So-net無料ブログ作成

2018年2月4日 [週報]

2018年2月4日   降誕節第6主日              No.45

前   奏   
招きの言葉
讃 美 歌  こども9
主の祈り    (お手元のクリアファイルをごらんください)
聖   書   マルコによる福音書2:1-12 (新約p.63)
子ども説教   
捧げもの(こどもたち)
讃 美 歌  こども24-1「いまそなえる」
祝   福
詩編交読   詩編62編
讃 美 歌   21-7
信仰告白   (お手元のクリアファイルをごらんください)
祈   祷
説   教   「起きて、歩け」 林巌雄牧師
今週の祈り
2月の誕生者・召天者を覚えての祈り
献   金
祈   祷
讃 美 歌   21-72
聖 餐 式
讃 美 歌   21-456
頌   詠   一編 541
祝   祷
後   奏
報   告       
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本日の集会: 7:00am 開堂 7:30am 朝礼拝 9:30am 聖書の学び 
10:00am 中高生礼拝 礼拝後:役員会(教会運営委員会)

今週の集会 聖書と祈りの会 水曜日 7:00pm  土曜夕礼拝 7:00pm 

来週の主日礼拝 2月11日(日)  降誕節第7主日  
☆ 聖書 マルコ4:35-41 詩編63 編1-9節
☆ 説教 「凪になった」 林巌雄牧師
☆ 讃美歌 こども10、21-8、21-456、21-549、一編541
☆ 9:30am 聖書の学び 10:00am 中高生礼拝
☆ 祈祷会

報   告
☆2月18日の礼拝後、12時15分から「キリスト教を学ぶ会」を行います。キリスト教や聖書についてのやさしい学びの会です。

これからの主な予定  2月18日 マリアの会、キリスト教を学ぶ会  
2月25日   教会協議会

先週集会報告 礼拝(28日)40名   中高生礼拝(28日)4名 
聖書の学び(28日)7名  聖書と祈りの会(31日)6名  土曜夕礼拝(27日)9名

nice!(1) 

《創造者に導かれる旅》その75 「戒めよりも先に神さまの救いがあります」 [希望と慰めの言葉]

《創造者に導かれる旅》その75 「戒めよりも先に神さまの救いがあります」

出エジプト記 20:2 「わたしは主、あなたの神、あなたをエジプトの国、奴隷の家から導き出した神である。

※「十戒」はこの言葉から始まります。この言葉は戒めではなく、神さまの自己紹介です。そして、神さまがイスラエルの人びとを奴隷の地から救い出したことが述べられています。つまり、戒めを守った人びとが神さまによって救われたのではなく、神さまによって救われた人びとに戒めが与えられたのです。わたしたちは神さまの意に添うことをすれば救われ、意に添わないことをすれば救われないと考えがちですが、そうではないのです。神さまは、エジプトで奴隷にされていたイスラエルの人びとの苦しみを見たゆえに、救い出されたのです。戒めを守っていたからではないのです。戒めよりもさきに神さまの救いがある、この順序が非常に大切です。

今週の祈り「神さま、祈りの道へとお導きくださり、心より感謝を申し上げます。神さま、やりたいことをやる勇気、それを続けられる体力、精神力をお与えください。神さま、一歩前に進もうとする友を支え、その前に道を切り開いてください。神さま、闇の中にある友を、あなたがともしびとなって、照らしてください。神さま、あなたを信頼する者へと、暴言、暴力を手放す者へと、相手の気持ちをつねに考える者へと、わたしたちを成長させてください。主イエス・キリストのお名前によって、この祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(0) 

「友だちとイエスさま」 [こども説教]

子ども説教20180204 
   「友だちとイエスさま」 マルコ2:1‐12
 
 皆さん、おはようございます。二千年の昔、ユダヤの国のあるところに、体が動かなくなってしまった人がいました。けれども、四人の友だちは、なんとかその人を助けたいと思いました。

 そこで、イエスさまのところに連れていくことにしました。ところが、その家に行ってみると、人がたくさんいて、イエスさまのいる奥まで、その人を連れていくことができません。

 けれども、四人の友だちはその人をなんとか助けたいと必死でした。そこで、その人を乗せた板を屋根の上にまで持ち上げ、屋根に穴をあけて、そこから、その板ごとその人をイエスさまの前に降ろしたのです。

 イエスさまはこれを見て、この人たちの信仰はすばらしいと言われました。信仰とは何のことでしょうか。

 信仰とは、ひとつは、この人を何とか助けたいと必死に祈り、必死に行動する四人の友だちの気持ちのことです。

 もうひとつは、どんなに難しいことでも、イエスさまなら何とかしてくださる、イエスさまならなんとか助けてくださると信頼する心、それが信仰なのです。

nice!(0)