So-net無料ブログ作成

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(72) 「実績や責任を問うことなく、今を生きるのに必要な糧を、神さまはすべての人に与えようとしています」 [聖書の話を身近な経験に置き替えてみた]

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(72)

「実績や責任を問うことなく、今を生きるのに必要な糧を、神さまはすべての人に与えようとしています」

Aさんは、家族もなければお金もなく、高齢のうえに病気を抱えていて、働けません。働ける時は働いていたのですが、毎日の生活費を確保するのに精一杯で、老後の蓄えなどはできませんでした。けれども、この人が社会福祉制度を利用しようとするとき、「いや、こういうときのために備えていなかったのは、この人自身のせいだ。真面目に働いてきた人たちが納めてきた税金をこの人のために使う必要などない」という「自己責任論」を持ち出す人がいます。

はたしてそうでしょうか。現在の憲法や法律では、このような人は行政が支えることになっています。それは、憲法25条に「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」とあるとおりです。そして、この条文は、人類にとって普遍的な権利を言い表していますし、人間の普遍的な倫理観に基づいている、と考えられます。

就職に苦しむ若者や中高年がいます。けれども、残念なことに、「今の時代、仕事がないなんてことはない。死ぬ気で働こうと思えば、どんな仕事にでもつけるはずだ。選り好みをしながら、なかなか仕事が見つからない、などと言うのは、怠け者だ」という非難もまかり通っています。

はたしてそうでしょうか。過労死するような会社でも働けというのでしょうか。原発の被爆するようなもっとも危険なところでも働けというのでしょうか。(じっさい、もっとも貧しい日雇い労働者が放射線量が極めて高いところで働かされている、と聞いています)

適切な仕事が見つかるまでは、危険なところで無理に働く必要などなく、社会福祉や失業手当や就労支援などを利用するのは当然の権利です。そして、そのような支援を提供するのは国や行政の義務です。

聖書によれば、イエスがたとえ話をしました。ある農園主が人を雇います。夜明けに何人か雇いました。午前9時にまた雇いに行きます。さらに正午にも、午後3時にも行きます。その時点でも仕事に就けていなかった人びとを雇います。午後5時にも、同じような人びとを雇います。

午後6時に仕事が終了。賃金が払われます。最初に、午後5時に雇われた人に5千円支払われました。じつは、皆、この金額を約束されていたのですが、もっと前から働いていた人びとは、これを見て、自分たちはもっともらえると期待しました。けれども、皆、やはり5千円ずつでした。そこで、不満が吹き出てきます。

けれども、農園主は、「わたしは皆に同じように5千円ずつ払いたいのだ」と言いました。もしかしたら、5千円というのは、日雇い労働者がつぎの一日を生きていくのに必要な最低限のお金だったのかも知れません。農園主は、労働時間の長短に関わらず、誰もが次の日を生きていけるようにしたかったのではないでしょうか。

イエスは、神もこれと同じだ、と言います。神は、わたしたちの誰もが、実績とか責任とかを問われることなく、わたしたちを愛し、生かそうとしている、とイエスは強く感じていたのではないでしょうか。
nice!(0) 

《使徒書の御言葉》その67「神さまは信仰の弱い者、信仰なき者を受け入れてくださいます」 [希望と慰めの言葉]

《使徒書の御言葉》その67「神さまは信仰の弱い者、信仰なき者を受け入れてくださいます」

ローマの信徒への手紙14:1 信仰の弱い人を受け入れなさい。その考えを批判してはなりません。14:2 何を食べてもよいと信じている人もいますが、弱い人は野菜だけを食べているのです。14:3 食べる人は、食べない人を軽蔑してはならないし、また、食べない人は、食べる人を裁いてはなりません。神はこのような人をも受け入れられたからです。

※信仰のあり方は、ひとそれぞれです。自分の目から見たら、信仰が弱いと見える人もいるかも知れません。その中には自分自身も含まれるかもしれません。あるいは、信仰がないように見える人もいます。いや、わたしたちは、本当に信仰をもっているでしょうか。神さまに委ね、神さまの愛と正義のご意志にしたがった生き方をしているでしょうか。そのようなわたしたちにも関わらず、神さまは、無条件でわたしたちを愛し、わたしたちも人を愛するように促してくださいます。ですから、わたしたちは人の信仰のあり方が自分と違っても裁いてはならないのです。なぜなら、パウロがこの聖句で言うように、神さまは「このような人をも」・・・つまりは、「このようなわたしをも!」「受け入れて」くださるからです。

今週の祈り「主なる神さま、祈りから離れているわたしたちを、祈りにお招きくださり、まことにありがとうございます。神さま、あなたの御心に従い、軍備や戦争を拒否し、平和を愛する精神の基を、わたしたちの中にしっかりと据えてください。今泣いている人、苦しんでいる人、義を求めている人に、まっさきにあなたの眼差しを注ぎ、支えをもたらし、立ち上がらせてください。神さま、国が国を、人が人を抑え付けることのない社会をわたしたちに祈り求めさせてください。イエス・キリストとともにあなたを仰ぎつつ、このお祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(0) 

2017年10月8日 [週報]

2017年10月8日  聖霊降臨節第19主日               No.28

前   奏   
招きの言葉
讃 美 歌  こども12
主の祈り    (お手元のクリアファイルをごらんください)
聖   書   マタイによる福音書20:1-16 (新約p.38)
子ども説教   
捧げもの(こどもたち)
讃 美 歌  こども24-1「いまそなえる」
祝   福
詩編交読   詩編40編
讃 美 歌   21-3
信仰告白   (お手元のクリアファイルをごらんください)
祈   祷
説   教   「気前の良い神」 林巌雄牧師
今週の祈り
讃 美 歌   21-495
献   金
祈   祷
讃 美 歌   21-579
頌   詠   一編 541
祝   祷
後   奏
報   告       
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本日の集会:9:30am 聖書の学び    10:00am 中高生礼拝
 礼拝後:祈祷会、集会室ワックス塗り(13時くらいから)

今週の集会 聖書と祈りの会 水曜日 7:00pm  土曜夕礼拝 7:00pm 


来週の主日礼拝 10月15日(日)  聖霊降臨節第20主日  
☆ 聖書 マタイ21:18-32  詩編41編
☆ 説教 「イエスの言葉に驚く」 林巌雄牧師
☆ 讃美歌 こども19、21-4、21-497、21-503、一編541
☆ 9:30am 聖書の学び 10:00am 中高生礼拝
☆ 礼拝後: マリアの会、キリスト教を学ぶ会

報   告
☆12月24日のクリスマス礼拝で洗礼を受けようと思う方は牧師にご相談ください。
☆10月22日の礼拝では吉岡卓さんに証言をお願いします。吉岡卓さん:日本基督教団埼玉和光教会所属。詩人。障害者神学の研究と実践をライフワークにさだめています。障害:二分脊椎症とそれにともなう下肢障害・膀胱直腸機能障害(身体障害者手帳1級)、うつ病(手帳なし)。
☆次週(15日)、礼拝後12時15分くらいから「キリスト教を学ぶ会」を開きます。今回のテーマは「使徒信条3 聖霊」です。ぜひ、ご参加ください。

これからの主な予定  10月22日 吉岡卓さんの証言   
10月29日 讃美歌練習(礼拝後)、クリスマス備品確認  
11月5日 役員会(教会運営委員会)11月12日 祈祷会、キリスト教を学ぶ会
11月19日 マリアの会、オリーブの会 11月26日 アドベント準備

先週集会報告 礼拝(1日)31名   中高生礼拝(1日)4名 
聖書の学び(1日)7名  聖書と祈りの会(4日)4名  土曜夕礼拝(30日)4名


nice!(0)