So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

荒れ野にも神さまが [こども説教]

子ども説教20180218 

「荒れ野にも神さまが」 マルコ1:12-15

 皆さん、おはようございます。イエスさまが荒れ野に行きました。荒れ野は、砂漠みたいに、太陽がとても暑くて、水や食べ物がほとんどない厳しいところだと思います。

 イエスさまはそんなところに四十日間もおられました。けれども、神さまの霊が一緒にいてくださいました。目には見えないけれども、神さまが一緒にいてくださったのです。
荒れ野には恐ろしい野獣もいましたが、天使たちがイエスさまを守ってくれました。つまり、神さまがイエスさまを怖い野獣から守ってくださったのですね。

 四十日たって、イエスさまは荒れ野から町に戻ってきました。そこもまた、悪い王がいる厳しいところでした。けれども、イエスさまは荒れ野でも神さまが一緒にいてくださることがわかったので、町でも、目に見えないけれども、神さまが一緒にいてくださる守ってくださることを信じて、「神さまの国が近づいた」と言われました。「いまこそ、神さまがここにきてくださった。それを信じよう」と言われたのです。

 わたしたちも、毎日の生活の中で、荒れ野や悪い王のいる町で起こるような、苦しいこともありますが、目には見えないけれども、神さまがいっしょにいてくださることを信じたいと思います。

nice!(1) 

nice! 1