So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

《使徒書の御言葉》その76「神さまはイエス・キリストを通して、うれしい知らせをわたしたちにもたらしてくださいます」 [希望と慰めの言葉]

《使徒書の御言葉》その76「神さまはイエス・キリストを通して、うれしい知らせをわたしたちにもたらしてくださいます」

ローマの信徒への手紙16:25 神は、わたしの福音すなわちイエス・キリストについての宣教によって、あなたがたを強めることがおできになります。この福音は、世々にわたって隠されていた、秘められた計画を啓示するものです。16:26 その計画は今や現されて、永遠の神の命令のままに、預言者たちの書き物を通して、信仰による従順に導くため、すべての異邦人に知られるようになりました。

※福音とは「神さまがわたしたちと一緒にいてくださる」といううれしい知らせのことです。これは、創世記から始めて預言者にいたる旧約聖書の各書にも記されていますが、イエス・キリストを通して、明るみに出ました。なぜなら、イエス・キリストは、神さまがわたしたちとともにいてくださるインマヌエルのお姿だからです。聖書を読むひとつのコツは、どの箇所でも「神さまがともにいてくださるといううれしい知らせ」を見つけようとすることです。聖書は、金太郎飴のように、どこを切っても、インマヌエル(「神がともにおられる」)というメッセージが散りばめられています。

今週の祈り「神さま、嵐の中で、祈りへと招いてくださり、心から感謝申し上げます。わたしたちの乱れる心を、どうぞ、シャローム(平安)で満たしてください。神さま、わたしたちに和解をもたらせてください。恐れを信頼に変えてください。神さま、わたしたちの家族をあなたの御手でお癒しください。家族に寄り添う者も、あなたの強い御手でお支えください。神さま、若い人びとの前に広い道を切り開いてください。主イエス・キリストのお名前によって、この祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(0) 

nice! 0