So-net無料ブログ作成
検索選択

《使徒書の御言葉》その57「教会はキリストの体であり、わたしたちはその部分ですから、誰もがいばらず、むしろたがいに仕えあいます」 [希望と慰めの言葉]

《使徒書の御言葉》その57「教会はキリストの体であり、わたしたちはその部分ですから、誰もがいばらず、むしろたがいに仕えあいます」

ローマの信徒への手紙12:5 わたしたちも数は多いが、キリストに結ばれて一つの体を形づくっており、各自は互いに部分なのです。12:6 わたしたちは、与えられた恵みによって、それぞれ異なった賜物を持っています。

※教会にはさまざまな人がいます。性格や考え方、できること、生きてきた背景、さらには、信仰のあり方なども、人それぞれです。けれども、わたしたちは満員電車の乗客のように、ばらばらの者がたまたま同じ車両に乗り合わせているのではありません。キリストはそのようなわたしたちを、ご自身のもとに招き、ご自身を土台にして、ひとつに結び合わせてくださいます。教会はキリストが生きて働かられる「体」であり、わたしたちは、その「部分」、つまり、手や足、目や耳にしていただいたのです。これを神さまの恵みと受け止め、文字通り、おたがいに大切にしあい、尊重しあい、力をあわせあえるように祈ろうではありませんか。

今週の祈り「神さま、わたしたちのおごりを打ち砕いてください。わたしたちを黙らせ、ただ祈りの静けさで包み込んでください。そして、あなたの御言葉と隣人の声に耳を澄ませる者としてください。神さま、家族の健康をお守りください。ひとり苦悩する遠方の友人をお支えください。神さま、季節や天候により、心身の調子を崩し苦しんでいる友らを、どうぞ、お癒しください。礼拝や祈りや学びの場をお守りください。神さま、世界の国々の為政者が私利私欲、私見ではなく、もっとも苦しみもっとも貧しい人びとを救おうとする崇高な精神に動かされますように。神さま、世界の国々の市民も同様の精神で政治家を選ぶことができますように。神さま、自分ではなく相手を思いやる霊をわたしたちの中に育ててください。イエス・キリストとともにあなたを仰ぎつつ、このお祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(1) 

nice! 1