So-net無料ブログ作成

つらいことがあっても歩きつづけるためのパン [中高生向けのお話]

中高生礼拝 20180128 ヨハネ6:27, 35 p.175 

 「つらいことがあっても歩きつづけるためのパン」
 
 おはようございます。今読んだ聖書の中で、イエスさまは、「わたしが命のパンである。わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決して渇くことがない」と言われました。
 
 また、「朽ちる食べ物のためではなく、いつまでもなくならないで、永遠の命に至る食べ物のために働きなさい。これこそ、人の子があなたがたに与える食べ物である」とも言われました。

 「命のパン」も、「永遠の命に至る食べ物」も、じつは、イエスさまご自身のことを指しているのです。「パン」という言葉も、「食べ物」という言葉も、「イエスさまの何か」をたとえている比喩だと考えるとよいでしょう。

 では、その「イエスさまの何か」とは何なのでしょうか。その前に、まず、朽ちる食べ物とは何かを考えてみましょう。

 わたしたちは、ときどき、不安になったり、孤独になったり、恐くなったり、悲しくなったり、虚しくなったりします。

 たとえば、学校の成績が悪くて、大学に行けるだろうか、と不安になったとします。その不安をなくすために、一生懸命に勉強をします。その結果、良い成績が出たとします。そうすると、たしかに、不安はなくなります。けれども、そのつぎの試験で、今度は悪い成績が出たとします。そうすると、また、不安になります。

 つまり、成績によって不安を解消しようとして、良い成績を出しても、それは、永遠ではなく、一時的なものなのです。おいしいはずのミカンが、時間が経つと、朽ちて、くさって食べられなくなってしまうのと同じです。

 もうひとつ例をあげますと、さびしさを紛らすために、SNSに投稿して、友達から「いいね」をたくさんもらうと、さびしくなくなったような気がしますが、そのつぎに、また投稿して、今度は「いいね」がほとんどないと、またさびしくなってしまいます。つまり、「いいね」をもらったときの、なんとなくうれしい気持ちも、一時的なもので、永遠のものではありません。

 イエスさまがおっしゃっている「朽ちる食べ物」とは、こういう意味だと思うのです。では、どうしたらよいのでしょうか。イエスさまは、ご自分はそのような朽ちる食べ物ではない、とおっしゃいます。

 わたしたちは、お腹が空いたら何かを食べてお腹を満たし、喉が渇いたら何かを飲んで渇きを潤しますが、すぐにまた、お腹が空きますし、喉が渇きます。ところが、イエスさまを食べ物や飲み物にたとえるならば、決して飢えることも、渇くこともないと言うのです。

 さきほど、不安、孤独、恐ろしさ、虚しさ、悲しさということを言いましたが、これらは、心の飢えであり、心の渇きということができるでしょう。

 イエスさまを信じても、不安や孤独や恐怖や虚しさや悲しさがなくなるわけではありませんが、それらを抱えながらも、なんとか生きていく支えにイエスさまはなってくださいます。イエスさまは朽ちないパンである、命のパンであるとは、そういう意味ではないでしょうか。

nice!(0) 

2018年1月28日 [週報]

2018年1月28日   降誕節第5主日  献堂記念日        No.44

前   奏   
招きの言葉
讃 美 歌  こども8
主の祈り    (お手元のクリアファイルをごらんください)
聖   書   マルコによる福音書4:1-9 (新約p.66)
子ども説教   
捧げもの(こどもたち)
讃 美 歌  こども24-1「いまそなえる」
祝   福
詩編交読   詩編61編
讃 美 歌   21-4
信仰告白   (お手元のクリアファイルをごらんください)
祈   祷
説   教   「芽生え、育ち、実を結ぶ」 林巌雄牧師
今週の祈り
讃 美 歌   21-412
献   金
祈   祷
讃 美 歌   21-390
頌   詠   一編 539
祝   祷
後   奏
報   告       
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本日の集会: 7:00am 開堂 7:30am 朝礼拝 9:30am 聖書の学び 
10:00am 中高生礼拝 礼拝後:献堂記念日愛餐会

今週の集会 聖書と祈りの会 水曜日 7:00pm  土曜夕礼拝 7:00pm 


来週の主日礼拝 2月4日(日)  降誕節第6主日  
☆ 聖書 マルコ2:1-12 詩編62編
☆ 説教 「起きて、歩け」 林巌雄牧師
☆ 讃美歌 こども9、21-7、21-72、21-456、一編541
☆ 9:30am 聖書の学び 10:00am 中高生礼拝
☆ 役員会(教会運営委員会)

報   告
☆今週は献堂記念日礼拝です。この会堂で礼拝を始めてから十二年が経ちました。これに感謝しつつ、礼拝に臨みましょう。献堂記念日の感謝献金にご協力願います。強制や義務ではありません。礼拝堂の維持修繕などに用います。

これからの主な予定  2月11日   祈祷会  
2月18日 マリアの会、キリスト教を学ぶ会  2月25日   教会協議会

先週集会報告 礼拝(21日)42名   中高生礼拝(21日)1名 
聖書の学び(21日)6名  聖書と祈りの会(24日)6名  土曜夕礼拝(20日)8名

nice!(1) 

《使徒書の御言葉》その75「おたがいに祈り合うことが大切です」 [希望と慰めの言葉]

《使徒書の御言葉》その75「おたがいに祈り合うことが大切です」

ローマの信徒への手紙15:30 兄弟たち、どうか、わたしのために、わたしと一緒に神に熱心に祈ってください・・・15:33 平和の源である神があなたがた一同と共におられるように、アーメン。

※パウロには心配がありました。ある場所で受け入れられなかったり、斥けられたりするのではないかと。また、ローマに無事につき、この手紙の受け取り手と会えるだろうかと。そのことについて一緒に熱心に祈ってください、とパウロは手紙の中で頼んでいます。けれども、パウロもまたローマの信徒のことを覚えて祈ります。平和の源である神さまがあなたたちと一緒にいて、あなたたちを平和で満たしてくださいと。祈りは神さまとの交わりであり、どうじに、祈る者同士の交わりでもあるのです。おたがいに相手を覚えて祈ることの大切さをパウロは伝えています。

今週の祈り「神さま、思い煩いで一杯の心を、祈りの泉へとお招きくださり、まことにありがとうございます。神さま、どうぞ、わたしたちをあなたへの思いで、いや、あなたの思いで満たしてください。神さま、高齢の方々、高齢のご家族を、あなたがともにいてくださることでお癒しください。支える方々をあなたがお支えください。神さま、若い人の前に道を切り開いてください。進もうとする若い方々をあなたがお道引きください。神さま、12年前にこの礼拝堂をお与えくださり、また、12年間お導きくださり、心より感謝を申し上げます。30倍、60倍、100倍に実らせてくださるあなたを信じて、あなたに聞き続ける者とわたしたちをしてください。主イエス・キリストのお名前によって、この祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(0) 

よく聞くこころ [こども説教]

子ども説教2018010218 「よく聞くこころ」 マルコ4:1-9

皆さん、おはようございます。皆さんは、人の話をよく聞いていますか。学校の先生から、人が話している時は良く聞きなさい、と言われたことがあるかも知れませんね。
人の話をよく聞くことは、とても大切です。ひとつは、話をする人は、良く聞いてほしいと思って話をしているからです。

そして、もうひとつは、人の話を聞くことで、わたしたちは、大きくなったり、成長したりすることができるからです。

ある人が種をまきました。ある種は、畑でなく、固い道に落ちてしまって、鳥が来て食べてしまいました。ほかの種は、土が少ないところに落ちたので、根があまり伸びず、枯れてしまいました。また、別の種は、芽を出しましたが、その上に他の木が生い茂ったので、実を結ぶことができませんでした。
ところが、ある種は、よく耕された、やわらかなふかふかの畑に落ちて、芽を出し、育ち、実を結びました。

今日のイエスさまのお話の種とは、じつは、神さまの言葉、聖書の言葉、イエスさまの言葉のことなのです。皆さんの心は、じつは、イエスさまが良く耕してくださっています。ですから、わたしたちが神さまの言葉を聞くと、それが種のように芽を出して、育って、実を結んですよ。

nice!(0) 

2018年1月21日 [説教動画]

2018年1月21日 主日礼拝 説教「見えなくても神は」

https://www.youtube.com/watch?v=a7JoZoBXy08
nice!(1) 

《創造者に導かれる旅》その74 「わたしたちは、みな、神さまの国の民とされています」 [希望と慰めの言葉]

《創造者に導かれる旅》その74 「わたしたちは、みな、神さまの国の民とされています」

出エジプト記19:5 今、もしわたしの声に聞き従い/わたしの契約を守るならば/あなたたちはすべての民の間にあって/わたしの宝となる。世界はすべてわたしのものである。19:6 あなたたちは、わたしにとって/祭司の王国、聖なる国民となる。

※わたしたちは、神さまの声に聴き従ってもいなければ、契約を守ってもいません。けれども、神さまは、わたしたち、すべてを、宝とし、神さまの愛する子どもとしてくださいました。「世界はすべてわたしのものである」。イエスさまはこのことを「神の国は近づいた」と言い表されました。わたしたちは、みな、神の国の民とされました。「聖なる国民」とは、わたしたち自身が聖なのではなく、神さまがわたしたちを愛してくださっておられることを意味すると考えましょう。わたしたちは、みな、神さまの国の民とされているのです。

今週の祈り「神さま、嵐の夜、祈りにお招きくださり、まことにありがとうございます。神さま、何とか道を切り開こう、問題をひとつひとつ乗り越えようとしている友がいます。どうぞ、友の前に道を創り、あなたご自身が導いてくださいますように、お願い申し上げます。神さま、傷つき、脅えている友がいます。どうぞ、友の背中にあなたの癒しの御手を伸ばしてください。神さま、わたしたちの騒ぎ立つこころに、あなたの平安を満たしてください。世界にみなぎるあなたのシャロームに気付かせてください。主イエス・キリストのお名前によって、この祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(0) 

2018年1月21日 [週報]

2018年1月21日   降誕節第4主日              No.43

前   奏   
招きの言葉
讃 美 歌  こども4
主の祈り    (お手元のクリアファイルをごらんください)
聖   書   マルコによる福音書1:14-20 (新約p.61)
子ども説教   
捧げもの(こどもたち)
讃 美 歌  こども24-1「いまそなえる」
祝   福
詩編交読   詩編57編
讃 美 歌   21-3
信仰告白   (お手元のクリアファイルをごらんください)
祈   祷
説   教   「見えなくても神は」 林巌雄牧師
今週の祈り
讃 美 歌   21-360
献   金
祈   祷
讃 美 歌   21-451
頌   詠   一編 539
祝   祷
後   奏
報   告       
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本日の集会: 7:00am 開堂 7:30am 朝礼拝 9:30am 聖書の学び 
10:00am 中高生礼拝 礼拝後:愛餐会、マリアの会、オリーブの会

今週の集会 聖書と祈りの会 水曜日 7:00pm  土曜夕礼拝 7:00pm 


来週の主日礼拝 1月28日(日)  降誕節第4主日  献堂記念日
☆ 聖書 マルコ4:1-9 詩編58編
☆ 説教 「芽生え、育ち、実を結ぶ」 林巌雄牧師
☆ 讃美歌 こども8、21-4、21-412、21-454、一編539
☆ 9:30am 聖書の学び 10:00am 中高生礼拝
☆ 献堂記念日愛餐会、

報   告
☆次週は献堂記念日礼拝です。この会堂で礼拝を始めてから十二年が経ちました。これに感謝しつつ、礼拝に臨みましょう。献堂記念日の感謝献金にご協力願います。強制や義務ではありません。礼拝堂の維持修繕などに用います。

これからの主な予定  2月4日   役員会(教会運営委員会)  
2月11日   祈祷会  2月18日   マリアの会、キリスト教を学ぶ会
2月25日   教会協議会

先週集会報告 礼拝(14日)38名   中高生礼拝(14日)3名 
聖書の学び(14日)8名  聖書と祈りの会(17日)名  土曜夕礼拝(13日)8名

nice!(0) 

「神さまの愛は空気のように」 [こども説教]

子ども説教201801021 

「神さまの愛は空気のように」 マルコ1:14-20 

皆さん、おはようございます。神さまって目に見えますか。目に見えないですよね。でも、目に見えないけれども、神さまは、いらっしゃるのです。

ちょうど、空気も目に見えないけれども、ここにあるように、神さまの愛も、目に見えないけれども、ここにあるのです。

心って見えますか。見えませんよね。でも、ときどき、友達や、お母さんやお父さん、あるいは、先生の心、やさしい心を感じることはありませんか。ありますよね。

それと同じように、神さまのやさしい心、みんなを愛そう、みんなを守ろうとするやさしい心も、目に見えないけれども、空気のように、このへんに一杯に満ちているのです。
イエスさまは、そのことをわたしたちに教えようとしておられます。最初に、弟子たちに教えました。

その弟子たちは、目には見えないけれども、神さまのやさしい心が空気のように満ちていることを信じて、それから、それを教えてくれたイエスさまを信じるようになったのです。わたしたちも、そのように、神さまとイエスさまを信じたいですね。
nice!(0) 

2018年1月14日 [説教動画]

2018年1月14日 説教「あなたは私の愛する子」 マルコ1:1-11

https://www.youtube.com/watch?v=9hmm4O7tBN4
nice!(0) 

「神さま自身が神さまに出会わせてくださる」 [中高生向けのお話]

中高生礼拝 20180114 ヨハネ1:35-39 p.164 
 
「神さま自身が神さまに出会わせてくださる」

 おはようございます。今日の聖書の中で、イエスさまは、これから弟子になる人たちに、「何を求めているのか」と言われました。

 わたしたちが、そのように訊かれたら、何と答えるでしょうか。中学生、高校生の皆さんだったら、もっと部活で上達したいですとか、もっと成績を良くしたいですとか、もっと自由でのびのびとしたいですとか、答えるかも知れませんね。

 人生を何かを探す旅だとすると、それは何なのでしょうか。わたしたちは、人生の旅において、何を探し求めるのでしょうか。

 それは、人生を良く生きること、人生をゆたかに生きること、人生を有意義に生きることではないでしょうか。そして、それは、わたしたちの人生にとって一番大切なもの、また、わたしたちが生きているこの世界にとって一番大切なものを探しもとめることではないでしょうか。

 そのためには、まず、その一番大切なものを探しもとめる旅を案内してくれる人、一緒に旅をしてくれる人と出会うことではないでしょうか。

 イエスさまに「何を求めているのか」と尋ねられて、これから弟子になる人たちは「先生、どこに泊まっておられるのですか」と答えました。

 すると、イエスさまは「来なさい。そうすれば分かる」と言われました。そして、この人たちは、イエスさまについていって、イエスさまと同じところに泊まったのです。

 これは、どういうことでしょうか。弟子になる人たちの人生にとって、一番大切なものは、じつは、イエスさまだったのです。そして、弟子たちをイエスさまに出会えるように案内してくれるのも、じつは、イエスさま自身だったのです。

 少し難しい言い方かも知れませんね。たとえば、皆さんが英語を話せるようになることを人生の目的とします。では、何が皆さんを導いて英語を話せるようにしてくれるでしょうか。それは、英語を話すことそのものです。わたしたちは、英語を話すことによって、英語を話せるように導かれていくのです。わたしたちは英語によって英語に導かれていくのです。

 イエスさま、そして、神さまも、同じです。わたしたちが、わたしたちのいのちを創ってくださり、この世界を創ってくださり、この世界とわたしたちの人生にとって一番大切な神さまを探し求めたいと思うのなら、神さま自身についていくことです。イエスさまについていくことです。

 神さまを探し求めることこそが、わたしたちの人生にとって一番大切なことだと、わたしは考えますが、じつは、神さまご自身がわたしたちのこの旅を導いてくださるのです。
nice!(1)