So-net無料ブログ作成

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(62)「ひとりひとりにあわせてささやかれる愛」 [聖書の話を身近な経験に置き替えてみた]

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(62)「ひとりひとりにあわせてささやかれる愛」

 先日、ある家庭の食卓で、高校生の子どもがこんなことを言ったそうです。「今度の中間、やべえよ。ゲンブンとエイヒョーとコミュエー、サイテー」。

 意味がわかるでしょうか。「今度の中間、やべえよ」とは、「今度の中間テストの結果が不安だ」という意味のようです。「ゲンブンとエイヒョーとコミュエー」とは、「現代文」と「英語表現」と「コミュニケーション英語」のことだそうです。ゲンブンと聞くと、翻訳された文章を読んでいて「あれ、ここのところは、原文ではどうなっているのだろう」と考える、そういう場面を思い浮かべてしまうのですが。

 相手に何かを伝えようとするならば、相手にわかる言葉で語る努力をしなければならないでしょう。相手には理解できないような専門用語や略語はできるだけ避けたいものです。どうしても使う場合は、ていねいに説明する必要があるでしょう。

 あるいは、相手の背景、いま置かれている状況、どんなことで悩んでいるのか、どんなことを願っているのか、さらには、相手がこれまで生きてきた道のり。こうしたことも、配慮することが大事ではないでしょうか。

 聖書によりますと、十字架につけられ、死に、葬られ、けれども、復活し、人びとと再会したのち、イエスは天に昇ります。そして、残された人びとがひとつところに集っていたある日、暴風のような轟音が天から響きます。さらに、舌のような、炎のような形をしたものが、ひとりひとりの頭の上に降りて来ます。

 ひとりひとりの上に、神の愛、神のいのちの息吹が降臨して来て、それに満たされる。その経験を、このように表現し、それを聖霊と呼んだのです。

 すると、ひとりひとりがそれぞれ違った外国語を話すようになり、そこに居合わせたさまざまな国々出身の人びとが、それを通して、神のことを知るようになった、と聖書は告げています。

 これは、突然に、日本語や英語やドイツ語や中国語や朝鮮語が話されるようになったという怪奇現象というよりは、神の愛は、それを伝えられる人ひとりひとりにあわせて語られるということではないでしょうか。

 わたしたちも自分のペースでしゃべりまくるのではなく、聴き手に合わせて語りたいと思います。また、このわたしに、あわせてわかりやすく語りかけてくれる声がある、と意識して、人の言葉に耳を傾けたいと思います。
nice!(0) 

負けないいのちの詩52   「あなたのあの人を」 [負けないいのちの詩]

負けないいのちの詩52   「あなたのあの人を」

あなたの父母を敬え

あなたの姉妹を大事にせよ
あなたの兄弟を大切にせよ
あなたの祖父母を労われ
あなたの子の言葉に聞け
あなたの孫の教えに従え

あなたの友を好きになれ
あなたの同僚と仲よくせよ
あなたの隣人を慈しめ
あなたの恋する人を愛おしめ

あなたの知らない人をすばらしいと思え
あなたの異邦人を宝と思え
あなたの商品にならない人をもてなせ
あなたの価値にならない人を賞賛せよ
あなたの見下す人を最上の席にお通しせよ

あなたの猫から柔和を学べ
あなたの犬を家族とせよ
あなたの花の美しさを写せ
あなたの空を仰ぎ見よ
あなたの土に腰を屈めよ

そうすればそこは
神の国になる
キリストの体になる
あなたの受け継ぐ
さいわいの地になる

nice!(0) 

2017年5月28日 [説教動画]

2017年5月28日 主日礼拝 説教「高い所からの力」 ルカ24:44-53

https://www.youtube.com/watch?v=vLHblsTsvHo
nice!(0) 

《創造者に導かれる旅》その58「民と神の力は、権力者の抑圧に、はるかに優っています」 [希望と慰めの言葉]

《創造者に導かれる旅》その58「民と神の力は、権力者の抑圧に、はるかに優っています」

出エジプト記 7:12 それぞれ自分の杖を投げると、蛇になったが、アロンの杖は彼らの杖をのみ込んだ。7:13 しかし、ファラオの心はかたくなになり、彼らの言うことを聞かなかった。主が仰せになったとおりである。

※アロンとモーセはエジプト王ファラオにイスラエルの人びとを奴隷の身から解放するように求めます。アロンが杖を投げると蛇になります。ファラオの臣下も同じことをしますが、アロンの杖に呑み込まれてしまいます。モーセたちの闘いは、根本においては勝っているのです。しかし、ファラオはそれを認めません。けれども、その頑なさも、神さまはご存知でした。権力者がどんなに横暴であっても、その抑圧からの解放を求める民の方が、そして、民を救おうとされる神さまの方が、根本においては、はるかに優っているのです。

今週の祈り「神さま、静かに祈らせてください。あなたの静けさとあなたの平安に耳を委ねさせてください。神さま、もう何年も何年も苦しみ、今もとても辛い思いを、それでも、あなたに救いを求めている友がいます。どうぞ、あなたが癒しの御手でしっかりとお支えください。神さま、友の友に、友なき友の友となってください。神さま、教会と礼拝と聖書と祈りに救いを求める友と、どうぞ、あなたがともにいてください。それらを通して友をお慰めください。神さま、強引、横暴、虚偽、私利私欲から、この世界をお救いください。正直、誠実、謙遜、配慮、愛が満ちあふれますように。イエス・キリストとともにあなたを仰ぎつつ、このお祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(0) 

2017年5月28日 [週報]

2017年5月28日  復活節第7主日                No.9

前   奏   
招きの言葉
讃 美 歌  こども114
主の祈り    (お手元のクリアファイルをごらんください)
聖   書   ルカによる福音書24:44-53 (新約p.161)
子ども説教   
捧げもの(こどもたち)
讃 美 歌  こども24-1「いまそなえる」
祝   福
詩編交読   詩編19編
讃 美 歌   21-357
信仰告白   (お手元のクリアファイルをごらんください)
祈   祷
説   教   「高い所からの力」 
今週の祈り
讃 美 歌   21-336
献   金
祈   祷
讃 美 歌   21-404
頌   詠   一編 539
祝   祷
後   奏
報   告       
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本日の集会:9:30am 聖書の学び    10:00am 中高生礼拝
 礼拝後:教会協議会「今年度教会テーマと活動方針について」
(昼食をとりながら)

今週の集会 聖書と祈りの会 水曜日 7:00pm  土曜夕礼拝 7:00pm 

来週の主日礼拝 6月4日(日)   聖霊降臨日  聖餐式
☆ 聖書 使徒言行録  詩編20
☆ 説教 「神は全ての人に」 林巌雄牧師
☆ 讃美歌 こども95、21-358、「主イエス・キリストよ」、21-405、一編541
☆ 9:30am 聖書の学び 10:00am 中高生礼拝
☆ 礼拝後:役員会(教会運営委員会)

報   告
☆本日の礼拝後、教会協議会が開催され、「今年度教会テーマと活動方針について」話し合います。どうぞ、ご出席ください。市販のおにぎりをいただきながらすすめます。

これからの主な予定 6月11日 祈祷会   
6月18日 マリアの会、キリスト教を学ぶ会

先週集会報告 礼拝(21日)42名   中高生礼拝(21日)3名 
聖書の学び(21日)9名  聖書と祈りの会(24日)3名 土曜夕礼拝(20日)6名

nice!(0) 

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(61)「見させる者から、見遣る者へ」 [聖書の話を身近な経験に置き替えてみた]

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(61)「見させる者から、見遣る者へ」

 子どもたちに見せたいものがあります。興味本位の見物ではありません。知ってほしいことがあるのです。被災地のこととか、子ども食堂のこととか、沖縄の米軍基地のこととか、あるいは、人生にはいろいろな選択肢や可能性があることとか。すばらしい文学や音楽や映画や演劇や書物があることとか、美しい風景があることとか。

 あるいは、人生をゆたかに生きること。人生を意味あるものとして、楽しいものとして生きる、そのことを知ってほしい、そのことを見せたい、見てほしいと思います。また、苦しいことがあってもひとつまたひとつ乗り越えていくことを、やさしい心、平和な心、正義の心をもって生きていくことを、そういう道を見てほしい、見せたいと思います。

 見せたいものを持つ人は、同時に、見る人でもあるかも知れません。親としては、自分の子どものことが、それなりによく見えます。見えているつもりです。一番よく目に入るのは、その時、その時の姿でしょう。朝登校していく姿、夕方帰ってきた姿、夕飯を食べる姿、中間テスト前夜の姿、そうしたものがよく見えます。

けれども、子どもより何十年か長く生きている親としては、もう少し長いスパンのものも、見るように心がけなければならないと思います。長く生きている分、それが見える位置にいるのですから。

子どもたちの毎日の姿、一つ一つの出来事だけでなく、高校生活全体とか、青年期全体とか、もっと言えば、人生全体とか、そういう大きな枠組みで見る必要があるでしょう。中学や高校で、どのテストの点が良かったとか悪かったとか、どの教科が得意だったとか不得意だったとか、そういうことも、人生全体の中で見たら、子どもが大人になって生きていくという枠組みの中で見たら、あまり大きな問題ではないことでしょう。いずれにせよ、親は子どもより、年齢的には高い所にいますから、そこから見えるものもあるように思います。

 わたしたちは、人に何かを見せようとする者であり、どうじに、人を見遣る者であるのではないでしょうか。

 聖書によりますと、イエスは人びとや弟子たちや聖書の読者に、目に見えない神を見せようとしました。「悔い改めよ。神の国は近づいた」というイエスの言葉の意味は、目に見えないけれども、じつは、神がたしかにここにおられる、神の愛がここにある、それに気づいてほしい、目に見えないけれどもここにこの世界の根源がある、世界を絶えず湧き出す泉がある、それを見てほしい、ということではないでしょうか。

 イエスのこのメッセージは、目に見える権力にこだわる権力者たちに憎まれ、十字架刑にされ、墓に葬り去られました。けれども、神はそのイエスを復活させ、イエスは「高い所」に昇った、と聖書は語ります。

 「高い所」とは、ひとりひとりを見守ることができる所、ひとりひとりの声を聞き、ひとりひとりに眼差しを向けることのできるところでありましょう。それは、実際は、ロケットで行くような、地上何メートルの上空ではなく、目に見えるこの世界に存在する「目に見えない」ところでありましょう。

 イエスは、目に見えないところをわたしたちに見せようとし、やがて、目に見えないところからわたしたちを見ていてくださるお方になられた、と新約聖書は告げているように思います。

nice!(0) 

2017年5月21日  [説教動画]

2017年5月21日 主日礼拝 説教「神と私の関係」 マタイ6:1-15

https://www.youtube.com/watch?v=cYklfAJejhQ
nice!(0) 

《使徒書の御言葉》その57「教会はキリストの体であり、わたしたちはその部分ですから、誰もがいばらず、むしろたがいに仕えあいます」 [希望と慰めの言葉]

《使徒書の御言葉》その57「教会はキリストの体であり、わたしたちはその部分ですから、誰もがいばらず、むしろたがいに仕えあいます」

ローマの信徒への手紙12:5 わたしたちも数は多いが、キリストに結ばれて一つの体を形づくっており、各自は互いに部分なのです。12:6 わたしたちは、与えられた恵みによって、それぞれ異なった賜物を持っています。

※教会にはさまざまな人がいます。性格や考え方、できること、生きてきた背景、さらには、信仰のあり方なども、人それぞれです。けれども、わたしたちは満員電車の乗客のように、ばらばらの者がたまたま同じ車両に乗り合わせているのではありません。キリストはそのようなわたしたちを、ご自身のもとに招き、ご自身を土台にして、ひとつに結び合わせてくださいます。教会はキリストが生きて働かられる「体」であり、わたしたちは、その「部分」、つまり、手や足、目や耳にしていただいたのです。これを神さまの恵みと受け止め、文字通り、おたがいに大切にしあい、尊重しあい、力をあわせあえるように祈ろうではありませんか。

今週の祈り「神さま、わたしたちのおごりを打ち砕いてください。わたしたちを黙らせ、ただ祈りの静けさで包み込んでください。そして、あなたの御言葉と隣人の声に耳を澄ませる者としてください。神さま、家族の健康をお守りください。ひとり苦悩する遠方の友人をお支えください。神さま、季節や天候により、心身の調子を崩し苦しんでいる友らを、どうぞ、お癒しください。礼拝や祈りや学びの場をお守りください。神さま、世界の国々の為政者が私利私欲、私見ではなく、もっとも苦しみもっとも貧しい人びとを救おうとする崇高な精神に動かされますように。神さま、世界の国々の市民も同様の精神で政治家を選ぶことができますように。神さま、自分ではなく相手を思いやる霊をわたしたちの中に育ててください。イエス・キリストとともにあなたを仰ぎつつ、このお祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(1) 

2017年5月21日 [週報]

2017年5月21日  復活節第6主日                No.8

前   奏   
招きの言葉
讃 美 歌  こども113
主の祈り    (お手元のクリアファイルをごらんください)
聖   書   マタイによる福音書6:1-15 (新約p.9)
子ども説教   
捧げもの(こどもたち)
讃 美 歌  こども24-1「いまそなえる」
祝   福
詩編交読   詩編18編(1~20節)
讃 美 歌   21-356
信仰告白   (お手元のクリアファイルをごらんください)
祈   祷
説   教   「神と私の関係」 
今週の祈り
讃 美 歌   21-449
献   金
祈   祷
讃 美 歌   21-403
頌   詠   一編 539
祝   祷
後   奏
報   告       
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本日の集会:9:30am 聖書の学び    10:00am 中高生礼拝
 礼拝後:マリアの会、オリーブの会

今週の集会 聖書と祈りの会 水曜日 7:00pm  土曜夕礼拝 7:00pm 


来週の主日礼拝 5月28日(日)   復活節第7主日
☆ 聖書 ルカ24:44-53  詩編19
☆ 説教 「高い所からの力」 林巌雄牧師
☆ 讃美歌 こども114、21-357、21-336、21-404、一編539
☆ 9:30am 聖書の学び 10:00am 中高生礼拝
☆ 礼拝後:教会協議会「今年度教会テーマと活動方針について」

報   告
☆本日の礼拝後、お茶の会があり、ひきつづき、マリアの会とオリーブの会が開かれます。マリアの会はおもに五十~六十代以上の女性の会、オリーブの会はおもに二十~六十代くらいの女性の会で、どちらも、聖書をともに学び、祈り合います。ぜひ、ご参加ください。
☆次週の午後、教会協議会が開催され、「今年度教会テーマと活動方針について」話し合います。どうぞ、ご出席ください。昼食は市販のおにぎりの予定です。

これからの主な予定 6月4日 ペンテコステ、聖餐式、役員会(教会運営委員会)
6月11日 祈祷会   6月18日 マリアの会、キリスト教を学ぶ会

先週集会報告 礼拝(14日)40名   中高生礼拝(14日)3名 
聖書の学び(14日)6名  聖書と祈りの会(17日)3名 土曜夕礼拝(13日)5名

nice!(0) 

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(60)「いいねやすごいねをもらわなくても大丈夫です」 [聖書の話を身近な経験に置き替えてみた]

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(60)「いいねやすごいねをもらわなくても大丈夫です」

 ある高校の先生が言っていました。四月になるとクラスがあたらしくなり、生徒同士の関係は、最初はぎこちなかったり、不自然だったりするそうです。ところが、五月、六月になり、「おちのない話」ができるようになると、それが、打ち解けてきた証拠になるとのことです。

 「おちのない話」とはどういうことでしょうか。皆、最初は、自分をアピールしようと、おもしろい話、受ける話をしようとするそうです。そして、それによって、いいねとか、すごいねとか、思われたいようです。ところが、打ち解けてくると、おもしろいと思われなくても、受けなくてもよくなくなり、この問題は難しいねとか、部活はしんどいねとか、とくにおもしろくもないし受ける必要もない、日常の話ができるようになるようです。けれども、打ち解けるまでは、おもしろいね、受けるね、いいね、すごいね、と認められようとする時期があるとのことです。

 話しは変わりますが、最近は、スマホの進化によって、手軽にきれいな写真を撮れるようになりました。庭、公園、街角を彩る花々や緑の木々、日光や町の光を反射する川、水色の空、おいしいランチやデザートなどを、パチッと写すことを日常の習慣にしている人も少なくないでしょう。

 わたしも、一日に一回から数回は、これはいいね、と思うものにレンズを向け、シャッターを押します。ひとつのものを何度か撮り直すことがあります。それから、それらを見て、よいものを選び、さらに、トリミングをしたり、明るさを調整したりします。SNS(インターネット)に投稿するためです。

 誰かに見てもらい、さらには、「いいね」や「すごいね」をもらいたいからです。そういう反応があると、すこしうれしくなったり、心がはずんだり、気持ちが明るくなったりします。満足、肯定のような気分も感じられます。

 聖書によりますと、イエスの時代にも、自分のことを人に見てもらい、ほめてもらいたい人がいたようです。わざわざ人が見ている前で、誰かに施しをするとか、いかにも信心深そうに祈ってみせるとか、そういう人がいたようです。

 イエスはそういう人は「既に報いを受けている」と言います。すでに、人の賞賛を受けている、と言います。このような言い方によって、イエスは、人を本当に支えるものは、他の人からの誉め言葉ではなく、神さまの愛だ、と説いているのではないでしょうか。

 さらには、その愛は、良い言動への褒美ではなく、無条件に贈られるプレゼントだと、イエスは深く感じていたのです。

 人からの承認を過度に求めるとわたしたちは苦しくなってしまいます。そういうとき、わたしたちの源であり、いのちと世界の源である存在が、わたしたちを無条件に肯定していてくれる、こういう考えに触れると、何か得るものがあるのではないでしょうか。

nice!(1)