So-net無料ブログ作成

《使徒書の御言葉》その76「神さまはイエス・キリストを通して、うれしい知らせをわたしたちにもたらしてくださいます」 [希望と慰めの言葉]

《使徒書の御言葉》その76「神さまはイエス・キリストを通して、うれしい知らせをわたしたちにもたらしてくださいます」

ローマの信徒への手紙16:25 神は、わたしの福音すなわちイエス・キリストについての宣教によって、あなたがたを強めることがおできになります。この福音は、世々にわたって隠されていた、秘められた計画を啓示するものです。16:26 その計画は今や現されて、永遠の神の命令のままに、預言者たちの書き物を通して、信仰による従順に導くため、すべての異邦人に知られるようになりました。

※福音とは「神さまがわたしたちと一緒にいてくださる」といううれしい知らせのことです。これは、創世記から始めて預言者にいたる旧約聖書の各書にも記されていますが、イエス・キリストを通して、明るみに出ました。なぜなら、イエス・キリストは、神さまがわたしたちとともにいてくださるインマヌエルのお姿だからです。聖書を読むひとつのコツは、どの箇所でも「神さまがともにいてくださるといううれしい知らせ」を見つけようとすることです。聖書は、金太郎飴のように、どこを切っても、インマヌエル(「神がともにおられる」)というメッセージが散りばめられています。

今週の祈り「神さま、嵐の中で、祈りへと招いてくださり、心から感謝申し上げます。わたしたちの乱れる心を、どうぞ、シャローム(平安)で満たしてください。神さま、わたしたちに和解をもたらせてください。恐れを信頼に変えてください。神さま、わたしたちの家族をあなたの御手でお癒しください。家族に寄り添う者も、あなたの強い御手でお支えください。神さま、若い人びとの前に広い道を切り開いてください。主イエス・キリストのお名前によって、この祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(0) 

2018年2月11日 [週報]

2018年2月11日   降誕節第7主日              No.46

前   奏   
招きの言葉
讃 美 歌  こども10
主の祈り    (お手元のクリアファイルをごらんください)
聖   書   マルコによる福音書4:35-41 (新約p.68)
子ども説教   
捧げもの(こどもたち)
讃 美 歌  こども24-1「いまそなえる」
祝   福
詩編交読   詩編63編1-9節
讃 美 歌   21-8
信仰告白   (お手元のクリアファイルをごらんください)
祈   祷
説   教   「凪になった」 林巌雄牧師
今週の祈り
讃 美 歌   21-456
献   金
祈   祷
転 会 式
讃 美 歌   21-549
頌   詠   一編 541
祝   祷
後   奏
報   告       
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本日の集会: 7:00am 開堂 7:30am 朝礼拝 9:30am 聖書の学び 
10:00am 中高生礼拝 礼拝後:祈祷会

今週の集会 聖書と祈りの会 水曜日 7:00pm  土曜夕礼拝 7:00pm 

来週の主日礼拝 2月18日(日)  受難節第1主日  
☆ 聖書 マルコ1:12-15 詩編64 編
☆ 説教 「試練の時」 林巌雄牧師
☆ 讃美歌 こども34、21-8、21-284、21-289、一編541
☆ 9:30am 聖書の学び 10:00am 中高生礼拝
☆ 愛餐会、マリアの会、キリスト教を学ぶ会

報   告
☆次週、2月18日の礼拝後12時45分から13時30分まで「キリスト教を学ぶ会」を行います。キリスト教や聖書についてのやさしい学びの会です。どなたもご参加ください。
☆2月25日の礼拝後、教会協議会をします。テーマは「教会」で、聖書は教会を「キリストの体」と示していること、また、人間のなす組織としての教会について学び、皆で教会を支える思いをわかちあいたいと思います。正午~13時まで、おにぎりを食べながら進めます。ぜひご参加ください。

これからの主な予定  2月18日 愛餐会、マリアの会、キリスト教を学ぶ会  
2月25日   教会協議会    3月4日   聖餐式、役員会(教会運営委員会)
3月11日  祈祷会・キリスト教を学ぶ会 3月18日  マリアの会・オリーブの会 
3月25日  受難週

先週集会報告 礼拝(4日)39名   中高生礼拝(4日)4名 
聖書の学び(4日)7名  聖書と祈りの会(7日)5名  土曜夕礼拝(3日)7名

nice!(0) 

「心の嵐よ、黙れ、静まれ」  [こども説教]

子ども説教20180211 

「心の嵐よ、黙れ、静まれ」 マルコ4:35-41

 皆さん、おはようございます。イエスさまとお弟子さんたちが舟をこいで、湖を渡っていました。向こう岸に行こうとしていたのです。

 すると、突然すごい風が吹き始めました。大きな波が起こり、つぎつぎに舟に襲いかかります。舟はもう水浸しになってしまいました。皆、大騒ぎです。「助けて」と叫ぶ人もいます。

 ところが、イエスさまは、というと、なんと、ぐうぐう寝ていたのです。皆が大慌てなのに、イエスさまは安心して寝ておられたのです。

 けれども、弟子たちが「イエスさま、起きてください」と言うと、イエスさまは起き上がってくださいました。そして、風を叱りつけ、湖に「黙れ、静まれ」とおっしゃってくださいました。そしたら、嵐は止み、すっかり静かになりました。さっき寝ておられたイエスさまみたいに、みんな安心な気持ちになってしまいました。

 わたしたちは、いつも舟に乗っているわけではありませんね。でも、ときどき、心が嵐になることがあります。心に大きな風が吹き、大きな波が起こり、心が水浸しになることがあります。

 けれども、そんなときでも、目には見えないけれどもイエスさまが一緒にいてくださり、わたしたちの心の嵐に「黙れ、静まれ」と言ってくださると信じたいと思います。

nice!(0)