So-net無料ブログ作成

負けないいのちの詩47   「このような憲法を持ち、忠実に行う民はどこにいるのか」 [負けないいのちの詩]

負けないいのちの詩47   「このような憲法を持ち、忠実に行う民はどこにいるのか」

見よ、わたしが日本国憲法を与えたのは、
日本のすみずみで、そして、世界で、
人のあいだで、地域のあいだで、
正義と平和と平等と基本的人権の保障と
主権在民と武力放棄、戦争放棄が
行われるためである

あなたたちはこれを忠実に守りなさい
そうすれば、もろもろの民に
この憲法の知恵と良識が示され
「ここには知恵と賢明がある」
と言うであろう

このような憲法を持ち
忠実に行う民はどこにいるのか

目で見たことを忘れず
耳で聞いたことを忘れず
生涯心から離すことなく、
次世代、次々世代にも語り伝えなさい

見よ、山が火を発し
炎は空に届き、
煙が濃くたちこめている

主は火の中から
日本国憲法を
あなたたちに語りかける

それは石の板に深く刻み込まれる
風雨がそれをすり減らせば
もう一度刻み込まれる

nice!(0) 

nice! 0