So-net無料ブログ作成
今週の言葉 ブログトップ

主のいのちをともにわかちあう [今週の言葉]

 私たちは聖餐式で、姉妹兄弟とともにパンとぶどう酒をいただきますが、これにはどのような意味があるでしょうか。
 キリストは最後の晩餐でパンを取り、「これは、あなたがたのためのわたしの体である」(一コリント11:23)と言われました。パンはキリストの体です。つまり、キリストのいのちを意味します。そこにはキリストの愛が満ちあふれています。しかし、これはただ単にキリストの体であるばかりでなく、「あなたがたのための」キリストの体なのです。つまり、他ならぬこの私たちのためにキリストが与えてくださった体であり、いのちであり、愛であるのです。キリストは十字架にかかってその身をささげることで、罪ゆえに死んで滅びるしかなかった私たちに新しいいのちを与えてくださったのです。聖餐式のパンにはそのような意味があります。
 キリストはまた杯をとって「これは、多くの人のために流されるわたしの血」(マルコ14:24)と言われました。つまり、聖餐式のぶどう酒は、キリストが私たちの罪のために流してくださった血を現わすのです。血は本来、私たちが犯した罪の罰として流されるものです。キリストは私たちに代わって血を流してくださいました。しかし、罪のないお方が罪ある者に代わって血を流すことによって、罰としての血が救いとしての血となったのです。罪の罰としての死がいのちを与えるための死となったのです。
 それゆえに、聖餐式では「あなたがたは、このパンを食べこの杯を飲むごとに、主が来られるときまで、主の死を告げ知らせるのです」(一コリント11:26)と唱えられますが、この「主の死」とは、私たちが罪ゆえにキリストにもたらした死であると同時に、キリストが私たちを救ってくださる死、いのちを与える死であることを思い起こしたいと思います。つまり、聖餐式は単なる「主の死」ではなく「主の救いの死」「主の死と復活」を告げ知らせているのです。
 さて、このように私たちは聖餐式を通していただくキリストの体と血によって死から生へと引き上げられますが、私ひとりではなく「わたしたち」がキリストのいのちをいただくことも大事にしたいと思います。わたしたちはキリストの体に「あずかる」ばかりでなく、キリストの体を「わかちあう」のです。わたしたちは姉妹兄弟とともに等しくキリストの体にあずかっているのです。そして、キリストの体、キリストのいのちを等しくわかちあわせていただくことによって、それ以外のものも等しくわかちあうような生活にわたしたちは招かれているのです。
 使徒言行録には「信者たちは皆一つになって、すべての物を共有にし、財産や持ち物を売り、おのおのの必要に応じて、皆がそれを分け合った。そして、毎日ひたすら心を一つにして神殿に参り、家ごとに集まってパンを裂き」(2:44-46)とあります。「パンを裂き」とは聖餐式を思わせます。この記事は聖餐式と皆が一つになる生活が強くつながっていたことを示しているように思われます。


洗礼式の三つの側面 [今週の言葉]

 洗礼式には、1)受ける私たちが信仰告白をする 2)神様が私たちに新しいいのちを与えてくださる 3)教会に新しい枝が連なる、という三つの側面があります。
 成人の洗礼式では、洗礼を受ける人は使徒信条に基づいて信仰告白をします。「天地の造り主、全能の父なる神」への信仰、「人となり苦しみを受け、死んでよみがえられた神のひとり子、イエス・キリスト」への信仰、そして、聖霊への信仰、つまり三位一体の神様への信仰が告白されます。また、聖なる公同の教会に属し、罪が赦され、復活と永遠のいのちを与えられるという信仰も告白されます。
 この意味では洗礼式には私たちがキリスト教信仰を告白する側面がありますが、洗礼式の中心である洗礼そのものは神様の業であることを忘れてはなりません。信仰告白は洗礼の条件でありますが、信仰告白も神様に導かれてなされるという意味では、洗礼において現われる神様の恵みに支えられているということもできるでしょう。
 さて、洗礼は水の中に全身を沈めることで古い自分、ただ滅び行く罪人である自分が一度死ぬことであり、同時に、水の中から浮かび上がることで、罪が赦され、新しい自分、赦された罪人としてもう一度生かされることを現わしています。
 それはキリストの恵みによってなされます。なぜなら、「わたしたちはキリスト・イエスに結ばれるために洗礼を受けた」(ローマ6:3)からです。つまり、洗礼とは私たちがキリストと結ばれることであり、「キリストと共に葬られ、その死にあずかる」(6:4)ことであり、さらには、「復活の姿にもあやかれる」(6:5)だからです。
 言い換えますと、私たちが洗礼において死んで生きることができるのは、キリストがすでに十字架にかかって死に、そこから復活してくださったからなのです。洗礼を受けるということは、私たちが十字架と復活のキリストと一体にしていただくことです。洗礼を授かるということは、私たちはひとりで死んでひとりで滅びるのではなく、キリストとともに死んで、キリストとともに生かされる、という恵みにあずかることなのです。
 最後に、ひとりの人の洗礼は教会全体の喜びです。なぜなら、教会はキリストの体であり、洗礼を受ける人がキリストと一体になることは、キリストの体である教会に枝として連なることだからです。
イースターやクリスマスなどの礼拝で姉妹や兄弟の洗礼式があることによって、教会とそれにつらなる私たちは、キリストとともに古い自分が死に、キリストともに自分が新しくされる恵みをあらためて受け取ることができるのです。


イエス様とともに神様に愛される [今週の言葉]

 イエス様はバプテスマのヨハネから洗礼を受けられました。洗礼は神様に罪を赦され、新しく生まれ変わって生きることを意味しますが、神の子イエス様にも罪があったのでしょうか。神様が私たち人間と同じ「肉」を引き受け、人間の子として生まれてくださったのがイエス様であるならば、イエス様は私たちと同じ罪をもその身に引き受けてくださったのではないでしょうか。
 洗礼者ヨハネのもとには、たくさんの人々が集まったと言います。この人々は「悔い改めよ。天の国は近づいた」(マタイ3:2)というヨハネの呼びかけに応じて、罪を告白し、洗礼を受けたのです。イエス様も洗礼を受ける時、この人々と同じ立場に立たれたのではないでしょうか。神様中心、隣人中心ではなく、自己中心となり、また、神様を完全に信頼することができず、時に神様のみ心から離れたことをなし、そして、隣人を赦すことができず、傷つけてしまう、そのような罪深い私たちとともに悔い改めて、罪を告白し、神様の国を受け入れようとされたのではないでしょうか。イエス様は私たちとともに罪を担うために、そして、罪を赦されるために洗礼を受けられたのです。
 さて、イエス様が洗礼を受け、水の中から上がられた時、「天が開き」、「神の霊が降って来た」((3:16)と言います。そして、「これはわたしの愛する子、わたしの心に適うもの」(3:17)という声が天から聞こえたと聖書は記しています。
 これは、洗礼を受けたイエス様が神様の国に受け入れられたことを示しているのではないでしょうか。「天が開く」とは神様の国の門がイエス様に向かって開かれたことを示し、天から神の霊が降るとは、神様の国と私たちの間に通路ができたということではないでしょうか。
イエス様は私たちと同じ立場に立ち洗礼を受けて下さいました。つまり、私たちの罪深い姿は洗礼を受けるイエス様という一点に絞られていったのですが、逆に、イエス様に向かって天が開かれ聖霊が降る時、神様の国はイエス様という一点を通して、私たち全体へと開かれてきたのではないでしょうか。
 イエス様が洗礼において私たちと同じになって下さったことによって、私たちはイエス様が神様から受ける愛にともにあずかることができるのです。「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」という神様の声を、私たちはイエス様と一緒に聞くことが赦されているのです。


今週の言葉 ブログトップ