So-net無料ブログ作成
検索選択

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(56)「死んでしまった大切な人はお墓の中ではなく、すぐ近くに生きつづけています」 [聖書の話を身近な経験に置き替えてみた]

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(56)「死んでしまった大切な人はお墓の中ではなく、すぐ近くに生きつづけています」

 「千の風になって」という歌が大ヒットしました。お墓の前で涙を流す人に向かって、死んだ人が、わたしはここにはいません、ここで眠っているのではありません、空の風に、あるいは、秋の光、冬の雪、朝の鳥、夜の星になって、あなたと同じ世界、さらに言えば、あなたのすぐ近くにいます、と歌うのです。

 NHKの朝のドラマの「ごちそうさん」では、おばあちゃんは死んだ後、糠床(ぬかどこ)となって、主人公に寄り添いつづけます。ゲゲゲの鬼太郎のお父さんも死んだ後、鬼太郎の目玉になって、鬼太郎を支え続けます。死者は、大切な人は、生きている人の、いわば、日常に生き続けているのです。

 聖書によりますと、イエスが死んで埋葬された翌々日、今で言えば、日曜日の朝、イエスと親しくイエスを大切に思っていた女性たちが墓に行きます。すると不思議なことに、墓穴を塞ぐ石がとりのけられ、さらには、天使があらわれ、こう言います。「あの方は、ここにはおられない」。

 では、どうしたのかというと、「復活した」と言います。そして、「ガリラヤに行った」と言います。ガリラヤとは、じつは、イエスが人びとと親しく過ごした日常の場でした。イエスはそこで人びとと話をし、飲み食いをともにしたのです。ガリラヤは日常生活の場でした。イエスが復活した、ということは、イエスが親しい人びと、大切な人びとの日常の場に生きている、ということを意味しているのです。

 女性たちが、これはとてもうれしいことだ、他の人びとにも伝えよう、と走り出すと、行く手にイエスがあらわれて、「おはよう」と言います。

 復活などと言えば、信じがたい超自然現象、非日常のことがらのはずなのに、イエスがさりげなく「おはよう」と声をかけてくるとは、なんとのどかなことでしょうか。

 「死んだ人が生き返った」などという話は、たしかに信じがたいのですが、わたしたちは、「おじいちゃんは天から見守っていてくれる」とか「おかあさんはもう目には見えないけれども、いっしょにいて支えていてくれる」などという感覚にはそんなに違和感はありません。イエスのまわりの人たちは、復活という言葉や物語で、どのような実感を伝えようとしたのでしょうか。

nice!(0) 

《創造者に導かれる旅》その55「頭と心にのしかかる重い石が取り除かれる日が今日訪れます」 [希望と慰めの言葉]

《創造者に導かれる旅》その55「頭と心にのしかかる重い石が取り除かれる日が今日訪れます」

出エジプト記 6:6 わたしは主である。わたしはエジプトの重労働の下からあなたたちを導き出し、奴隷の身分から救い出す。腕を伸ばし、大いなる審判によってあなたたちを贖う。6:7 そして、わたしはあなたたちをわたしの民とし、わたしはあなたたちの神となる。

※三千年の昔、イスラエルの人々はエジプトで奴隷とされ、重労働で苦しめられていました。けれども、神さまは民をそこから引き上げ、解放してくださいました。こうして、神と民は「わたしとあなた」という深い信頼関係に入ったのです。イエスさまは、十字架につけられ、息を引き取り、暗い墓に閉じ込められました。けれども、神さまは墓石を取り除き、イエスさまを光のなかへと引き上げ、解き放たれました。わたしたちにも、暗い窮屈な部屋から、外へと導き出される日がきっとやってきます。頭と心にのしかかる重い石が取り除かれる日がきっときます。いや、もうその日は来ています。それが、イースター、イエスさまの復活の日なのです。

今週の祈り「主イエス・キリストを復活させた神さま、わたしたちをも復活させてくださり、心より感謝をいたします。こうして祈りによって、あなたの前に招かれ、あなたと結ばれるとき、わたしたちはあなたから湧き出るいのちをいただき、あなたにあっていかされる者へと復活させられます。ほんとうにありがとうございます。神さま、闇に苦しむ人、出口を求めている人、心身の平安を渇望していている人、平和と正義と愛を切に望む人びと、春を待ち望む人びとの祈りに、どうぞ、お答えください。イエス・キリストとともにあなたを仰ぎつつ、このお祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(1) 

2017年4月16日 [週報]

2017年4月16日  復活日                   No.3

前   奏   
招きの言葉
讃 美 歌  こども86
主の祈り    (お手元のクリアファイルをごらんください)
聖   書   ヨハネによる福音書20:1-18 (新約p.209)
子ども説教   
捧げもの(こどもたち)
讃 美 歌  こども24-1「いまそなえる」
祝   福
詩編交読   詩編13
讃 美 歌   21-333
信仰告白   (お手元のクリアファイルをごらんください)
祈   祷
説   教   「もう泣かなくてもいい」 
今週の祈り
献   金
祈   祷
転 入 式
讃 美 歌   「主イエス・キリストよ」
聖 餐 式
讃 美 歌   21-326
頌   詠   一編 541
祝   祷
後   奏
報   告      
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本日の集会:9:30am 聖書の学び    10:00am 中高生礼拝
 礼拝後:イースター祝会

今週の集会 聖書と祈りの会 水曜日   土曜夕礼拝 7:00pm 

来週の主日礼拝 4月23日(日)  
☆ 聖書 マタイ28:1-10  詩編14
☆ 説教 「おはよう」 林巌雄牧師
☆ 讃美歌 こども88、21-325、21-390、21-326、一編541
☆ 9:30am 聖書の学び 10:00am 中高生礼拝
☆ 礼拝後: 昼食会、教会総会

報   告
☆本日のイースター礼拝で、さんの転入式が行われます。お祈りください。
☆次週23日の定期総会には教会員の方はなるべくご出席ください。欠席の方は委任状を提出してください。教会員でない方の陪席も歓迎いたします。

【公示】2017年度の蒲田教会定期総会を4月23日(日)午後1時より開催いたします。2016年度の諸報告、会計報告、2017年度の計画、活動方針、予算などが審議されます。各会担当の方は4月2日までに報告書を牧師までお出しください。

これからの主な予定 4月23日 2017年度蒲田教会総会、4月30日 役員就任式
5月7日 役員会(教会運営委員会)5月14日 祈祷会、キリスト教を学ぶ会
5月21日 マリアの会、オリーブの会
5月28日 教会協議会「今年度教会テーマと活動方針について」

先週集会報告 礼拝(9日)43名 中高生礼拝(9日)4名 聖書の学び(9日)7名   聖書と祈りの会(12日)7名 土曜夕礼拝(8日)6名

nice!(1) 

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(55)「冬枯れと思っていた景色の中には、じつは、紅や黄の花を咲かせるいのちが通っています」 [聖書の話を身近な経験に置き替えてみた]

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(55)「冬枯れと思っていた景色の中には、じつは、紅や黄の花を咲かせるいのちが通っています」

 庭にシャクヤクが咲いた、と思ったら、どうもボタンのようです。去年の秋にいただいて、さっそく植えてみたのですが、どんどん葉が落ちて、枝も簡単にポキポキ折れるくらいに枯れてしまいました。もう引っこ抜いてしまおうと思いましたが、まあ、完全に枯れ果ててしまうまではとりあえずそのままにしておこうと思い直しました。

 すると、まあ、なんということでしょう。2月には枯れた枝に交じって、幹から芽が吹き、葉が広がり、3月にはつぼみを膨らませ、この4月、ついに花を咲かせたのです。枯れてしまった、大地から水も養分も通わせなくなってしまったと思ったら、じつは、生きていたのです。

 そう言えば、薄紅色の桜の花も、ぼきぼき折れそうな褐色の枝や樹皮が剥がれそうな漆黒の幹の中から、突如噴き出してきます。冬枯れの山吹の茶色の幹や枝も、やや緑づいたかと思うと、黄色の点をいくつも浮かび上がらせます。庭の芝生も、ゴザのようなわら色になった表面に、裏から少しずつ刺繍をほどこすかのように、薄緑の芽を現してきます。死んでしまったと思われるような冬景色は、その奥にいのちを灯し続けていたのです。
 
 聖書によりますと、イエスは十字架につけられ、死んで、墓に埋葬されました。イエスを自分のよりどころと慕っていたマグダラのマリアが墓に行きますが、石がとりのけられ、イエスの遺体はそこにありませんでした。

 マリアは、自分の大切なイエスがどこかに連れ去られてしまった、イエスは自分を置いてどこか遠くに行ってしまった、と悲嘆にくれ、ひたすらイエスを探し求めます。イエスはどこかに行ってしまった、一体どこに行ってしまったのか、と叫びながら。

 とその時、誰かの気配がします。ふりかえってみると、たしかに人がいました。墓地の管理人です。管理人は「どうして泣いているのですか」と尋ねます。マリアは、「いのちより大切な人、わたしの根本のよりどころがわたしを置いてどこかに行ってしまったのです」と答えます。

 すると、管理人は「マリア」と呼びかけます。よく知っている声、懐かしい声、そして、やさしさに満ちた声でした。マリアは「先生」と答えます。管理人だと思ったら、イエスだったのです。

 自分を置いてどこか遠くに行ってしまったと思ったら、大切な人は、じつはすぐ近くにいたのです。死んでしまったと思ったら、大切な人は、じつは、生きていたのです。マリアは、死は終わりではなく、死は死でなく、死を越えたいのち、死を越えた永遠のつながりがあることを知ったのです。

nice!(1) 

2017年4月9日 [説教動画]

2017年4月9日 説教「見捨てられる救い主」

https://www.youtube.com/watch?v=uzejv5wvt-g
nice!(1) 

《使徒書の御言葉》その54「神さまの愛に感謝しつつ、自分も人を愛せますようにと心の奥で祈り続けることこそが神さまへのささげものです」 [希望と慰めの言葉]

《使徒書の御言葉》その54「神さまの愛に感謝しつつ、自分も人を愛せますようにと心の奥で祈り続けることこそが神さまへのささげものです」

ローマの信徒への手紙12:1 こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です。

※わたしたちは神さまに無条件で愛されているのですから、それへの感謝の気持ちとして、少しでも隣人を愛することができるように祈りたいと思います。隣人を愛することは難しいのですが、そうさせてくださいと祈りたいと思います。自分の考えとは違っても、少しでも相手の気持ちを汲み、それを尊重するような姿勢で、自分以外の人びとと交わることができますようにという祈りを持ちたいのです。「自分の体」、自分の思いだけにこだわるのではなく、相手のことを想い、相手を大切にしたいと祈るのです。そのような祈りに基づいた生き方、いや、そのような生き方を慕う、目に見えない通底の祈り、根本姿勢こそが「なすべき礼拝」であり「聖なる生けるいけにえ」ではないでしょうか。

今週の祈り「神さま、わたしたちは人間や組織の頑なな姿勢や配慮のない態度に深く傷つき、幾日も苦しみ続けます。けれども、神さま、そのようなときも、あなたは祈りに招いてくださいます。心より感謝申し上げます。神さま、傷ついた心と体をお癒しください。体調が良い方向に向きますように。神さま、礼拝や聖書の学びや祈りをこれからも積み重ねていくことができますように。神さま、高齢の家族が一日一日をおだやかに過ごすことができますように。遠方の悩める友をどうぞお救いください。神さま、わたしたちの振り上げた剣を鋤(すき)にうち変えてください。イエス・キリストとともにあなたを仰ぎつつ、このお祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(0) 

2017年4月9日 [週報]

2017年4月9日  受難節第6主日              No.2

前   奏   
招きの言葉
讃 美 歌  こども85(1,2,6)
主の祈り    (お手元のクリアファイルをごらんください)
聖   書   マタイによる福音書27:32-56 (新約p.57)
子ども説教   
捧げもの(こどもたち)
讃 美 歌  こども24-1「いまそなえる」
祝   福
詩編交読   詩編12
讃 美 歌   21-298
信仰告白   (お手元のクリアファイルをごらんください)
祈   祷
説   教   「見捨てられる救い主」 
今週の祈り
讃 美 歌   21-303
献   金
祈   祷
讃 美 歌   21-297
頌   詠   一編 541
祝   祷
後   奏
報   告       
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本日の集会:9:30am 聖書の学び    10:00am 中高生礼拝
礼拝後:祈祷会、キリスト教を学ぶ会

今週の集会 聖書と祈りの会 水曜日   土曜夕礼拝 7:00pm 

来週の主日礼拝 4月16日(日)  復活日(イースター) 聖餐式、転会式
☆ 聖書 ヨハネ20:1-18  詩編13
☆ 説教 「もう泣かなくてもいい」 林巌雄牧師
☆ 讃美歌 こども86、21-333、「主イエス・キリストよ」、21-326、一編541
☆ 9:30am 聖書の学び 10:00am 中高生礼拝
☆ 礼拝後: イースター祝会

報   告
☆本日12時15分くらいより「キリスト教を学ぶ会」を開きます。これは、若い世代とそれ以外の世代、教会生活の長い人びととそうでもない人びとが、キリスト教のついて、ともに学び語りあう会です。本日のテーマは「礼拝」です。ぜひご参加ください。
☆次週4月16日のイースター礼拝で、さんの転入式が行われます。お祈りください。なお、洗礼を受けることをお考えの方は、牧師にご相談ください。
☆23日の定期総会には教会員の方はなるべくご出席ください。欠席の方は委任状を提出してください。教会員でない方の陪席も歓迎いたします。
☆15日(土曜日)午前11時より、イースターエッグをゆで、ラッピングをします。お時間のある方は、お手伝いをお願いいたします。

【公示】2017年度の蒲田教会定期総会を4月23日(日)午後1時より開催いたします。2016年度の諸報告、会計報告、2016年度の計画、活動方針、予算などが審議されます。各会担当の方は4月2日までに報告書を牧師までお出しください。

これからの主な予定 4月23日 2017年度蒲田教会総会、4月30日 役員就任式
5月7日 役員会(教会運営委員会)5月14日 祈祷会、キリスト教を学ぶ会
5月21日 マリアの会、オリーブの会
5月28日 教会協議会「今年度教会テーマと活動方針について」

先週集会報告 礼拝(2日)40名 中高生礼拝(2日)5名 聖書の学び(2日)7名   聖書と祈りの会(5日)7名 土曜夕礼拝(8日)6名

nice!(0) 

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(54)「神に見捨てられたと叫ぶ人によって、かえって、神とのきずなが取り戻される」 [聖書の話を身近な経験に置き替えてみた]

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(54)「神に見捨てられたと叫ぶ人によって、かえって、神とのきずなが取り戻される」

 とても嫌なことがあり、傷つき苦しんでいるときに、「気にしない方がいいよ」とか「忘れてしまった方がいいよ」と声をかけてもらうのは、とても感謝すべきことです。けれども、わたしたちは、押しつぶされるような痛みを気にしないようにして気にしなくなったり、心が張り裂けそうな傷みを忘れようとして忘れてしまったりすることは、なかなかできないのではないでしょうか。お酒やテレビやネットやおしゃべりなどでその間だけは、そして、心の表面だけは、まぎらわせることができるかもしれませんが。

 「それは、ほんとうに苦しいよね」「それは、ひどいめに遭ったね。それは、すごく傷つくよね」。とても苦しいときは、このような言葉をかけてもらい、心の痛みが少し和らぐことがないでしょうか。

 映画やドラマで、海に向かって「ばかやろう」と叫んでいる人がいたとき、別の人が出てきて、「そんなことはやめなさい」と言うより、一緒になって「ばかやろう」と叫んでくれる方が、心が慰められるのではないでしょうか。

 悲しい音楽や物語に触れるとき、こちらも悲しくなりながらも、そのことによって、かえって、こちらが以前から抱えていた悲しみが愛おしく感じられることがないでしょうか。

 聖書によりますと、イエスは権力者たちに捕まえられ、尋問され、侮蔑され、虐待を受け、十字架につけられ、息を引き取りました。「わが神、わが神、どうしてわれを見捨てたのか」と叫びながら。

 そして、これを目撃して、「ああ、この人は神の子だった」と強く感じた人びとがいました。その人びともまた「神に見捨てられた」というほどの苦しみを抱えていて、けれども、奇跡などを起こすことで神の子と呼ばれていたイエスもまた、万能ではなく、「神に見捨てられた」と叫ぶことで、自分たちの苦しみがわかってもらえた、ともに担ってもらえた、と痛いほどに感じたのではないでしょうか。

 そして、かつて神の子と呼ばれるほどに万能に見えた存在が自分たちと同様に「神に見捨てられた」と叫んでくれることによって、かえって、見捨てられたと思っていた神とのつながりが回復されたという、逆説的な救いを痛感したのではないでしょうか。

nice!(0) 

負けないいのちの詩48   「ただ、主にのみひれ伏せ」 [負けないいのちの詩]

負けないいのちの詩48   「ただ、主にのみひれ伏せ」

わたしは形がない
ただ火となって語る
わたしは形がない
ただ風となってささやく

あなたたちはわたしを
いかなる形にもしてはならない
人間の形にも、獣の形にも
鳥の形にも、動物の形にも
魚の形にもしてはならない

あなたたちはわたしにひれ伏すように
いかなるものの前でもひれ伏してはならない
人の前でも、金の前でも、
健康の前でも、地位の前でも、
人間関係の前でも、気分の前でも、
心に浮かぶ像の前でも
いかなるものの前でも
わたしにするように
ひれ伏してはならない

ただ、わたしにだけ
あなたたちはひれ伏せ

この川の向うに
緑の土地が広がっている

けれども、あなたたちは
この川を越えることはできない

けれども、あなたたちは
この川の向うをしかと見渡せ
緑の牧場を見渡せ

けれども、あなたたちの子らは
そこに入るだろう

子らに伝えよ
いかなる形にもひれ伏すな
いかなる像にもひれ伏すな
こころの像にもひれ伏すな
ただ、主にのみひれ伏せ

nice!(1) 

2017年4月2日 [説教動画]

2017年4月2日  主日礼拝 説教「仕える」 マタイ20:20-28 日本基督教団蒲田教会 牧師 林巌雄

https://www.youtube.com/watch?v=b3O6WWLm_Vg
nice!(0)