So-net無料ブログ作成
2017年12月| 2018年01月 |- ブログトップ
前の10件 | -

2018年1月21日 [説教動画]

2018年1月21日 主日礼拝 説教「見えなくても神は」

https://www.youtube.com/watch?v=a7JoZoBXy08
nice!(1) 

《創造者に導かれる旅》その74 「わたしたちは、みな、神さまの国の民とされています」 [希望と慰めの言葉]

《創造者に導かれる旅》その74 「わたしたちは、みな、神さまの国の民とされています」

出エジプト記19:5 今、もしわたしの声に聞き従い/わたしの契約を守るならば/あなたたちはすべての民の間にあって/わたしの宝となる。世界はすべてわたしのものである。19:6 あなたたちは、わたしにとって/祭司の王国、聖なる国民となる。

※わたしたちは、神さまの声に聴き従ってもいなければ、契約を守ってもいません。けれども、神さまは、わたしたち、すべてを、宝とし、神さまの愛する子どもとしてくださいました。「世界はすべてわたしのものである」。イエスさまはこのことを「神の国は近づいた」と言い表されました。わたしたちは、みな、神の国の民とされました。「聖なる国民」とは、わたしたち自身が聖なのではなく、神さまがわたしたちを愛してくださっておられることを意味すると考えましょう。わたしたちは、みな、神さまの国の民とされているのです。

今週の祈り「神さま、嵐の夜、祈りにお招きくださり、まことにありがとうございます。神さま、何とか道を切り開こう、問題をひとつひとつ乗り越えようとしている友がいます。どうぞ、友の前に道を創り、あなたご自身が導いてくださいますように、お願い申し上げます。神さま、傷つき、脅えている友がいます。どうぞ、友の背中にあなたの癒しの御手を伸ばしてください。神さま、わたしたちの騒ぎ立つこころに、あなたの平安を満たしてください。世界にみなぎるあなたのシャロームに気付かせてください。主イエス・キリストのお名前によって、この祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(0) 

2018年1月21日 [週報]

2018年1月21日   降誕節第4主日              No.43

前   奏   
招きの言葉
讃 美 歌  こども4
主の祈り    (お手元のクリアファイルをごらんください)
聖   書   マルコによる福音書1:14-20 (新約p.61)
子ども説教   
捧げもの(こどもたち)
讃 美 歌  こども24-1「いまそなえる」
祝   福
詩編交読   詩編57編
讃 美 歌   21-3
信仰告白   (お手元のクリアファイルをごらんください)
祈   祷
説   教   「見えなくても神は」 林巌雄牧師
今週の祈り
讃 美 歌   21-360
献   金
祈   祷
讃 美 歌   21-451
頌   詠   一編 539
祝   祷
後   奏
報   告       
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本日の集会: 7:00am 開堂 7:30am 朝礼拝 9:30am 聖書の学び 
10:00am 中高生礼拝 礼拝後:愛餐会、マリアの会、オリーブの会

今週の集会 聖書と祈りの会 水曜日 7:00pm  土曜夕礼拝 7:00pm 


来週の主日礼拝 1月28日(日)  降誕節第4主日  献堂記念日
☆ 聖書 マルコ4:1-9 詩編58編
☆ 説教 「芽生え、育ち、実を結ぶ」 林巌雄牧師
☆ 讃美歌 こども8、21-4、21-412、21-454、一編539
☆ 9:30am 聖書の学び 10:00am 中高生礼拝
☆ 献堂記念日愛餐会、

報   告
☆次週は献堂記念日礼拝です。この会堂で礼拝を始めてから十二年が経ちました。これに感謝しつつ、礼拝に臨みましょう。献堂記念日の感謝献金にご協力願います。強制や義務ではありません。礼拝堂の維持修繕などに用います。

これからの主な予定  2月4日   役員会(教会運営委員会)  
2月11日   祈祷会  2月18日   マリアの会、キリスト教を学ぶ会
2月25日   教会協議会

先週集会報告 礼拝(14日)38名   中高生礼拝(14日)3名 
聖書の学び(14日)8名  聖書と祈りの会(17日)名  土曜夕礼拝(13日)8名

nice!(0) 

「神さまの愛は空気のように」 [こども説教]

子ども説教201801021 

「神さまの愛は空気のように」 マルコ1:14-20 

皆さん、おはようございます。神さまって目に見えますか。目に見えないですよね。でも、目に見えないけれども、神さまは、いらっしゃるのです。

ちょうど、空気も目に見えないけれども、ここにあるように、神さまの愛も、目に見えないけれども、ここにあるのです。

心って見えますか。見えませんよね。でも、ときどき、友達や、お母さんやお父さん、あるいは、先生の心、やさしい心を感じることはありませんか。ありますよね。

それと同じように、神さまのやさしい心、みんなを愛そう、みんなを守ろうとするやさしい心も、目に見えないけれども、空気のように、このへんに一杯に満ちているのです。
イエスさまは、そのことをわたしたちに教えようとしておられます。最初に、弟子たちに教えました。

その弟子たちは、目には見えないけれども、神さまのやさしい心が空気のように満ちていることを信じて、それから、それを教えてくれたイエスさまを信じるようになったのです。わたしたちも、そのように、神さまとイエスさまを信じたいですね。
nice!(0) 

2018年1月14日 [説教動画]

2018年1月14日 説教「あなたは私の愛する子」 マルコ1:1-11

https://www.youtube.com/watch?v=9hmm4O7tBN4
nice!(0) 

「神さま自身が神さまに出会わせてくださる」 [中高生向けのお話]

中高生礼拝 20180114 ヨハネ1:35-39 p.164 
 
「神さま自身が神さまに出会わせてくださる」

 おはようございます。今日の聖書の中で、イエスさまは、これから弟子になる人たちに、「何を求めているのか」と言われました。

 わたしたちが、そのように訊かれたら、何と答えるでしょうか。中学生、高校生の皆さんだったら、もっと部活で上達したいですとか、もっと成績を良くしたいですとか、もっと自由でのびのびとしたいですとか、答えるかも知れませんね。

 人生を何かを探す旅だとすると、それは何なのでしょうか。わたしたちは、人生の旅において、何を探し求めるのでしょうか。

 それは、人生を良く生きること、人生をゆたかに生きること、人生を有意義に生きることではないでしょうか。そして、それは、わたしたちの人生にとって一番大切なもの、また、わたしたちが生きているこの世界にとって一番大切なものを探しもとめることではないでしょうか。

 そのためには、まず、その一番大切なものを探しもとめる旅を案内してくれる人、一緒に旅をしてくれる人と出会うことではないでしょうか。

 イエスさまに「何を求めているのか」と尋ねられて、これから弟子になる人たちは「先生、どこに泊まっておられるのですか」と答えました。

 すると、イエスさまは「来なさい。そうすれば分かる」と言われました。そして、この人たちは、イエスさまについていって、イエスさまと同じところに泊まったのです。

 これは、どういうことでしょうか。弟子になる人たちの人生にとって、一番大切なものは、じつは、イエスさまだったのです。そして、弟子たちをイエスさまに出会えるように案内してくれるのも、じつは、イエスさま自身だったのです。

 少し難しい言い方かも知れませんね。たとえば、皆さんが英語を話せるようになることを人生の目的とします。では、何が皆さんを導いて英語を話せるようにしてくれるでしょうか。それは、英語を話すことそのものです。わたしたちは、英語を話すことによって、英語を話せるように導かれていくのです。わたしたちは英語によって英語に導かれていくのです。

 イエスさま、そして、神さまも、同じです。わたしたちが、わたしたちのいのちを創ってくださり、この世界を創ってくださり、この世界とわたしたちの人生にとって一番大切な神さまを探し求めたいと思うのなら、神さま自身についていくことです。イエスさまについていくことです。

 神さまを探し求めることこそが、わたしたちの人生にとって一番大切なことだと、わたしは考えますが、じつは、神さまご自身がわたしたちのこの旅を導いてくださるのです。
nice!(1) 

《使徒書の御言葉》その74「信仰なきわたしたちですが、すでに聖なる者とされ、神さまに喜ばれています」 [希望と慰めの言葉]

《使徒書の御言葉》その74「信仰なきわたしたちですが、すでに聖なる者とされ、神さまに喜ばれています」

ローマの信徒への手紙15:16 異邦人のためにキリスト・イエスに仕える者となり、神の福音のために祭司の役を務めているからです。そしてそれは、異邦人が、聖霊によって聖なるものとされた、神に喜ばれる供え物となるためにほかなりません。

※異邦人とはユダヤ人から見て神を信じない外国人のことですが、わたしたちも神さまを十分に信じているというには程遠い状態ですから、あらたな意味で、異邦人なのではないでしょうか。パウロは、異邦人が神さまの愛である聖霊をゆたかに受け、神さまに愛される者とされるために、イエス・キリストに仕える者となったと言います。けれども、じつは、そのイエス・キリストご自身が、異邦人あるいは信仰のないわたしたちを神さまの愛へとすでにつなぎとめてくださっておられるのです。パウロの務めは、人びとを救うことではなく、すでに救われていることを知らせることだったのです。

今週の祈り「神さま、わたしたちは自分の思いにこだわっていますが、こうして、祈りにおいて、あなたへと導いてくださり、まことにありがとうございます。神さま、道を切り開こうとする若い方々を、どうぞ、あなたがお支えください。あなたこそが道を創ってくださることを信じさせてください。神さま、わたしたちに愛をお与えください。あなたを信頼し、あなたを希望とさせてください。言葉や行いにおいて、つねに、目の前の相手を大切にすることができるように、わたしたちを生まれ変わらせてください。すでにあなたがそうしてくださったことをつねに思い起こさせてください。主イエス・キリストのお名前によって、この祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(0) 

2018年1月14日 [週報]

2018年1月14日   降誕節第3主日              No.42

前   奏   
招きの言葉
讃 美 歌  こども3
主の祈り    (お手元のクリアファイルをごらんください)
聖   書   マルコによる福音書1:1-11 (新約p.61)
子ども説教   
捧げもの(こどもたち)
讃 美 歌  こども24-1「いまそなえる」
祝   福
詩編交読   詩編56編
讃 美 歌   21-2
信仰告白   (お手元のクリアファイルをごらんください)
祈   祷
説   教   「あなたは私の愛する子」 林巌雄牧師
今週の祈り
讃 美 歌   21-356
献   金
祈   祷
讃 美 歌   21-449
頌   詠   一編 539
祝   祷
後   奏
報   告       
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本日の集会: 7:00am 開堂 7:30am 朝礼拝 9:30am 聖書の学び 
10:00am 中高生礼拝 礼拝後:祈祷会、キリスト教を学ぶ会、集会室のワックスがけ

今週の集会 聖書と祈りの会 水曜日 7:00pm  土曜夕礼拝 7:00pm 


来週の主日礼拝 1月21日(日)  降誕節第4主日  
☆ 聖書 マルコ1:14-20 詩編57編
☆ 説教 「見えなくても神は」 林巌雄牧師
☆ 讃美歌 こども4、21-3、21-360、21-451、一編539
☆ 9:30am 聖書の学び 10:00am 中高生礼拝
☆ 愛餐会、マリアの会、オリーブの会

報   告
☆新しい年になりました。神さまの祝福がさらにゆたかな一年になりますように。
☆本日、12時くらいから祈祷会、12時15分くらいからキリスト教を学ぶ会、13時くらいから、集会室のワックスがけをします。

これからの主な予定  1月28日   献堂記念日 愛餐会
2月4日   役員会(教会運営委員会)  2月11日   祈祷会
2月18日   マリアの会、キリスト教を学ぶ会
2月25日   教会協議会

先週集会報告 礼拝(7日)45名   中高生礼拝(7日)2名 
聖書の学び(7日)8名  聖書と祈りの会(10日)名  土曜夕礼拝(6日)9名

nice!(0) 

「あなたはわたしの愛する子」 [こども説教]

子ども説教201801014 

「あなたはわたしの愛する子」 マルコ1:1-11 

皆さん、おはようございます。ユダヤの国にヨルダン川という川があります。今から、二千年前、イエスさまのおられたころですね、そのヨルダン川にたくさんの人が集まっていました。

 それは何のためだったのでしょうか。そこには、ヨハネさんという人がいました。ヨハネさんは、ヨルダン川に集まった人びとを川に入らせ、頭のてっぺんまで水の中に潜らせました。

 皆さんも、プールで、頭のてっぺんまで潜ることがありますよね。あるいは、顔を水につけることがありますよね。あんな感じです。そして、しばらくしたら、顔を上げます。すると、息ができるようになり、ああ、生き返った、という気持ちになりますよね。

 イエスさまも、ヨハネさんのところにやってきて、同じことをしました。イエスさまが水の中に頭まで沈めて、しばらくして、苦しくなって、顔を上げて、ああ、生き返った、と思ったとき、空から、こんな声が聞こえてきました。「あなたは、わたしの愛する子」

 神さまが、イエスさまに、「あなたは、わたしの愛する子」と言ってくださったのです。イエスさまだけではありません。神さまは、わたしたち、全員に、「あなたは、わたしの愛する子」と言ってくださるのです。わたしたちは、皆、神さまに愛されている子どもなのです。
nice!(1) 

「神は見えないから、存在しないのでしょうか」 [若者向け説教]

「神は見えないから、存在しないのでしょうか」

ヘブライ人への手紙11:1 信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。

 皆さん、おはようございます。皆さんは、高校に入学して十か月間、このような礼拝や聖書の授業を通して、神について聞いてきたのですが、いかがでしょうか。神は存在する、と思うでしょうか。あるいは、神は存在しない、と思うでしょうか。

 そもそも、あるものが存在するとか、しないとか、いうことは、わたしたちは、どのようにして、判断しているでしょうか。

 一番初歩的な考えでは、目に見えるか、見えないか、ということが基準になるかも知れません。その基準で判断すれば、神も、仏も、幽霊も、天国も、地獄も、目に見えないから、存在しないということになります。

 けれども、目に見えないから存在しない、という判断があやまりであることは、皆さんもおわかりのように、簡単に証明できます。

 空気は目に見えなくても存在しますよね。この場合の空気とは、窒素と酸素からなる空気のことです。その場の雰囲気のことではありません。窒素と酸素からなる空気は目に見えなくても、たしかに存在します。測定も可能です。窒素も酸素も、目には見えませんが、空気中では、気体の状態にある物質です。中学の時に、物質の三態と言って、固体、液体、気体、と習いましたね。気体は目に見えなくても、存在します。なかには、色つきの気体もあるそうですが、透明でも、気体はたしかに存在します。

 それから、電波や音や声はどうでしょうか。これらも目には見えませんが、たしかに存在します。電波も音も測定が可能です。ただし、固体や液体や気体のように、物質として、どこかに閉じ込めることはできないのではないでしょうか。ビニール袋の中に、電波や音を入れておくことはできません。けれども、わたしたちは、電波や音を使いながら、毎日を生活していますから、電波や音についても、目に見えないから存在しない、などと言うことはできないでしょう。ただし、固体や液体や気体のような物質とは、存在の仕方が異なるのではないでしょうか。

 つぎに、心はどうでしょうか。心も目に見えません。それでも、心はたしかにありますよね。今皆さんがここにいてわたしの話を聞いている。今わたしの話を聞いている皆さんの意識というものがある。その意識を心と呼ぶならば、目には見えなくても、皆さんに心が存在することは否定できません。ただし、心の存在の仕方も、最初に話した物質や、つぎに話した電波や音とは、異なっているのではないでしょうか。 

 愛はどうでしょうか。愛とは、誰かや何かを大切にする心、というか、気持ち、というか、意志、というか、言い表すことが難しいですが、そのような目に見えない何かです。
 愛は存在するでしょうか。愛なんて存在しない、と言う人がいるかも知れません。けれども、それは自分が人からひどい目に遭わされたとか、冷たくされたとか、そういうときに、そう感じるのであって、人から良くされたり、あたたかくされたりしたら、この世にたしかに愛はあるなあ、という気持ちに替わるかも知れません。

 あるいは、あの人には愛がない、という言い方をしますが、これは、なかには愛がある人もいるのに、あの人は愛がない、という意味の場合が多いと思います。つまり、目には見えないけれども、この世界には愛がある、ただ、あの人にはない、ということですね。ですから、あの人には愛がない、という時も、世界のどこかには愛がある、あの人ではないところには愛がある、という前提で話していることになります。愛も目には見えませんが、わたしたちは、愛というものがどこかに存在する、という前提で、話をすることが多いのです。この場合も、愛の存在の仕方は、固体、液体、気体や、電波や音とは異なるように思えます。

 では、愛の存在の仕方は、さきほどの心の存在の仕方と似たようなものなのでしょうか。友情の存在の仕方も、物質や電波の存在の仕方とは異なると思われますが、友情と愛と心の存在の仕方は、おたがいに、似通っているのでしょうか。

 天国のおじいちゃん、おばあちゃんはどうでしょうか。「天国からおじいちゃん、おばあちゃんが見守っている」というのは、嘘なのでしょうか。たしかに、物質的な見方をすれば、そんなことはありません。けれども、物資的な見方ではなく、愛や友情や心のような存在の仕方であれば、天国におじいちゃんとおばあちゃんが存在する、と言うことはできないでしょうか。

 さいごに、では、神はどうでしょうか。神も目に見えません。同じ目に見えないと言っても、気体や電波の存在の存在の仕方とは、まったく違うのではないでしょうか。神の存在の仕方は、むしろ、愛や心や友情の存在の仕方と似ているのではないでしょうか。物質のような存在の仕方で考えれば、神など存在しないとなってしまいますが、愛や心や友情のような存在の仕方、あるいは、天国のおじいちゃん、おばあちゃんのような存在の仕方と似ているのかも知れません。どうでしょうか。ぜひ、皆さん、もっと考えてみてください。
nice!(1) 
前の10件 | -
2017年12月|2018年01月 |- ブログトップ