So-net無料ブログ作成

《創造者に導かれる旅》その67 「昼も夜も神さまはわたしたちとともにいてくださいます」 [希望と慰めの言葉]

《創造者に導かれる旅》その67 「昼も夜も神さまはわたしたちとともにいてくださいます」

出エジプト記13:21 主は彼らに先立って進み、昼は雲の柱をもって導き、夜は火の柱をもって彼らを照らされたので、彼らは昼も夜も行進することができた。13:22 昼は雲の柱が、夜は火の柱が、民の先頭を離れることはなかった。

※イスラエルの人びとはエジプトで奴隷にされていましたが、神さまはそこから助け出してくださいました。民はエジプトを脱出し、あたらしい土地を目指しますが、エジプトの軍隊に追われるなど、その旅は楽なものではありませんでした。けれども、神さまが先頭に立って導いてくださいます。「昼は雲の柱をもって」とあります。照りつける日差しを防いでくださるということでしょうか。「夜は火の柱をもって」とあります。闇の中でも進むべき道を照らしてくださるということでしょうか。神さまはわたしたちの人生をも同じように導いてくださいます。わたしたちが気づかない時も、忘れている時も、神さまは昼も夜もわたしたちとともにいてくださるのです。

今週の祈り「主なる神さま、思い煩うわたしたちを祈りへとお招きくださり、まことにありがとうございます。神さま、道を切り開こうと挑戦している友をお助け下さい。勇気と力と平安をお与えください。神さま、心の嵐に見舞われている友がいます。「静まれ」というあなたの御声で凪を呼んでください。神さま、戦争と兵器がなくなりますように。住民ひとりひとりが主人公であり、為政者がそれを尊重し、民に仕える世界が来ますように。それに向けて、少しでも前に進むことができますように。イエス・キリストとともにあなたを仰ぎつつ、このお祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(0) 

nice! 0