So-net無料ブログ作成

パンをわかちあう [こども説教]

 イエスさまの前にたくさんの人びとがいました。男性だけで五千人と言います。世の中には男性しかいないわけではありませんから、本当は男性以外の人数も書いておいてほしいと思いますが、そうすると、全部で、一万人以上いたのかも知れません。
 
 イエスさまは弟子たちに「この人たちに食べさせるには、どこでパンを買えばよいだろうか」と尋ねました。けれども、これは少し意地の悪い問いかけで、イエスさまは本当はパンを買う以外の方法を弟子たちに考えてほしかったのだと思います。
 
 弟子のひとりのフィリポは「ひとりひとりに少しずつしか配らないにしても、百万円はいるでしょう」と答えました。パンがひとつ百円として一万人に配るとしたら、たしかに、百万円になります。
 
 もうひとりの弟子のアンデレはこう言います。「ここに大麦のパン五つと魚二匹とを持っている少年がいます。けれども、こんなに大勢の人では、何の役にも立たないでしょう。」たしかに、パン五つと魚二匹を、一万人でわけるのは不可能です。
 
 ふたりの弟子は、そのような数の計算はできたのです。けれども、イエスさまは、数の計算とは違うことを言われました。
 
 イエスさまは人びとを草の上にすわらせました。そして、パンを手に持って、お祈りをしました。そして、人びとにわけあたえました。
 
 そしたら、人びとがお腹いっぱいになりました。それだけではありません。あまったパン屑を集めると、12の籠に一杯になった、と聖書は物語っています。
 
 わたしたちが、いくらお祈りしても、いくらみんなでわけようとしても、パン五つと魚二匹を一万人でわけることはできません。けれども、五人の人でわけることはできるのではないでしょうか。
 
 大事なことは、食事に感謝をすることです。食事の前のお祈りは神さまに感謝することです。そして、その食卓で皆でわかちあっていただくことなのです。
 
 それから、自分のもっている五つのパンと二匹の魚を皆で分けようとする人が、ひとりだけでなく、たくさん出てくると、一万人の人でわけあうこともできるかもしれません。

 中高生礼拝 20171119 ヨハネ6:3-13
nice!(0) 

nice! 0