So-net無料ブログ作成
検索選択

《使徒書の御言葉》その54「神さまの愛に感謝しつつ、自分も人を愛せますようにと心の奥で祈り続けることこそが神さまへのささげものです」 [希望と慰めの言葉]

《使徒書の御言葉》その54「神さまの愛に感謝しつつ、自分も人を愛せますようにと心の奥で祈り続けることこそが神さまへのささげものです」

ローマの信徒への手紙12:1 こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です。

※わたしたちは神さまに無条件で愛されているのですから、それへの感謝の気持ちとして、少しでも隣人を愛することができるように祈りたいと思います。隣人を愛することは難しいのですが、そうさせてくださいと祈りたいと思います。自分の考えとは違っても、少しでも相手の気持ちを汲み、それを尊重するような姿勢で、自分以外の人びとと交わることができますようにという祈りを持ちたいのです。「自分の体」、自分の思いだけにこだわるのではなく、相手のことを想い、相手を大切にしたいと祈るのです。そのような祈りに基づいた生き方、いや、そのような生き方を慕う、目に見えない通底の祈り、根本姿勢こそが「なすべき礼拝」であり「聖なる生けるいけにえ」ではないでしょうか。

今週の祈り「神さま、わたしたちは人間や組織の頑なな姿勢や配慮のない態度に深く傷つき、幾日も苦しみ続けます。けれども、神さま、そのようなときも、あなたは祈りに招いてくださいます。心より感謝申し上げます。神さま、傷ついた心と体をお癒しください。体調が良い方向に向きますように。神さま、礼拝や聖書の学びや祈りをこれからも積み重ねていくことができますように。神さま、高齢の家族が一日一日をおだやかに過ごすことができますように。遠方の悩める友をどうぞお救いください。神さま、わたしたちの振り上げた剣を鋤(すき)にうち変えてください。イエス・キリストとともにあなたを仰ぎつつ、このお祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(0) 

nice! 0