So-net無料ブログ作成

負けないいのちの詩48   「ただ、主にのみひれ伏せ」 [負けないいのちの詩]

負けないいのちの詩48   「ただ、主にのみひれ伏せ」

わたしは形がない
ただ火となって語る
わたしは形がない
ただ風となってささやく

あなたたちはわたしを
いかなる形にもしてはならない
人間の形にも、獣の形にも
鳥の形にも、動物の形にも
魚の形にもしてはならない

あなたたちはわたしにひれ伏すように
いかなるものの前でもひれ伏してはならない
人の前でも、金の前でも、
健康の前でも、地位の前でも、
人間関係の前でも、気分の前でも、
心に浮かぶ像の前でも
いかなるものの前でも
わたしにするように
ひれ伏してはならない

ただ、わたしにだけ
あなたたちはひれ伏せ

この川の向うに
緑の土地が広がっている

けれども、あなたたちは
この川を越えることはできない

けれども、あなたたちは
この川の向うをしかと見渡せ
緑の牧場を見渡せ

けれども、あなたたちの子らは
そこに入るだろう

子らに伝えよ
いかなる形にもひれ伏すな
いかなる像にもひれ伏すな
こころの像にもひれ伏すな
ただ、主にのみひれ伏せ

nice!(1) 

nice! 1