So-net無料ブログ作成

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(79) 「この世界はどこに行っても、神の家」 [聖書の話を身近な経験に置き替えてみた]

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(79)

「この世界はどこに行っても、神の家」

行ったことのない遠方に引っ越すことが不安でも、「同じ日本なのだから大丈夫」と思えば、気持ちが落ち着くこともあるでしょう。ほんとうは、それぞれの地に特徴があり、一緒くたにすることはできないにしても、同じアジアなのだから、同じ地球なのだから、さらには、同じ宇宙なのだから、と思って、安心しようとすることはできるでしょう。

たとえどんなところに行っても、お天道さまは見ていてくれる、お月さまは、お星さまは、と言い聞かせることも場合もあります。あるいは、天国のおばあちゃんは、おじいちゃんは、おふくろは、おやじは、ぼくがどこに行っても、見守っていてくれる、という思いを抱くこともあるでしょう。

言葉や食事、習慣、歴史、アイデンティティなど、とても大切ないくつものことが違っても、何かひとつ、根本的なことについて、これだけは変わらないと思えば、何かひとつ、変わらないものを見出すことができれば、ぼくたちは、そこに平安を見出すことができるのではないでしょうか。

聖書によりますと、イエスは12才のとき、旅の途中で親からはぐれます。親は心配してイエスを探し回ります。ようやく見つけたと思ったら、イエスは「どうしてわたしを捜したのですか。わたしが自分の父の家にいるのは当たり前だということを、知らなかったのですか」などと言います。

親の心、子知らず。呑気と言うか、生意気と言うか。けれども、イエスは、12才にして、神が自分たち人間の父なら、この世界は父の家ではないか、ならば、世界のどこにいても、父の家の中にいるのには変わりがない、と感じていたのかも知れません。

30才くらいになって、イエスは「神の国は近づいた」と世の中にアナウンスし始めます。この世界は神が創った世界だ、この世界は神のものだ、神が治め、神が見守り、神がいつも一緒にいてくれる世界なのだ、神は目には見えないけれども、そのことに気がつこう、そのことを破れたように見える世界を生きるための根本の支えにしよう、とイエスは呼びかけたのではないでしょうか。

イエスの中心にあるこの世界観は、少年のころ、すでに育ちつつあったのかも知れません。
nice!(0) 

《創造者に導かれる旅》その73 「神さまはわたしたちに誠実で、わたしたちをご自分の宝としてくださいます」 [希望と慰めの言葉]

《創造者に導かれる旅》その73 「神さまはわたしたちに誠実で、わたしたちをご自分の宝としてくださいます」

出エジプト記19:4 あなたたちは見た/わたしがエジプト人にしたこと/また、あなたたちを鷲の翼に乗せて/わたしのもとに連れて来たことを。19:5 今、もしわたしの声に聞き従い/わたしの契約を守るならば/あなたたちはすべての民の間にあって/わたしの宝となる。

※神さまはエジプトで奴隷だったイスラエルの民を救い出し、きびしい荒れ野の旅をも導き、十戒が与えられるシナイ山まで連れて来られました。神さまはそれを「あなたたちを鷲の翼に乗せた」と言い表されました。そして、これから与えられる契約を守るならば、民を神さまの宝となさる、と言われました。じつは、民は神さまとの契約を守りきれませんでしたが、神さまは、どこまでも民に誠実で、けっして見捨てられませんでした。おなじように、わたしたちも神さまに不誠実ですが、神さまはわたしたちにどこまでも誠実でいてくださり、わたしたちは神さまの宝とされているのです。

今週の祈り「神さま、祈りなきわたしたちをこうして祈りへとお招きくださり、祈りをお与えくださり、まことにありがとうございます。神さま、あたらしい年を迎えるわたしたちの信仰と希望と愛をあたらしくしてください。神さま、わたしたちがつねにあらたにあなたに聞き、あらたな恵みにあずかることができますように。神さま、若い人の前に喜ばしい道を切り開いてください。神さま、もっとも苦しんでいる友の、もっとも近くにいてください。神さま、対話と謝罪と赦しによって、わたしたちに平和を築かせてください。あなたのシャロームに誠実な者としてください。主イエス・キリストのお名前によって、この祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(0) 

2018年1月7日  [週報]

2018年1月7日   降誕節第2主日              No.41

前   奏   
招きの言葉
讃 美 歌  こども2
主の祈り    (お手元のクリアファイルをごらんください)
聖   書   ルカによる福音書2:41-52 (新約p.104)
子ども説教   
捧げもの(こどもたち)
讃 美 歌  こども24-1「いまそなえる」
祝   福
詩編交読   詩編54編
讃 美 歌   21-361
信仰告白   (お手元のクリアファイルをごらんください)
祈   祷
説   教   「世界は神の家」 林巌雄牧師
今週の祈り
1月誕生者・召天者を覚えての祈り
献   金
祈   祷
讃 美 歌   21-81
聖 餐 式
讃 美 歌   21-355
頌   詠   一編 539
祝   祷
後   奏
報   告      
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本日の集会: 7:00am 開堂 7:30am 朝礼拝 9:30am 聖書の学び 
10:00am 中高生礼拝 礼拝後:役員会(教会運営委員会)、クリスマス片づけ

今週の集会 聖書と祈りの会 水曜日 7:00pm  土曜夕礼拝 7:00pm 

来週の主日礼拝 1月14日(日)  降誕節第3主日  
☆ 聖書 マルコ1:1-11 詩編56編
☆ 説教 「あなたは私の愛する子」 林巌雄牧師
☆ 讃美歌 こども3、21-2、21-356、21-449、一編539
☆ 9:30am 聖書の学び 10:00am 中高生礼拝
☆ 祈祷会、キリスト教を学ぶ会、集会室のワックスがけ

報   告
☆新しい年になりました。神さまの祝福がさらにゆたかな一年になりますように。
☆本日、12時30分くらいからクリスマスツリーなどの片づけをします。役員会はそれが終わってから始めます。次週、13時くらいから、集会室のワックスがけをします。
☆御子イエス・キリストのご降誕に込められた神さまの恵みに感謝し、また、神さまの愛を伝える教会の働きがゆたかになされるために、心を込めてクリスマス献金をささげましょう。

これからの主な予定  1月21日  マリアの会、オリーブの会
1月28日   献堂記念日

先週集会報告 礼拝(31日)26名   中高生礼拝(31日)3名 
聖書の学び(31日)5名  聖書と祈りの会(日)名  土曜夕礼拝(30日)5名

nice!(0) 

「まずお話を聞きましょう」 [こども説教]

子ども説教20180107 
「まずお話を聞きましょう」 ルカ2:41-52 

 皆さん、おはようございます。皆さんは、勉強は好きですか。イエスさまは、勉強が好きだったようです。

 12歳の時、イエスさまは迷子になってしまいました。両親は一所懸命に探しました。すると、イエスさまは、学者さんたちと一緒にいたのです。そして、学者さんたちのお話を聞いたり、質問をしたりしていたのです。

 勉強をするには、まず教えてくれる人のお話を聞かなければなりません。お話を聞くのはじつは難しいことなのです。お話を聞いているようでぼーっとしてしまったり、ほかのことを考えたりして、お話をよく聞けないことがあります。

 それでも、勉強をするには、まず、教えてくれる人の話をよく聞くことです。自分の考えが浮かんでも、それは横に置いといて、お話をよく聞くことです。それから、やっと、質問をしたり、自分で考えたり、自分の意見を言ったりするのです。

 神さまのことを学ぶときも、同じです。まず、聖書のお話、イエスさまのお話をじっと聞くことです。自分の考えは、とりあえずは、横においておきましょう。それから、やっと、今度は自分で考えてみましょう。

 教えてくれる人のお話を聞くことも、自分で考えることも、どちらも大事ですが、まず、お話を聞く、それから、自分で考える、この順番も大切なのです。
nice!(0)