So-net無料ブログ作成

《使徒書の御言葉》その71「讃美歌を歌いつつ、祈りつつ、耐えつつ、希望を持ちつつ」 [希望と慰めの言葉]

《使徒書の御言葉》その71「讃美歌を歌いつつ、祈りつつ、耐えつつ、希望を持ちつつ」

ローマの信徒への手紙15:4わたしたちは、聖書から忍耐と慰めを学んで希望を持ち続けることができるのです。15:5 忍耐と慰めの源である神が、あなたがたに、キリスト・イエスに倣って互いに同じ思いを抱かせ、15:6 心を合わせ声をそろえて、わたしたちの主イエス・キリストの神であり、父である方をたたえさせてくださいますように。

※忍耐は誰かが誰かに教えたり、示唆したり、ましてや強要したりするものではありまえん。忍耐は、ただ、神さまとひとりひとりの間にだけ存在するものです。神さまとわたしたちの間に入ることのできるのは、イエス・キリストと聖書と讃美歌と祈りだけです。わたしたちは、自分で聖書を読み、アブラハム、イサク、ヤコブ、ヨセフ、モーセの話を読み、預言者たちの言葉を読み、忍耐と慰めの物語に導かれるのです。神さまが、そこに招いてくださるのです。そして、どんなにつらいことがあっても、どんなに見通しが立たなくても、神さまの前で讃美歌を歌いながら、祈りながら、神さまに支えられて、歩き抜くのです。

今週の祈り「神さま、祈りを知らないわたしたちを祈りにお招きくださり、心より感謝申し上げます。神さま、張り裂けそうになりながらも、み言葉に聞き、あなたに祈り続ける友がいます。どうぞ、あなたが慰め、支え、お導きください。神さま、何かを待ち続けている友がいます。どうぞ、あなたが友に訪れをもたらしてください。あなたご自身が友を訪れてください。神さま、長いトンネルを歩いている友がいます。どうぞ、あなたの光を照らしてください。あなたの光に気付かせてください。イエス・キリストとともにあなたを仰ぎつつ、このお祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(0) 

2017年12月3日  [週報]

2017年12月3日   待降節第1主日              No.36

前   奏   
招きの言葉
讃 美 歌  こども65
主の祈り    (お手元のクリアファイルをごらんください)
聖   書   マルコによる福音書13:21-37 (新約p.89)
子ども説教   
捧げもの(こどもたち)
讃 美 歌  こども24-1「いまそなえる」
祝   福
詩編交読   詩編48編
讃 美 歌   21-233
信仰告白   (お手元のクリアファイルをごらんください)
祈   祷
説   教   「神の兆し」 林巌雄牧師
今週の祈り
12月誕生者・召天者を覚えての祈り
献   金
祈   祷
讃 美 歌   21-81
聖 餐 式
讃 美 歌   21-237
頌   詠   一編 541
祝   祷
後   奏
報   告       
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本日の集会: 7:00am 開堂 7:30am 朝礼拝 9:30am 聖書の学び 
10:00am 中高生礼拝 礼拝後:愛餐会、役員会(教会運営委員会)

今週の集会 聖書と祈りの会 水曜日 7:00pm  土曜夕礼拝 7:00pm 

来週の主日礼拝 12月10日(日)  待降節第2主日  
☆ 聖書 ルカ1:26-38   詩編50編1-6節
☆ 説教 「ケセラ・セラ」 林巌雄牧師
☆ 讃美歌 こども64、21-233、21-265、21-235、一編541
☆ 9:30am 聖書の学び 10:00am 中高生礼拝
☆ 礼拝後:祈祷会

報   告
☆12月24日のクリスマス礼拝で洗礼を受けようと思う方は牧師にご相談ください。
☆主日(毎日曜日)の午前7時半から8時まで朝礼拝を開きます。また7時に礼拝堂を開けますので、7時半まで、自由に黙祷してください。
☆受け付けのお祈りカード(黄色の紙)に記入して、礼拝堂の聖書棚の下にある木箱に入れてください。わかちあいのお祈りがある週は、受付か献金当番の係りが木箱からカードをとり出し、牧師に渡してください。

これからの主な予定 12月17日 待降節第三、マリアの会、キリスト教を学ぶ会
12月24日 待降節第四(クリスマス礼拝)、祝会
16時:コンサート、18時:イブ礼拝

先週集会報告 礼拝(26日)38名   中高生礼拝(26日)1名 
聖書の学び(26日)5名  聖書と祈りの会(29日)5名  土曜夕礼拝(25日)6名

nice!(0) 

イエスさまが来られる、イエスさまが一緒にいてくださる [こども説教]

12月3日 子ども説教(小学校低学年)

 皆さん、おはようございます。今日は、あそこに赤いろうそくが四本ありますね。そして、一本目にだけ、火がついています。来週は、二本のろうそくに火を灯します。その次の週は三本、そして、その次は四本になります。

 こうやって、わたしたちは、クリスマスが近づいてくるのを待つのです。クリスマスは、イエス・キリストのお生まれになった日ですよね。ですから、わたしたちは、ろうそくの火を一本ずつ増やしながら、イエスさまの来られるのを待つのです。

 でもね、ちょっと考えてみますと、去年のクリスマスにも、わたしたちはイエスさまが来られるのをお迎えしましたよね。では、去年のクリスマスのあと、イエスさまはどうされたのでしょうか。サンタクロースのように、どこかに帰ってしまったのでしょうか。

 そうではありません。イエスさまは、わたしたちのところに来てくださり、そのままいつまでもずっと一緒にいてくださるのです。ですから、わたしたちは、クリスマスまで、ただイエスさまが来るのを待つだけでなくて、イエスさまが、じつは、もうわたしたちと一緒にいてくださることに、少しずつ気がついて行きたいと思います。
nice!(0)