So-net無料ブログ作成
検索選択
希望と慰めの言葉 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

《創造者に導かれる旅》その57「この狭いところから、神さまは、きっと救い出してくださいます」 [希望と慰めの言葉]

《創造者に導かれる旅》その57「この狭いところから、神さまは、きっと救い出してくださいます」

出エジプト記 7:5 わたしがエジプトに対して手を伸ばし、イスラエルの人々をその中から導き出すとき、エジプト人は、わたしが主であることを知るようになる。」

※むかし、イスラエルの人びとは、奴隷としてエジプトに閉じ込められていました。けれども、旧約聖書の出エジプト記は、神さまがその門を開き、人びとを立ち上がらせ、そこから脱出させ、広くゆたかな土地へと導き出した、と語っています。わたしたちも、また、いまは狭いところから抜け出すことができないような状態にあるかも知れませんが、神さまはかならずここから導き出してくださることでしょう。かつて、人びとはこの救いのわざによって神を知りましたが、わたしたちは、聖書を通して、神は救い出してくださる方であることをすでに知っています。神さまがここから救い出してくださると信頼し、この信頼を希望とするのです。

今週の祈り「神さま、わたしたちの思いを静めてください。ただ、あなたの愛と平安で満たしてください。神さま、心身の調子を崩している友に、あなたの癒しの御手をお当てください。癒し、時が来れば、立たせ、歩ませてください。あなたがともにお歩きください。神さま、地上の旅を終えた方がたをあなたのもとに召し、あなたのいのちと平安で満たしてください。神さま、わたしたちが礼拝と聖書の学び、祈りを大切に保ち続けることができますようにお導きください。神さま、相手を大切にせず、打ち負かそうとし、暴力、暴言がふるわれるこの世界にあって、相手を尊び、理解し、支えようとし、耳を傾けあい、助け合い、あなたの平和の御国を目指しつつ、ともに歩む者へと、わたしたちを創りかえてください。イエス・キリストとともにあなたを仰ぎつつ、このお祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(1) 

《使徒書の御言葉》その56「信仰によって、自分はへりくだり、他者はとうとぶように導かれます」 [希望と慰めの言葉]

《使徒書の御言葉》その56「信仰によって、自分はへりくだり、他者はとうとぶように導かれます」

ローマの信徒への手紙12:3 わたしに与えられた恵みによって、あなたがた一人一人に言います。自分を過大に評価してはなりません。むしろ、神が各自に分け与えてくださった信仰の度合いに応じて慎み深く評価すべきです。12:4 というのは、わたしたちの一つの体は多くの部分から成り立っていても、すべての部分が同じ働きをしていないように、12:5 わたしたちも数は多いが、キリストに結ばれて一つの体を形づくっており、各自は互いに部分なのです。

※わたしたちは自分のその場の思いつきや、反対に長年の考え方にこだわってしまいがちです。けれども、それを絶対だと思いこまずに、他者の意見に耳を傾けたり、自分の考えを再検討したりする「慎み深さ」も大事でしょう。信仰とは、わたしと世界の唯一の根源であるお方の前で、弱く小さな自分は静まり委ね、同時に、他者を尊敬し、謙虚になることだからです。わたしたちひとりひとりは、神さまに創られ生かされ愛されている大事な存在ですが、すべてを判断したり行ったりする万能者ではありません。むしろ、それぞれのできることはとても小さいのです。けれども、キリストが結び目になってくださるとき、ばらばらではなく、キリストのひとつのお働きに用いられるのです。

今週の祈り「神さま、どうぞ、あなたの静けさでわたしたちを満たしてください。神さま、体や心に痛みと恐れを抱えている友がいます。どうぞ、あなたが、平安と慰めをお与えくださいますように。神さま、この世界に、権力や暴力、武力ではなく、人へのいたわり、思いやり、やさしい気持ち、愛が満ちあふれますように。イエス・キリストとともにあなたを仰ぎつつ、このお祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(0) 

《創造者に導かれる旅》その56「苦しみがどんなにかたくなであっても、神さまはかならずそこから救い出してくださいます」 [希望と慰めの言葉]

《創造者に導かれる旅》その56「苦しみがどんなにかたくなであっても、神さまはかならずそこから救い出してくださいます」

出エジプト記 7:3わたしはファラオの心をかたくなにするので、わたしがエジプトの国でしるしや奇跡を繰り返したとしても、7:4 ファラオはあなたたちの言うことを聞かない。わたしはエジプトに手を下し、大いなる審判によって、わたしの部隊、わたしの民イスラエルの人々をエジプトの国から導き出す。

※古代エジプトの王たちはファラオと呼ばれました。イスラエルの人びとはこのファラオが治めるエジプトで奴隷として苦しめられていました。神さまはこの人びとを解放するように、モーセにファラオと交渉させますが、王はかたくなです。おどろくべきことに、神さまが王の心をかたくなにしたと言うのです。神さまはどうして解放を妨げるように見えることをなさるのでしょうか。けれども、じつは神さまは解放を妨げるどころか促しておられます。イスラエルの人びとをエジプトから救い出すと宣言しておられます。わたしたちも苦しみがかたくなに続くと心がつぶれそうになることがあります。けれども、神さまは、そこから導き出す、と約束してくださいました。この約束こそが希望なのです。

今週の祈り「神さま、静けき祈りにお招きくださり、まことにありがとうございます。神さま、わたしたちの友と家族の心と体を、どうぞ、お守りください。どうぞ、お癒しください。神さま、いまにも倒れそうな友を、どうぞ、あなたの強い御手でしっかりとお支えください。神さま、横たわる友を、あなたの御手で起き上がらせてください。神さま、戦争を遠ざけてください。兵器を、軍備を退けてください。神さま、権力者たちに愛の心と民を第一にする崇高でへりくだった精神とを注いでください。イエス・キリストとともにあなたを仰ぎつつ、このお祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(0) 

《使徒書の御言葉》その55「神さまの御心とは、わたしたちがたがいに誠実にもてなし、仕え、愛しあうことです」 [希望と慰めの言葉]

《使徒書の御言葉》その55「神さまの御心とは、わたしたちがたがいに誠実にもてなし、仕え、愛しあうことです」

ローマの信徒への手紙12:2 あなたがたはこの世に倣ってはなりません。むしろ、心を新たにして自分を変えていただき、何が神の御心であるか、何が善いことで、神に喜ばれ、また完全なことであるかをわきまえるようになりなさい。

※「神の御心」「善いこと」「神に喜ばれること」「完全なこと」とはどんなことでしょうか。この数節先でパウロは、人間相互の愛、相手への尊敬、主に仕えること、希望、喜び、忍耐、祈り、旅人をもてなすように人を助けること、迫害者への祝福を祈ること、喜ぶ人と共に喜ぶこと、泣く人と共に泣くことなどを挙げています。神さまがわたしたちに願っておられること、神さまが善だと思っておられること、神さまが喜ばれ、神さまがこれは丸い円のように誠実なものだとお考えのこととは、こうしたことではないでしょうか。 

今週の祈り「神さま、あなたはわたしたちのまことの主です。まことの支えです。わたしたちはあなただけを根本の支えといたします。神さま、遠方の友を訪ねる者をお守りください。その友をお支えください。神さま、家族の健康をお支えください。神さま、イースターの恵みに、そして、穏やかな日々に感謝いたします。神さま、季節の変わり目です。ひとりひとりの体調をお守りください。神さま、難しいことにも不安に飲みこまれずに向かい合うことができますように。神さま、礼拝に集い、祈り、聖書を学ぶ人びとの心身をお守りください。神さま、横たわる友にあなたが強い御手を伸ばしてください。神さま、戦争が起こりませんように。戦争が終わりますように。軍備や力ではなく、愛と崇高な精神がこの世界を治めますように。イエス・キリストとともにあなたを仰ぎつつ、このお祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(0) 

《創造者に導かれる旅》その55「頭と心にのしかかる重い石が取り除かれる日が今日訪れます」 [希望と慰めの言葉]

《創造者に導かれる旅》その55「頭と心にのしかかる重い石が取り除かれる日が今日訪れます」

出エジプト記 6:6 わたしは主である。わたしはエジプトの重労働の下からあなたたちを導き出し、奴隷の身分から救い出す。腕を伸ばし、大いなる審判によってあなたたちを贖う。6:7 そして、わたしはあなたたちをわたしの民とし、わたしはあなたたちの神となる。

※三千年の昔、イスラエルの人々はエジプトで奴隷とされ、重労働で苦しめられていました。けれども、神さまは民をそこから引き上げ、解放してくださいました。こうして、神と民は「わたしとあなた」という深い信頼関係に入ったのです。イエスさまは、十字架につけられ、息を引き取り、暗い墓に閉じ込められました。けれども、神さまは墓石を取り除き、イエスさまを光のなかへと引き上げ、解き放たれました。わたしたちにも、暗い窮屈な部屋から、外へと導き出される日がきっとやってきます。頭と心にのしかかる重い石が取り除かれる日がきっときます。いや、もうその日は来ています。それが、イースター、イエスさまの復活の日なのです。

今週の祈り「主イエス・キリストを復活させた神さま、わたしたちをも復活させてくださり、心より感謝をいたします。こうして祈りによって、あなたの前に招かれ、あなたと結ばれるとき、わたしたちはあなたから湧き出るいのちをいただき、あなたにあっていかされる者へと復活させられます。ほんとうにありがとうございます。神さま、闇に苦しむ人、出口を求めている人、心身の平安を渇望していている人、平和と正義と愛を切に望む人びと、春を待ち望む人びとの祈りに、どうぞ、お答えください。イエス・キリストとともにあなたを仰ぎつつ、このお祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(1) 

《使徒書の御言葉》その54「神さまの愛に感謝しつつ、自分も人を愛せますようにと心の奥で祈り続けることこそが神さまへのささげものです」 [希望と慰めの言葉]

《使徒書の御言葉》その54「神さまの愛に感謝しつつ、自分も人を愛せますようにと心の奥で祈り続けることこそが神さまへのささげものです」

ローマの信徒への手紙12:1 こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です。

※わたしたちは神さまに無条件で愛されているのですから、それへの感謝の気持ちとして、少しでも隣人を愛することができるように祈りたいと思います。隣人を愛することは難しいのですが、そうさせてくださいと祈りたいと思います。自分の考えとは違っても、少しでも相手の気持ちを汲み、それを尊重するような姿勢で、自分以外の人びとと交わることができますようにという祈りを持ちたいのです。「自分の体」、自分の思いだけにこだわるのではなく、相手のことを想い、相手を大切にしたいと祈るのです。そのような祈りに基づいた生き方、いや、そのような生き方を慕う、目に見えない通底の祈り、根本姿勢こそが「なすべき礼拝」であり「聖なる生けるいけにえ」ではないでしょうか。

今週の祈り「神さま、わたしたちは人間や組織の頑なな姿勢や配慮のない態度に深く傷つき、幾日も苦しみ続けます。けれども、神さま、そのようなときも、あなたは祈りに招いてくださいます。心より感謝申し上げます。神さま、傷ついた心と体をお癒しください。体調が良い方向に向きますように。神さま、礼拝や聖書の学びや祈りをこれからも積み重ねていくことができますように。神さま、高齢の家族が一日一日をおだやかに過ごすことができますように。遠方の悩める友をどうぞお救いください。神さま、わたしたちの振り上げた剣を鋤(すき)にうち変えてください。イエス・キリストとともにあなたを仰ぎつつ、このお祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(0) 

《創造者に導かれる旅》その54「神さまはわたしたちの苦しみを見て、救いの約束をさらに固くしてくださいます」 [希望と慰めの言葉]

《創造者に導かれる旅》その54「神さまはわたしたちの苦しみを見て、救いの約束をさらに固くしてくださいます」

出エジプト記6:5 わたしはまた、エジプト人の奴隷となっているイスラエルの人々のうめき声を聞き、わたしの契約を思い起こした。

※3300年前、イスラエルの人々(ユダヤ人)はエジプトの国で、奴隷として重労働を強いられ、非常に苦しんでいました。けれども、神さまは人びとのうめき声を聞き逃すことなく、しっかりと耳を傾け、民の苦境に心を激しく傷め、民を導き、すばらしい土地に導き入れるという約束をあらためて固くなさいました。わたしたちも苦しみうめいていますが、神さまはたしかに聞いていてくださり、その苦しみをともに担ってくださいます(イエス・キリストの受難と十字架もそうです)。神さまは、どんなときでもわたしたちとともにいてくださり、この苦しみから救いへと導いてくださる、という約束をさらに強くしてくださるのです。

今週の祈り「わたしたちとともに苦しんでくださる神さま、あなたの御子イエス・キリストはわたしたちとともにうめきながら歩いてくださいます。この祈りのときも、まさに、あなたはわたしたちの言葉にならない叫びに耳を傾け、ともに苦悩してくださいます。まことにありがとうございます。たとえどんなに苦しくても、わたしたちは見捨てられているのではなく、あなたがともにいてくださり、茨の道を歩んでくださる、わたしたちはまさにこのことに救われます。これこそがまさにわたしたちの救いです。心より感謝いたします。イエス・キリストとともにあなたを仰ぎつつ、このお祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(0) 

《使徒書の御言葉》その53「神さまは理解の浅いわたしたちをお見捨てになることはありません」 [希望と慰めの言葉]

《使徒書の御言葉》その53「神さまは理解の浅いわたしたちをお見捨てになることはありません」

ローマの信徒への手紙「11:28 福音について言えば、イスラエル人は、あなたがたのために神に敵対していますが、神の選びについて言えば、先祖たちのお陰で神に愛されています。11:29 神の賜物と招きとは取り消されないものなのです」。

※キリスト教が生まれたころ、ユダヤ人(イスラエル人)の多くはイエスがキリスト(救い主)であるという福音(「神様からの良い知らせ」)を信じず、ときには激しい対立があったようです。けれども、パウロは、それだからユダヤ人は救われない、などとは言いません。むしろ、ユダヤ人がその時代よりもずっと以前から神さまに愛され神さまの民として苦難と救いの歴史を歩んできたことは取り消されることはないと言うのです。わたしたちも神さまやイエス・キリストをじゅうぶんには理解できない者ですが、それにもかかわらず、神さまはわたしたちを招き、ともにいて、支え、導いてくださり、愛の恵みを与え続けてくださるのです。

今週の祈り「神さま、わたしたちは苦しんでいますが、ご自身も苦しんで歩まれるイエス・キリストを通して、祈りをお聞きくださり、まことにありがとうございます。神さま、新しい出会いがあり、新しい仕事を始めた方々を、どうぞ、見守り、導き、お支えくださいますように、お願いいたします。神さま、夜は寝付きよく熟睡でき、朝、さわやかに力に満ちて目をさますことができますように。神さま、わたしたちひとりひとり、そして、家族、友人たちの心身をお癒しくださり、お守りください。神さま、礼拝と聖書の学び、祈りを守り続けることができますように、お支えください。神さま、誰かが誰かを力でねじ伏せることがなくなりますように。公平で平和で、ひとりひとりが主権者であることが守られますように。イエス・キリストとともにあなたを仰ぎつつ、このお祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(0) 

《創造者に導かれる旅》その53「神さまは苦しむわたしたちを見て、救いの約束をさらに固くしてくださいます」 [希望と慰めの言葉]

《創造者に導かれる旅》その53「神さまは苦しむわたしたちを見て、救いの約束をさらに固くしてくださいます」

出エジプト記6:4 わたしはまた、彼らと契約を立て、彼らが寄留していた寄留地であるカナンの土地を与えると約束した。6:5 わたしはまた、エジプト人の奴隷となっているイスラエルの人々のうめき声を聞き、わたしの契約を思い起こした。

※神さまはイスラエルの人びとに、彼らがゆたかに生きることのできる土地を与える、と約束していました。いまは寄留先の人びとに斥けられ虐げられているけれども、そのカナンがいつかきっと、ともに生きる土地になると。しかし、イスラエルの人びとは飢饉のさいにエジプトに避難し、やがて奴隷とされました。けれども、神さまは約束を忘れていたのではありません。奴隷となった人びとのうめき声を聞き、約束をさらに強くされたのです。わたしたちは楽になるどころかますます苦しくなっているような時がありますが、神さまはそれを知っていてくださり、わたしたちを救う約束をさらにたしかにしてくださるのです。

今週の祈り「神さま、わたしたちが苦しいとき、あなたはそこにいてくださり、祈りへとお招きくださいます。心より感謝いたします。神さま、大切な人びとの心身をお守りください。あなたがそばにいてお支えください。神さま、礼拝と祈り、聖書の学びを大切にし続けたいと切に祈っている友の祈りをお聞きください。神さま、課題を抱え、絡んだ糸をほぐしつつある友を、どうぞ、お導きください。神さま、新しい道を歩み始めた若い人びとを導いてください。神さま、わたしたちがこの地でたがいに労わりあい、助け合い、わかちあって生きていくために、愛と正義と平和の炎をわたしたちのなかに燃え上がらせてください。イエス・キリストとともにあなたを仰ぎつつ、このお祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(1) 

《使徒書の御言葉》その52「神さまはどの民族もどの個人も、決して斥けたりはなさいません」 [希望と慰めの言葉]

《使徒書の御言葉》その52「神さまはどの民族もどの個人も、決して斥けたりはなさいません」

ローマの信徒への手紙「11:1 神は御自分の民を退けられたのであろうか。決してそうではない。わたしもイスラエル人で、アブラハムの子孫であり、ベニヤミン族の者です。11:2 神は、前もって知っておられた御自分の民を退けたりなさいませんでした」。

※イスラエルの民(ユダヤ人)はイエスをキリストと信じなかったから、あるいは、イエスを十字架につけたから神から救われない、というような非常に深刻な誤解、あるいは悪意が、キリスト教の歴史の始まりから今日までなくなりませんが、二千年の昔、パウロは、「神はイスラエル人を退けていない」と明言しています。神さまはどの民族もどの個人も、決して斥けたりはなさいません。むしろ、ひとりひとりを愛し、救ってくださるのです。そこから斥けられる人はひとりもいません。

今週の祈り「主なる神さま、闇の中で祈るとき、あなたは一筋の光となり、わたしたちを照らしてくださいます。心より感謝申し上げます。神さま、あなたによる癒しを切に求め、あなたにできるだけ近づこう、離れまいとする友の祈りをお聞きください。神さま、重い課題を担った友がいます。どうぞ、あなたがともに背負ってくださいますように。そのことが友の慰めになりますように。神さま、家族と友のために祈り続ける友の祈りを、どうぞ、お聞きください。神さま、若者の旅をお支えください。道を開発してください。神さま、この世界と社会とわたしたちのなかに、他者を想像し、他者を思いやる、砕けた優しい霊を養ってください。イエス・キリストとともにあなたを仰ぎつつ、このお祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(0) 
前の10件 | 次の10件 希望と慰めの言葉 ブログトップ