So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「友だちとイエスさま」 [こども説教]

子ども説教20180204 
   「友だちとイエスさま」 マルコ2:1‐12
 
 皆さん、おはようございます。二千年の昔、ユダヤの国のあるところに、体が動かなくなってしまった人がいました。けれども、四人の友だちは、なんとかその人を助けたいと思いました。

 そこで、イエスさまのところに連れていくことにしました。ところが、その家に行ってみると、人がたくさんいて、イエスさまのいる奥まで、その人を連れていくことができません。

 けれども、四人の友だちはその人をなんとか助けたいと必死でした。そこで、その人を乗せた板を屋根の上にまで持ち上げ、屋根に穴をあけて、そこから、その板ごとその人をイエスさまの前に降ろしたのです。

 イエスさまはこれを見て、この人たちの信仰はすばらしいと言われました。信仰とは何のことでしょうか。

 信仰とは、ひとつは、この人を何とか助けたいと必死に祈り、必死に行動する四人の友だちの気持ちのことです。

 もうひとつは、どんなに難しいことでも、イエスさまなら何とかしてくださる、イエスさまならなんとか助けてくださると信頼する心、それが信仰なのです。

nice!(0) 

nice! 0