So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

パンをわかちあう [こども説教]

 イエスさまの前にたくさんの人びとがいました。男性だけで五千人と言います。世の中には男性しかいないわけではありませんから、本当は男性以外の人数も書いておいてほしいと思いますが、そうすると、全部で、一万人以上いたのかも知れません。
 
 イエスさまは弟子たちに「この人たちに食べさせるには、どこでパンを買えばよいだろうか」と尋ねました。けれども、これは少し意地の悪い問いかけで、イエスさまは本当はパンを買う以外の方法を弟子たちに考えてほしかったのだと思います。
 
 弟子のひとりのフィリポは「ひとりひとりに少しずつしか配らないにしても、百万円はいるでしょう」と答えました。パンがひとつ百円として一万人に配るとしたら、たしかに、百万円になります。
 
 もうひとりの弟子のアンデレはこう言います。「ここに大麦のパン五つと魚二匹とを持っている少年がいます。けれども、こんなに大勢の人では、何の役にも立たないでしょう。」たしかに、パン五つと魚二匹を、一万人でわけるのは不可能です。
 
 ふたりの弟子は、そのような数の計算はできたのです。けれども、イエスさまは、数の計算とは違うことを言われました。
 
 イエスさまは人びとを草の上にすわらせました。そして、パンを手に持って、お祈りをしました。そして、人びとにわけあたえました。
 
 そしたら、人びとがお腹いっぱいになりました。それだけではありません。あまったパン屑を集めると、12の籠に一杯になった、と聖書は物語っています。
 
 わたしたちが、いくらお祈りしても、いくらみんなでわけようとしても、パン五つと魚二匹を一万人でわけることはできません。けれども、五人の人でわけることはできるのではないでしょうか。
 
 大事なことは、食事に感謝をすることです。食事の前のお祈りは神さまに感謝することです。そして、その食卓で皆でわかちあっていただくことなのです。
 
 それから、自分のもっている五つのパンと二匹の魚を皆で分けようとする人が、ひとりだけでなく、たくさん出てくると、一万人の人でわけあうこともできるかもしれません。

 中高生礼拝 20171119 ヨハネ6:3-13
nice!(0) 

《使徒書の御言葉》その70「強い主張に隠れて気づかない大切なものがきっとあるはずです」 [希望と慰めの言葉]

《使徒書の御言葉》その70「強い主張に隠れて気づかない大切なものがきっとあるはずです」

ローマの信徒への手紙15:1 わたしたち強い者は、強くない者の弱さを担うべきであり、自分の満足を求めるべきではありません。15:2 おのおの善を行って隣人を喜ばせ、互いの向上に努めるべきです。

※わたしたちは自分の考えを強く主張し、それが通れば満足します。けれども、主張が弱く見える人の考えにも、耳を傾けるべきではないでしょうか。そこには、強い主張に隠れて気づかない大切なものがきっとあるはずです。人にはそれなりに思うところ感じるところがあるのです。たとえ言葉になっていないとしても。それが大きな声にかき消されることがあってはなりません。だいじなことは、おたがいに向上することです。相手を抑え付けない、捻じ伏せない、傷つけないことにおいて、向上することが大切なのです。

今週の祈り「主なる神さま、心を乱すわたしたちを祈りへと導いてくださり、まことにありがとうございます。神さま、長時間労働であったり、人格を否定されたり、劣悪な環境で働かざるを得ない方々のことを思います。どうぞ、あなたがお守りください。わたしたちが良い職場を築けるように、どうぞ、あなたがお導きください。神さま、心が傷つき、苦しんでいる方々のことを思います。どうぞ、あなたがお癒しください。あなたの御手を伸ばしてください。神さま、あなたを信頼し、イエス・キリストとともに歩む生活を始めようとしている方々がおられます。どうぞ、あなたが支え、お導きください。イエス・キリストとともにあなたを仰ぎつつ、このお祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(0) 

2017-11-17 [週報]

2017年11月19日   降誕前第6主日              No.34

前   奏   
招きの言葉
讃 美 歌  こども60
主の祈り    (お手元のクリアファイルをごらんください)
聖   書   マタイによる福音書15:21-28 (新約 p.30)
子ども説教   
捧げもの(こどもたち)
讃 美 歌  こども24-1「いまそなえる」
祝   福
詩編交読   詩編46編
讃 美 歌   21-149
信仰告白   (お手元のクリアファイルをごらんください)
祈   祷
説   教   「NO BORDER」 
今週の祈り
讃 美 歌   21-356
献   金
祈   祷   
讃 美 歌   21-393
頌   詠   一編 539
祝   祷
後   奏
報   告       
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本日の集会:9:30am 聖書の学び    10:00am 中高生礼拝
 礼拝後:愛餐会、マリアの会、オリーブの会、フォトツリー板の塗装

今週の集会 聖書と祈りの会 水曜日 7:00pm  土曜夕礼拝 7:00pm 


来週の主日礼拝 11月26日(日)  降誕前第5主日  
☆ 聖書 マルコ10:17-27   詩編47編
☆ 説教 「神にできること」 林巌雄牧師
☆ 讃美歌 こども109、21-11、21-393、21-510、一編539
☆ 9:30am 聖書の学び 10:00am 中高生礼拝
☆ 礼拝後:アドベント準備

報   告
☆12月24日のクリスマス礼拝で洗礼を受けようと思う方は牧師にご相談ください。
☆マリアの会、オリーブの会、キリスト教を学ぶ会、祈祷会で、次週の讃美歌を一曲ずつ練習するようにしましょう。讃美歌自動演奏機がありますので、牧師まで。
☆本日の昼食会後、板のクリスマス用フォトツリーの塗装をします。数人、ご協力ください。
☆12月3日より、主日(毎日曜日)の午前7時半から8時まで朝礼拝を開きます。また7時に礼拝堂を開けますので、7時半まで、自由に黙祷してください。
☆受け付けのお祈りカード(黄色の紙)に記入して、礼拝堂の聖書棚の下にある木箱に入れてください。わかちあいのお祈りがある週は、受付か献金当番の係りが木箱からカードをとり出し、牧師に渡してください。

これからの主な予定 12月3日 待降節第一、愛餐会、役員会(教会運営委員会)
12月10日 待降節第二、祈祷会
12月17日 待降節第三、マリアの会、キリスト教を学ぶ会
12月24日 待降節第四(クリスマス礼拝)、祝会
16時:コンサート、18時:イブ礼拝

先週集会報告 礼拝(12日)41名   中高生礼拝(12日)1名 
聖書の学び(12日)6名  聖書と祈りの会(15日)6名  土曜夕礼拝(11日)10名


nice!(0) 

2017年11月19日 [こども説教]

イエスさまがあるとき、となりの国に行かれました。すると、そこに、ひとりの女の人がいました。この人には、女の子がひとりいたのですが、病気でとても苦しんでいました。

 ところが、イエスさまが自分の国に来たのを知って、その女の人は、イエスさまのところにやってきて、お願いしました。

 「あなたは救い主だと聞いています。どうか、わたしを助けてください。娘が重たい病気にかかっているのです」

 女の人は、イエスさまが外国から来た人なのに、一生懸命にお願いしました。

 イエスさまも、自分と違う国の人なのに、この女の人がイエスさまを信頼するのを見て、心を打たれました。

 そして、「娘さんの病気が治りますように」とお祈りしてくださいました。

 すると、その女の人の娘さんの病気が治ったそうです。

 同じ国の人であるとか、違う国の人であるとか、イエスさまにとって、そして、神さまにとって、それは、まったく関係のないことだったのです。
nice!(0) 

日曜・朝礼拝を始めます [日曜・朝礼拝]

毎日曜日、午前7時半から8時まで礼拝をいたします。(2017年12月3日より)

また、それに先立ち、7時から礼拝堂を開いていますので、黙祷をしたい方は、自由にお入りください。
nice!(0) 

負けないいのちの詩70    「これらの主の義を、ぼくらはすべて見てきた」 [負けないいのちの詩]

負けないいのちの詩70   
「これらの主の義を、ぼくらはすべて見てきた」

主は闇に光を創ってくださった
混沌に平和をもたらしてくださった
人にいのちを吹き込んでくださった
皮の衣を着せてくださった
カインに撃たれないしるしを付けられた
ノアと家族と生物に舟を浮かべてくださった
大水を退かせてくださった

アブラハムを狭い檻から出してくださった
どこかは知らないが乳と蜜の地へと導いてくださった
ヤコブの逃亡の旅に同伴してくださった
ヨセフを穴から引き上げてくださった

イスラエルの民を奴隷の地から導き出してくださった
捕囚の地から帰還させてくださった

友なるイエスを遣わしてくださった

君主を引き降ろし
独裁者を倒し
民主主義と人権を
高く上げてくださった

道の片隅に倒れている者に
手を伸ばし
立ち上がらせてくださった

これらの主の義を
ぼくらはすべて見てきた

nice!(0) 

2017年11月12日 [説教動画]

2017年11月12日 主日礼拝 説教「生きている者の神」 マルコ12:18-27 林巌雄牧師 

https://www.youtube.com/watch?v=ZJynM7RTxbk
nice!(1) 

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(75)「死後の世界は言葉では言い表せないけれども、ただひとつだけたしかなことがあります」 [聖書の話を身近な経験に置き替えてみた]

聖書の話を身近な経験に置き替えてみました(75)「死後の世界は言葉では言い表せないけれども、ただひとつだけたしかなことがあります」

 もし死後の世界があるなら、そこはどのようなところでしょうか。今わたしたちがいる世界と同じように、時間があり、空間があるのでしょうか。今と同じように言葉や意識をひとりひとりが持っているのでしょうか。

 先に旅立ったおばあちゃんは92歳の姿のままそこにいるのでしょうか。それとも17歳のときのようになっているのでしょうか。あるいは、赤ちゃんのようになっているのでしょうか。

 「おばあちゃんはきっと天から見守っていてくれるよ」という言葉は何らかの意味で真実だと思いますが、それは92歳か17歳か新生児の人間としてでしょうか。それとも、お星さまになっているのでしょうか。

 わたしたちにはわからないのです。わからないから、あたり一面金色に輝いたり、花が咲き乱れ小鳥がさえずったり、妙なる調べが聞こえたりするような死後の世界を思い描くしかないのです。わからないから、たましいだけになるとか、透明になるとか、人間の目には見えない姿になるとか、どこかに生まれ変わるとか、星になるとか、風になるとか、鳥になるとか、想像力を働かせるしかないのです。

 そして、それはけっして不十分なことではありません。見えない世界を、これこれこういう世界だと断定してしまうことの方が問題です。見えない世界を、今生きている世界の考えを使って、これこれこうなんだと言ってしまう方がおかしいのです。トンネルを抜けたら霊界だったという言い方は、想像の範囲では許されるかもしれませんが、客観的な事実として断定するのであれば、怪しいテレビ番組になってしまいます。

 新約聖書によりますと、イエスも、地上の旅を終えた後のわたしたちの姿を断定的には示しませんでした。ただ「めとることも嫁ぐこともなく、天使のようになる」と言っただけなのです。

 「めとることも嫁ぐこともなく」とは、わたしたちの今の生活とはまったく違うということでしょう。今のわたしたちと同じ姿、同じ時間・空間・意識感覚があるわけではないのです。わたしたちの想像をまったく越えることであるし、わたしたちの五感を使っても描き出すことはできないことでしょう。

 「天使のようになる」というのはどういうことでしょうか。天使とはどういうものなのかわかりません。ただ、神さまとつながっている存在であることはわかります。

 この世の旅を終えた後、わたしたちはどのような世界でどのような姿になるのかは、わたしたちの言葉では言い表すことはできないけれども、ただひとつたしかなことがある。それは、神さまとつながっているということだ。イエスがこう言いたかったとしても不思議ではありません。

nice!(0) 

《創造者に導かれる旅》その69 「主に感謝して『主はわたしの力、わたしの歌、わたしの救い』と歌いましょう」 [希望と慰めの言葉]

《創造者に導かれる旅》その69 「主に感謝して『主はわたしの力、わたしの歌、わたしの救い』と歌いましょう」

出エジプト記15:1主に向かってわたしは歌おう。主は大いなる威光を現し/馬と乗り手を海に投げ込まれた。15:2 主はわたしの力、わたしの歌/主はわたしの救いとなってくださった。この方こそわたしの神。

※イスラエルの人びとはエジプトで奴隷として苦しめられていましたが、神さまはそこから救い出してくださいました。追い迫ってくるエジプトの軍隊を斥けられました。この救いの出来事に感謝して、「主はわたしの力、わたしの歌、わたしの救い」と、人びとは誉め歌を歌いました。神さまは、わたしたちにもいのちを与えてくださり、生きる世界を創造していてくださり、養い、育んでくださいました。そして、いまもともにいてくださり、無条件に愛してくださいます。わたしたちもイスラエルの民とともに「主はわたしの力、わたしの歌、わたしの救い」と神さまの救いを感謝して歌いましょう。讃美歌は神さまの救いへの感謝の歌なのです。

今週の祈り「主なる神さま、心乱れるなか、この祈りへとお招きくださり、心より感謝を申し上げます。神さま、産業や交通において、深刻な事故が起こっていますが、どうぞ、その被害者を支えてください。そのような事故が起こらないように、お導きください。神さま、無理をすることなく、けれども、乗り越えることのできる力を、苦しい思いを大事にしつつもいたずらにはひきずらない心をお与えください。神さま、家族一人一人をお守りください。神さま、咲き始めている花を開かせてください。神さま、あたらしい職場に感謝いたします。そこでも、どうぞお支えください。神さま、わたしたちが気づかないけれども苦しみ傷んでいる人びとがいます。どうぞ、わたしたちの祈りを導いてください。イエス・キリストとともにあなたを仰ぎつつ、このお祈りをおささげいたします。アーメン」

nice!(1) 

2017年11月12日 [週報]

2017年11月12日   降誕前第7主日              No.33

前   奏   
招きの言葉
讃 美 歌  こども54
主の祈り    (お手元のクリアファイルをごらんください)
聖   書   マルコによる福音書12:18-27 (新約 p.86)
子ども説教   
捧げもの(こどもたち)
讃 美 歌  こども24-1「いまそなえる」
祝   福
詩編交読   詩編45編(1-6節)
讃 美 歌   21-8
信仰告白   (お手元のクリアファイルをごらんください)
祈   祷
説   教   「生きている者の神」 林巌雄牧師
今週の祈り
讃 美 歌   21-506
献   金
祈   祷   
讃 美 歌   21-392
頌   詠   一編 539
祝   祷
後   奏
報   告 
     
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本日の集会:9:30am 聖書の学び    10:00am 中高生礼拝
 礼拝後:祈祷会、キリスト教を学ぶ会

今週の集会 聖書と祈りの会 水曜日 7:00pm  土曜夕礼拝 7:00pm 


来週の主日礼拝 11月19日(日)  降誕前第6主日  
☆ 聖書 マタイ15:21-28   詩編46編
☆ 説教 「NO BORDER」 吉田慈牧師
☆ 讃美歌 こども60、21-149、21-356、21-393、一編539
☆ 9:30am 聖書の学び 10:00am 中高生礼拝
☆ 礼拝後:マリアの会、オリーブの会、フォトツリー板の塗装

報   告
☆12月24日のクリスマス礼拝で洗礼を受けようと思う方は牧師にご相談ください。
☆本日の12時15分くらいより「キリスト教を学ぶ会」があります。テーマは「主の祈り」です。ぜひ、ご参加ください。
☆マリアの会、オリーブの会、キリスト教を学ぶ会、祈祷会で、次週の讃美歌を一曲ずつ練習するようにしましょう。讃美歌自動演奏機がありますので、牧師まで。
☆11月19日の礼拝後、板のクリスマス用フォトツリーの塗装をします。数人、ご協力ください。

これからの主な予定 11月26日 アドベント準備  
12月3日 待降節第一、役員会(教会運営委員会)12月10日 待降節第二、祈祷会
12月17日 待降節第三、マリアの会、キリスト教を学ぶ会
12月24日 待降節第四(クリスマス礼拝)、祝会
16時:コンサート、18時:イブ礼拝

先週集会報告 礼拝(5日)61名   中高生礼拝(5日)1名 
聖書の学び(5日)5名  聖書と祈りの会(8日)4名  土曜夕礼拝(4日)7名

nice!(0) 
前の10件 | -