代から、神は目に見えない存在でした。人間は神を見ることができないのです。見てもならないのです。

 ところが、シメオンは、神の救いを見た、ついに見た、と言います。どういうことでしょうか。

 わたしたちは、青空や星空を見上げ、その向こうに神を想うことがあります。神自身を見なくてもです。やさしい人、やさしい言葉に触れ、ああ、神はいるのだなと想うことがあります。神の姿をじかに目撃しなくてもです。

 二千年前に生まれたひとりの子の童顔に、ある人びとは、自分たちが待ち続けてきた神の救いを、ついに見たのです。

 そして、二千年後のわたしたちも、赤ん坊のイエスに、わたしたちが待ち続けて来たもの、いや、自分でも何を待っているかわからないけれども待ち続けているものを見ることができるのではないでしょうか。
 
 赤ちゃんの顔を見れば、わたしたちは、さがしている一番大切なものを、ついに見つけることができるのです。
nice!(0) 

《使徒書の御言葉》その73「まぶねの幼子の顔は、わたしたちに平安と喜びと希望をもたらしてくださいます」 [希望と慰めの言葉]

《使徒書の御言葉》その73「まぶねの幼子の顔は、わたしたちに平安と喜びと希望をもたらしてくださいます」

ローマの信徒への手紙15:13 希望の源である神が、信仰によって得られるあらゆる喜びと平和とであなたがたを満たし、聖霊の力によって希望に満ちあふれさせてくださるように。

※神さまはわたしたちの希望の源です。わたしたちにはできないことも、神さまがなしてくださいます。わたしたちには絶望しかありませんが、神さまには希望しかありません。わたしたちには自分を救う力がありませんが、神さまはわたしたちをお救いにしかなれません。わたしたちには力がなくても、神さまを信頼して生きていこうとすれば、うれしくおだやかな心が与えられます。わたしたちには絶望しかなくても、神さまの力がわたしたちの中に希望を注ぎ、満たしてくださいます。幼子を見ていると、わたしたちは、おだやかで、うれしくて、わくわくした心になってきます。御子イエスのお生まれは、そのような平安と喜びと希望をわたしたちにもたらしてくださいました。

今週の祈り「天の神さま、御子イエス・キリストを胸に抱きかかえながら祈ることを許され、こころから感謝申し上げます。神さま、心身の痛みや病で苦しんでいる友とあなたがともにいてくださり、お癒しくださいますように、心からお願い申し上げます。神さま、剣で心を刺し貫かれているマリアとその姉妹たちを、どうぞ、あなたがともにいて、お慰めくださいますように、心よりお願い申し上げます。神さま、家族や友人、隣人、あるいは、あったことのない友のことで、心を痛めている方々のことを思います。どうぞ、その方々とその方々が思う方々にあなたの平安を増し加えてください。馬小屋にお生まれくださった御子イエス・キリストのお名前によってお祈りいたします。アーメン」

nice!(1) 

2017年12月31日 [週報]

2017年12月31日   降誕節第1主日              No.40

前   奏   
招きの言葉
讃 美 歌  こども75
主の祈り    (お手元のクリアファイルをごらんください)
聖   書   ルカによる福音書2:22-35 (新約p.103)
子ども説教   
捧げもの(こどもたち)
讃 美 歌  こども24-1「いまそなえる」
祝   福
詩編交読   53編
讃 美 歌   21-268
信仰告白   (お手元のクリアファイルをごらんください)
祈   祷
説   教   「すべての人の救い主」 林巌雄牧師
今週の祈り
讃 美 歌   21-246
献   金
祈   祷
讃 美 歌   二編219
頌   詠   一編541
祝   祷
後   奏
報   告       
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本日の集会: 7:00am 開堂 7:30am 朝礼拝 9:30am 聖書の学び 
10:00am 中高生礼拝 礼拝後:

今週の集会 聖書と祈りの会 水曜日 7:00pm  土曜夕礼拝 7:00pm 
      1月3日は聖書と祈りの会を休会にします。

来週の主日礼拝 1月7日(日)  降誕節第1主日  
☆ 聖書 ルカ2:41-52 詩編54編
☆ 説教 「世界は神の家」 林巌雄牧師
☆ 讃美歌 こども2、21-2、21-81、21-355、一編539
☆ 9:30am 聖書の学び 10:00am 中高生礼拝
☆ 役員会(教会運営委員会)、クリスマス片づけ

報   告
☆御子イエス・キリストのご降誕に込められた神さまの恵みに感謝し、また、神さまの愛を伝える教会の働きがゆたかになされるために、心を込めてクリスマス献金をささげましょう。
☆主日(毎日曜日)の午前7時半から8時まで朝礼拝を開きます。また7時に礼拝堂を開けますので、7時半まで、自由に黙祷してください。
☆受け付けのお祈りカード(黄色の紙)に記入して、礼拝堂の聖書棚の下にある木箱に入れてください。わかちあいのお祈りがある週は、受付か献金当番の係りが木箱からカードをとり出し、牧師に渡してください。
☆1月3日は、聖書と祈りの会を休会にします。

これからの主な予定  1月14日   祈祷会、キリスト教を学ぶ会 
1月21日  マリアの会、オリーブの会 1月28日   献堂記念日

nice!(1) 

「神さまがわかるでしょう」 [こども説教]

こども説教 20171231 「神さまがわかるでしょう」

 皆さん、おはようございます。皆さんは、風を見たことがありますか。風は目に見えませんが、風車がまわるのを見たり、落葉が舞っているのを見たりすると、ああ、風が吹いているなあ、とわかりますよね。
 
 では、皆さんは、愛を見たことがありますか。愛も目には見えませんが、誰かが自分にやさしくしてくれたり、自分のことを心配してくれたりすると、ああ、ここに愛がある、と感じることがあります。
 
 さいごに、皆さんは、神さまを見たことがありますか。神さまも目には見えません。けれども、イエスさまのお話を聴いていると、神さまが少しずつわかってくるのです。
 
 イエスさまのお話、というのは、イエスさまがしてくださるお話しのことですが、もうひとつは、イエスさまがこういうことをなさった、イエスさまがこのようにしてお生まれになった、というお話のことです。
 
 神さまは目には見えませんが、イエスさまのお話に耳を傾けていると、神さまのことが少しずつわかってきます。
nice!(1) 

2017年12月24日 [説教動画]

2017年12月24日 待降節第四主日礼拝 説教「神が人の間に宿られた」 ヨハネ1:1-14

https://www.youtube.com/watch?v=Rj_BJts7NCY
nice!(0) 

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(77)「花を咲かせるものは何」 [聖書の話を身近な経験に置き替えてみた]

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(77)「花を咲かせるものは何」

 花は美しく、花には愛が満ちています。つぼみが美しく、開いて美しい。育てる人に美しく、観る人びとに美しい。観て美しく、写真に撮って美しい。

 花の種を蒔く人、球根や苗を植える人は、花を愛しています。花を愛するから、花を植え、花を育てるのです。花を育てる人は花を愛し、花を愛する人は人を愛します。そして、わたしたちは花を愛する人を愛します。

 花は愛に満ちています。花は、愛によって芽を出し、愛によって育ち、愛によってつぼみを膨らませ、愛によって花開くからです。愛なしに、花の美しさは説明できません。

 花の根元には愛が満ちています。花を咲かせる愛が土や水のなかに満ちています。その愛は、自然の仕組みに留まりません。自然の仕組みからは、色素などの用語を使いながら「いかに」桜がくれないに咲くかを説明できますが、「なぜ」その自然の仕組みが「くれない」を選んだかは説明できません。

 花の根元には、自然の仕組み以上の愛があります。桜をくれないに咲かせ、桜とわたしたちの目から涙をこぼさせる愛があります。

 花を咲かせるこの愛は、わたしたちにいのちを与え、わたしたちがともに生きる世界を創ってくださいました。新約聖書のヨハネによる福音書は、これを「言」と呼びます。

 「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった」。

 「言」を「愛」と置き換えてみましょう。

 初めに愛があった。愛が神と共にあった。愛は神であった。

 わたしたちやわたしたちの生きる根源には、神の愛があるのです。わたしたちのいのちを咲かせてくれる神の愛があるのです。その愛はいつも神と一緒にあります。その愛は、まさに、神そのものなのです。

nice!(0) 

《創造者に導かれる旅》その72 「神さまは、試さなくても、わたしたちの間におられます」 [希望と慰めの言葉]

《創造者に導かれる旅》その72 「神さまは、試さなくても、わたしたちの間におられます」

出エジプト記17:7 彼は、その場所をマサ(試し)とメリバ(争い)と名付けた。イスラエルの人々が、「果たして、主は我々の間におられるのかどうか」と言って、モーセと争い、主を試したからである。

※神さまが本当におられるのなら世界にこんなひどいことは起こらないはずだ、神さまが本当におられるのならわたしにこうしてくださったはずだ。わたしたちは、ときにそのような気持ちをもってしまいます。三千年前、イスラエルの人びとは荒れ野の旅の厳しさに、神は本当にいるのか、いるなら飲み水を与えてくれるはずだ、と訴えました。けれども、そのように神さまを試すことは、神さまと争うことでもありました。その二千年後、御子イエスは「インマヌエル」(神さまが私たちとともにいてくださる)と呼ばれました。神さまは、試さなくても、たしかにわたしたちとともにいてくださるのです。

今週の祈り「神さま、御子イエス・キリストのお生まれによって、あなたのおられる天と、わたしたちが生きる地がつながり、こうして、わたしたちは、天のあなたに祈ることが許されています。まことにありがとうございます。神さま、今日、あなたの「言」は、御子イエス・キリストとして、聖霊として、愛として、わたしたちの心に、そして、わたしたちの間に宿ってくださいます。心より感謝申し上げます。神さま、今日、ここに集うわたしたち、洗礼を受ける友、そして、地上を歩むひとりびとりがあらためて、あなたの愛をゆたかに受け取ることができますように、お導きください。お生まれくださる御子イエス・キリストのお名前によってお祈り申し上げます。アーメン」

nice!(0) 

2017年12月24日 [週報]

2017年12月24日   待降節第4主日              No.39

前   奏   
招きの言葉
讃 美 歌  こども69
主の祈り    (お手元のクリアファイルをごらんください)
聖   書   ヨハネによる福音書1:1-14 (新約p.163)
子ども説教   
捧げもの(こどもたち)
讃 美 歌  こども24-1「いまそなえる」
祝   福
詩編交読   52編
讃 美 歌   21-247
信仰告白   (お手元のクリアファイルをごらんください)
祈   祷
説   教   「神が人の間に宿られた」 林巌雄牧師
今週の祈り
献   金
祈   祷   
讃 美 歌   21-67
洗 礼 式
讃 美 歌   21-81
聖 餐 式
讃 美 歌   二編219
頌   詠   一編541
祝   祷
後   奏
報   告       
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本日の集会: 7:00am 開堂 7:30am 朝礼拝 9:30am 聖書の学び 
10:00am 中高生礼拝 

礼拝後:クリスマス祝会、16時・コンサート、18時・クリスマスイブ燭火礼拝

今週の集会 聖書と祈りの会 水曜日 7:00pm  土曜夕礼拝 7:00pm 

来週の主日礼拝 12月31日(日)  降誕節第1主日  
☆ 聖書 ルカ2:22-38 詩編53編
☆ 説教 「全ての人の救い主」 林巌雄牧師
☆ 讃美歌 こども75、21-268、21-246、二編219、一編541
☆ 9:30am 聖書の学び 10:00am 中高生礼拝
☆ 
報   告
☆本日の礼拝で、〇さんと〇さんが洗礼を受けられます。まことにおめでとうございます。
☆御子イエス・キリストのご降誕に込められた神さまの恵みに感謝し、また、神さまの愛を伝える教会の働きがゆたかになされるために、心を込めてクリスマス献金をささげましょう。
☆主日(毎日曜日)の午前7時半から8時まで朝礼拝を開きます。また7時に礼拝堂を開けますので、7時半まで、自由に黙祷してください。
☆受け付けのお祈りカード(黄色の紙)に記入して、礼拝堂の聖書棚の下にある木箱に入れてください。わかちあいのお祈りがある週は、受付か献金当番の係りが木箱からカードをとり出し、牧師に渡してください。

これからの主な予定  1月7日 役員会(教会運営委員会)、クリスマス片づけ
1月14日   祈祷会、キリスト教を学ぶ会 1月21日  マリアの会、オリーブの会
1月28日   献堂記念日

先週集会報告 礼拝(17日)40名   中高生礼拝(17日)3名 
聖書の学び(17日)6名  聖書と祈りの会(20日)5名  土曜夕礼拝(16日)7名

nice!(0)